首 里 城 火災 動画。 【首里城火災】被害総額や復旧時期は?現在の動画・画像まとめも

首里城火災、出火当時は無人か 沖縄県、正殿など7棟焼失

ニュースになってる首里城内部の火災現場の動画、私、昨日の早い段階で、ニュース内で同じ動画を観たよ。 最初に拡声器を持った消防士とみられる方が映っています。 沖縄那覇の首里城で火事!自然発火ではない可能性? これだけの規模の火災。 また11月2日からは、 「万国津梁の灯火」(ばんこくしんりょうのともしび)がお行われる予定となっていました。 本来は正殿から一定の距離があるので放射熱があったとしても使える仕様だったのでしょう。

Next

首里城火災で実況見分 出火の原因など、那覇市消防局や沖縄県警

ただし、火事の関係は不明です。 日本テレビ「ZIP!」を担当している者です。 また中に人がいなかったのは幸いでしたが、全焼については諦めている方がほとんどでした。 署などは周辺住民を避難誘導した。 このツイートに関して、「近藤チャンネル」本人がリプライしています。 このツイートに対して、 「笑ってる場合じゃない」 「通報しました」 といったコメントが多く寄せられています。

Next

首里城火災で露呈、日本の世界遺産・重要文化財の「杜撰すぎる防火対策」…文化庁の怠慢

まずは無事火が収まり、けが人が出ないよう祈っております。 10月31日午前2時40分ごろ、沖縄県那覇市の首里城で煙が上がっていると、警備会社から119番があった。 もしガセだとしても威力業務妨害で捕まるんじゃねーか?これ。 — tj tjahana 首里城が火事のニュースみてから涙止まらないよ。 そのため、 火災発生時には他の放水銃4基で対応できると判断したのです。 火元は正殿1階• 総事業費は1986~2018年度の33年間で約240億円に上る。

Next

首里城の火災の原因や被害総額は?動画や画像で被害状況を確認!

県警や管理する財団などによると、焼けたのは中庭(御庭)を四方に囲むように配置された正殿や北殿、南殿など。 今日午前2時40分頃、火の勢いが衰えないまま今も燃え広がっている。 【 首里城とは】1429年に成立した琉球王国の政治、外交、文化の中心で、1879年に最後の国王尚泰が明治政府に明け渡すまで栄えた。 市消防局によると、31日午前2時50分ごろに消火活動を開始したが、放射熱が強かったため、午前3時ごろに正殿の向かいにある奉神門から一時退避した。 本当に綺麗な場所なので今回の火災を乗り越え元の姿を我々に見せて欲しいです。 消防車14台が出動しているが、首里城の正殿 、北殿、南殿が全焼し、午前7時現在も延焼中。 本記事でも、出火原因が分かり次第情報を追記していきたいと思います。

Next

首里城火災で深まる「出火の謎」 再建費用は200億円超か

Wikipedia によると、2000年12月、 「琉球王国の具す区および関連遺産群」として世界遺産に登録された。 正殿北側の建物外に1基、正殿東側にある組踊り用舞台前に1基の計4基があった。 「とても動画や写真を撮影できる状況ではなかった」。 再び復元されることを願いますが、首里城が無くなってしまったことで沖縄の皆さんが悲しみから復帰することを願うばかりです。 なお、けが人の情報は入っていないという。 情報が入り次第追記していきますが、開催は難しいのではないでしょうか。

Next

動画 世界遺産 首里城で火事が今日発生 理由は何故?放火が原因?犯人は誰?Twitter速報画像10月31日

火は正殿の近くの門にも広がっているが、けが人の情報はないという。 正殿は琉球独特の宮殿建築で1992年に復元された。 正殿自体は世界遺産でないこともありますし、この件で世界遺産から抹消されることはないはずです。 出火原因は何なのか。 首里城も相当な被害総額となるとは思いますが、何より歴史的価値やみなさんが訪れた思い出が失われるのが、心痛いところです。 国が防火設備を撤去した!? 11月2日朝、琉球新報は次のような記事を掲載しました。 ネットの反応 放火の可能性を疑う方もいました。

Next

首里城全焼の歴史やこれまでの火災の回数!今回の出火原因や被害状況をTwitterなどの情報をまとめてみた!

少なくとも正殿と南殿、北殿にはスプリンクラーが設置されていなかった。 ウチの近くの消防署からも、🚒何台も何台も行ってるのに😭母は、首里城の🙏する場所に居てひたすら祈ってる。 — よっしぃ xamphitritex 首里城焼け落ちたのか。 とにかくまず、火災が収まることを願うしかありません。 近接する「黄金御殿」「書院・鎖之間」「二階御殿」もほぼ全焼した。 出火の原因とかを見ないと分からないが、不審者による犯罪じゃない事を祈りたい。

Next

首里城の火災は放火?犯人は誰?出火原因や被害状況に復旧はいつ?

市消防局によると、正殿内部から火が出た可能性が高く、那覇署と出火原因や経緯を調べている。 太平洋戦争の沖縄戦において 日本軍が首里城の下に地下壕を掘り、陸軍総司令部を置いたこともあり、1945年5月25日から3日間に渡りアメリカ軍艦などから砲撃を受け、27日に焼失したとされています。 投稿の件について、お話を伺えればと思い、ご連絡させていただきました。 しかし、沖縄県は独自の防災ヘリを保有しておらず、首里城火災でもヘリによる消火活動支援はできなかった。 様子を見に訪れた那覇市の主婦(40)は、「祖先が琉球王朝時代に首里城に勤めていたと聞いていて、大切な場所だった。

Next