専属 エージェント 契約。 専属エージェント契約のメリット・デメリットをわかりやすく解説!(吉本・芸能人)|Media Ocean

吉本興業が導入する「専属エージェント契約」、芸人が「買い叩かれる」可能性も

「個々の契約の内容次第だが、芸人のギャラの取り分が増える可能性は十分にある」(吉本興業関係者)という。 「亮さん、おかえりなさい。 まず、全芸人と、「共同確認書」を交わす。 そう考えると、騒動が起こる前との唯一の違いは、吉本興業と「専属エージェント契約」を結んでいるということになるかもしれない。 今回の「専属エージェント契約」を導入することで、どんな変化があるのだろうか。 「所属タレントとの契約に関して」 長い伝統に裏付けられた契約形態を新しい時代にどう評価していくか、多様な広がりを持つ職務を契約上、いかに有効に反映させるか、とくに所属タレントの権利を十全に尊重した契約形態はどのようなものであるべきかを審議し、提言。

Next

吉本騒動収束へ 専属エージェント契約でどう変わるのか

「いままでどおりのマネジメント契約を書面で交わす」(川上氏)との位置づけだ。 このあたりを押さえておくと少し理解しやすいと思いますが、「マネジメント契約」とは、タレントを育成してメディアに売り込み、更には仕事を取ってくるという「マネジメント」業務全般を芸能事務所が請け負う契約のかたちです。 番組冒頭で水卜麻美アナ(32)から意見を求められたMCの「極楽とんぼ」加藤浩次(50)は、7月22日に同番組内で発した「今の経営陣が代わらないなら、俺は辞める」発言の翌日から「ずーっと黙ってきたんですけど、このタイミングで全部話したい」と切り出した。 そもそも吉本の専属エージェント契約だと事務所は営業活動のみを担い、日程管理や送迎、マネージャー業務は行わないとされており、アメリカ風の契約と内容に大差はないはず。 プロ野球選手やサッカー選手がアメリカやヨーロッパに移籍する際に、「代理人」と呼ばれる人たちが関わる。 しかし、その後も他メディアで、友近の悪行が次々と報じられました」(同) 吉本と友近の関係性は、はた目から見て「決して良好とは思えない状況」(テレビ局関係者)だという。 営業先の確認を徹底する• 6日には、大崎会長との2回目の会談を行ったことを明かし、そこで会社側にエージェント契約について「こういう形だったら、ああいう言葉を吐きましたけれど、残るという選択肢を考えてます」と申し入れ、「のんでくれるという話になった」と経緯を説明した。

Next

マネジメント契約とエージェント契約の違いを分かりやすく解説!

代理人が得る報酬も厳格に定められており、最も低率のNFLではわずか3%に抑えられている。 川上氏の説明によれば、このマネジメント契約は、会社側が次のような業務を担う。 まずは、活動実績のある約1300人と優先して締結していく。 事務所の後押しがない状態でタレント自身が売り込みを行い、管理していく必要があるわけですから、使い物にならないタレントはどんどん淘汰されていくでしょう。 契約をめぐる吉本興業の方針は、2019年8月8日に開かれた経営アドバイザリー委員会の初会合で議題になった。 「エージェント契約に移行した場合、ギャラの取り分は以前よりもはるかに増えるでしょう。

Next

吉本興業が導入へ…「エージェント契約」とは? タレントのプロデュース力が必要に

その際の説明が、エージェント契約を極力結ばせたくないようなものだったそうです」 専属エージェント契約のマイナス面ばかりを話し 専属エージェント契約とは、タレントが個人でマネージメントを行い、取引先を自由に選べるというもの。 「亮さん、おかえりなさい。 一方で、吉本興業の業務を仕事の獲得や契約業務に限定すれば、吉本興業の負担は軽減されることになります。 「亮さん、おかえりなさい。 芸能問題にくわしい河西邦剛弁護士に聞いた。 吉本興業が社内改革に向け、外部の第三者を委員に迎えた設置した「経営アドバイザリー委員会」。 反社チェックも自らの責任で行うことになり規範意識の上昇も見込める。

Next

専属エージェント契約を分かりやすく解説!メリットとデメリットも!

