頭脳 線 長い。 頭脳線の意味|三股と二股に複数枝分かれしている知能線の意味も

【手相占い】頭脳線の見方

適度な判断力を持ち、空気を読むのも上手です。 ただし、線が長すぎる人は、考えすぎて迷いやすく、決断が遅れたり、悩みがなかなか解消されないことも。 知能線二股の方が生きやすくなる上で、 大事なことは「自分がナンバーワンになれる分野を創り出すこと」です。 爪見がちなところもあるので、現実とのギャップに疲れてしまいがち。 二股に別れている頭脳線・知能線は、その終わりが、どこの丘に向かっているかを理解することで適職を知ることができます。 それに対して、左手は先天的な運勢、つまりもともと自分が持っている運勢を表しているといわれているのです。 小さいことでヤキモキしたり、他人のちょっとした発言に疑心暗鬼になってしまったりするでしょう。

Next

【手相占い】頭脳線(知能線)の見方39パターン!無い場合は?

備えている特徴は全てチェックし、総合的に判断しましょう。 土星丘に向かって、運命線とは別の枝線が伸びている場合、頭脳に優れ、何らかの大物になるとされます。 社会に出ると出世まっしぐらコースを歩んでいくでしょう。 また、現実主義で物事を合理的・論理的に判断するタイプなので、医師や弁護士、会計士、設計士などの専門職にも高い適正が。 頭脳線・知能線の終点付近の上側に短い線がある場合は、明るく楽観的な性格の人が多く、思い悩むことが少ないでしょう。

Next

二重頭脳線の見方|初心者でも分かるイラストで手相の見方を解説

人の自慢話を聞くと、張り合いたくなり黙っていられないとされます。 理屈で考えてから行動し、先の計画を立てて行動するので、様々な事に順応しやすく、着実に物事を進めていきます。 飽きっぽさがあるものの性格的にサッパリとし、根に持たないので人から好かれます。 性格はかなり勝気な人が多いでしょう。 「悶々と悩んでいる」と感じた時は、人に相談してみるのもおすすめです。 事業を立ち上げたはいいものの、あれもしたいこれもしたいと目移りして、多角経営に乗り出しがちです。 Contents• 言っていることが変わりやすいので、信頼度は低くなります。

Next

【手相占い】頭脳線で見えるあなたの性格・人物像|feely(フィーリー)

また、3つの島が「品」のような形を作っている場合は失明の恐れがあります。 自由奔放で周りの人を振り回す傾向があるので、もう少し空気を読んで、周りの人のことを考えて上げたほうが良いでしょう。 終点が小指の下(水星丘)に向かっている 終点が水星丘に向かっている人は現実的で、金銭感覚に優れています。 頭脳線の形がまっすぐ伸びる場合は現実的で数字や計算に強い理系タイプなので、しっかり現実を見つめ計画を立てて目標を達成します。 頭脳線・知能線が伸びている方向もそれぞれ意味があり、真っすぐ第二火星丘に向かっていると、現実的で論理的な考えをします。 逆に、頭脳線が小指の下まで達するほど長い人は先にも書いた通りの「熟考タイプ」。

Next

頭脳線(知能線)の見方!パターン別にプロが解説【枝分かれ・長い・二股】

薄い場合は優柔不断だったり自分に自信がなかったり...と書きましたが、頭脳線が濃い場合、その反対の意味があると思って頂いていいでしょう。 左手(利き手と逆)の頭脳線(知能線)の意味 左手は手相占いにおいては、 先天的な運命、生まれ持った運命を表しています。 普通に考えると「いやいや、私より上手い人なんてもっとたくさんいるでしょ」と世界中の一流シェフたちと自分の腕を比べて否定してしまうのですが、 範囲を制限することでそれは達成できます。 コツコツと努力を積み重ね、着実に夢などを実現させます。 そのために、お金がなかなか貯まらないでしょう。 枝線が木星丘に入り込んでいる場合、大胆さがあり、人から指図されることを好まない傾向にあるとされます。

Next

手相の頭脳線が薄い濃い場合や短い長い場合の意味について

そのおかげでトラブルから救われることも。 音楽や絵画、文学といった芸術的なセンスに優れ、その才能に恵まれています。 運命線と交差する時期に、才能を発揮する出来事が起きると言われているので、チャンスを逃さないようにしましょう。 頭脳線(知能線)がギザギザ(のこぎり状)になっている 頭脳線がギザギザの場合は、神経が落ち着かない状態をあらわしています。 いずれにしても、常識的で頭の回転が速く頼られる性格だと言えるでしょう。

Next

知能線(頭脳線)の長さから、どんなタイプかを知る。

ずっとやり続けても成果は向上しませんよ。 良い風に捉えるとしたら「どう生きるべきか」「どう振舞うべきか」を考える余裕があり、逆にそれに苦しめられやすいので「ルール作り」を一生懸命します。 画像の手相なら「長い知能線」に分類されます。 頭脳線(知能線)は親指と人差し指の間から始まり薬指の下辺りで終わるのが一般的 一般的な頭脳線は、親指と人差し指の間の生命線の始点と同一点から始まり、斜め下方向になだらかに下がり、薬指の中間あたりまで伸びているものです。 そのため、仕事もうまくいきますし、バランスが良いので、人から好かれやすく人気者であることも多いですね。 2つの線の始点が離れていればいるほど頑固で空気が読めない人であるといわれ、「KY線」と呼ばれるようになりました。

Next