応援しています!」といった温かい声が次々と上がっているほか、「ぶっちゃけ亮は最初から許されてたよね。 欧米では契約・税務・法律といったそれぞれの専門分野について、各エージェントへと委託するやり方が主流ですね。 「エージェントとしての契約なら吉本に残るつもりはある」として、松本をはじめ、浜田雅功(56)、東野幸治(52)、「ナインティナイン」の岡村隆史(49)、ココリコ、「ロンドンブーツ」の田村淳(45)にも相談し、芸人側からも賛同を得たとし、松本から大崎洋会長に今回のエージェント契約の提案したという。 その報告の中で 吉本興業はこれまで日本の芸能界にはなかった 「エージェント契約」という契約形態を導入することが発表されました。 一方で、「仮に吉本制作のバラエティ番組に、エージェント契約している吉本のタレント、僕はグループに入れてくれるのか」「今俺がやっているレギュラー番組、ほぼほぼ吉本興業が作ってる番組ばっかりやから、だから専属エージェント契約した瞬間にレギュラーがゼロになる可能性がある。

Next

専属契約解約の文書&送り方を教えて下さい。

たとえば、契約交渉、コンサート運営、楽曲制作業務、商品制作・販売、ファンクラブ運営、税務業務、法律業務など、芸能活動に必要な業務を別々のエージェントや税理士、会計士、弁護士などの専門家に委託するということになります。 。 芸人チーム一丸となって会社と戦っていこう」という言葉で「ただのエゴだったのかと、自分の気持ちの中の変化があった」という加藤。 このような歴然としたパワーバランスがある中で、吉本興業のいう専属エージェント契約がうまく機能するのかについては課題も残ります。 「みんなやると思っていたら、気付けば俺1人」 吉本興業における「専属エージェント契約」とは、2019年に発覚した亮さんらの騒動後となる8月8日に同社東京本部で開かれた「経営アドバイザリー委員会」で提唱された新制度。

Next

東野幸治がエージェント契約に興味も不安「レギュラーがゼロに…」

現状、同契約に切り替えたと公表されているのは、友近のほか、極楽とんぼ・加藤浩次、ロンドンブーツ1号2号・田村亮のみとなっている。 「『加藤浩次、言ったことを実行しないのか』と思う方もいると思います。 一方で、吉本興業の業務を仕事の獲得や契約業務に限定すれば、吉本興業の負担は軽減されることになります。 記事では「活動の幅を広げるため」とされていたものの、一部業界関係者の間では「仕事を失いかねない」とささやかれているそうだ。 また、同時に、それ以外についてはお笑い芸人の自由ということで、お笑い芸人の活動の幅を広げることにつながる可能性もあります。 マジか。

Next

【エンタがビタミン♪】東野幸治は吉本の力無しでやっていけるのか “専属エージェント契約”ならレギュラー0本の可能性も?

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永). 日本において、芸能事務所とタレントとの関係に、家族的関係が多い理由はトータルマネジメントにあることが一因ともいえます。 6000人の中では、売れ方、仕事量もさまざまなパターンがあるため、共同確認書はすべてのタレントが署名するものの、専属マネジメント契約か専属エージェント契約についてはすべてのタレントが交わすものではなく、 あくまでもタレント個々のニーズに合わせた形で結んでいくことになる。 同社の岡本昭彦社長は7月の記者会見で「タレント、社員はファミリー」と話していたが、 同社の口頭契約は問題視されていた。 そもそもこれまでギャラが開示されていなかったこと自体も驚きですが、最も気になるのはたむらが強調する《ギャラの割合が納得いかん》という話。 交渉でもなんでもないやん。

Next