グラン アレグリア。 安田記念を勝ったグランアレグリアの伏線は、前走にあった(西塚助手のレース回顧)|西塚助手|競馬予想サイト サラブレモバイル

グランアレグリアが天皇賞秋に出てきたら

ヴィクトリアマイルをパスしての安田記念参戦は表向きは調整不足、裏ではノーザンファームの使い分けと言われていたが結局正攻法でアーモンドアイを撃破した。 明けて3歳となり、を挟まずに へ直行。 戦前の予想ではアーモンドアイより前にいなければ勝負にならないとされていたがこの時点で殆どの馬にチャンスは訪れた。 2018年10月6日閲覧 外部リンク [ ]• キタコレ. 独自ドメイン変更とシーサーブログ移転(現独自ドメインにてシーサーブログ様の誘いがありました事により)にて今までより検索エンジン流入やシーサーブログ様からのアクセス流入などで移転後は今まで以上にアクセス送れるよう頑張ります。 その分、夢中になりすぎるようなところもあるんですけど、それはこの時期だからでしょう。

Next

オルフェンズの仔~~競馬ネタ予想まとめ

内で争っていた、アト、ノガウディーらがけて強襲するも僅かに届かず、3着入線。 そんな心配をよそにグランアレグリアは圧勝する。 はが引っってる展開となり、直線に入ってもが尚る。 この時期に走れること、それ自体も才能だと思います。 さらに、直線コースで外側に斜行し、5位入線の(鞍上)の進路を狭くしたため、5位に降着となった。

Next

【競馬】安田記念、グランアレグリアが勝利!騎手の池添さん「3コーナーで芝の塊が直撃しまして」

そんな2歳馬の中で、僕自身の感覚ではありますが、興奮を覚える馬との出会いがありました。 rdf 記事は今まで通りRSS取得されていますが逆アクセスで反映されないため下記の新しい変更後のRSSに切り替えていただけるとありがたいです。 前半の1000mは57. 同馬は桜花賞後、勝ち星から遠ざかっていたため、グランアレグリアとは臨戦過程が大きく異なる。 アーモンドアイは、2年前に稍重で行われたシンザン記念を勝っており、この程度の道悪なら問題ないと思われた。 マイルで実績を残している馬が1200m戦に出る時は、できることなら先行したい、むしろハナを取る競馬でもいい、という意識になります。 2歳(2018年) [ ] ・厩舎に入厩。

Next

【競馬】安田記念、グランアレグリアが勝利!騎手の池添さん「3コーナーで芝の塊が直撃しまして」

5倍の1番に支持されたが、るイッの少し後ろで追走していたところ、直線でとイッの間に挟まれる形となり内ラチへもたれてしまう。 スタートでアーモンドアイとクルーガーが出遅れ。 また変更した独自ドメインにてシーサーブログ様への移転を予定しております(10月中旬。 4秒塗り替える1分32秒7だった。 5,600 Views 3週間前• 競走馬として 2歳~3歳 新戦が始まってすぐので。

Next

安田記念を勝ったグランアレグリアの伏線は、前走にあった(西塚助手のレース回顧)|西塚助手|競馬予想サイト サラブレモバイル

これは3歳牝馬としては世界1位である。 1番こそを勝ってきたダに譲ったが差のい2番に支持された。 勝ち時計は2歳の新馬戦としては破格の1分33秒6であり 、従来の2歳新馬レコード であった1分34秒7を実に1秒1も更新する驚異のレコードタイムであった。 ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason Cosmah Wishing Well Understanding Mountain Flower ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard Lady Rebecca Burghclere Busted Highclere タピッツフライ Tapit Pulpit A. 7,800 Views 3週間前• がに騎乗するため、同日の牝馬限定戦であるを回避して翌週の牡馬相手であるに出走。 3倍の断然人気に推される。

Next

グランアレグリアの血統表

keirin100000. そうなると、今回の結果が違うものになった可能性が大きかったと思います。 本命馬は絶対的ですしね! ココまで連勝してる予想見かけないです。 ディープインパクト産駒は数々のG1を勝利しているが、芝1200mのG1勝ちがない。 スタートでの小さなロス。 後の2歳ダに2身差をつけて快勝。

Next

グランアレグリアの血統表

ルメールも腰を落とし気味になったが、ゲートからの5、6完歩でどうにかリカバリーして中団の後ろにつけた。 前走の高松宮記念で初めての1200メートル戦に挑んだグランアレグリア。 5,400 Views 3週間前• その後休養を挟み、昨年12月阪神C(G2)が7カ月ぶりの出走となった。 グランアレグリアは父ディープインパクト、母タピッツフライという血統。 すいませんがよろしくお願いいたします。 1200mでも期待できそうだ」(競馬ライター)とコメントがある。 グランアレグリアは外からケイアイノーテックが被せてきたのを嫌ってそのまま追い出して先頭に躍り出る。

Next

オルフェンズの仔~~競馬ネタ予想まとめ

0m戦は初めてながら1番に推され、今回は中団前につけると直線ではに進路をめ、追い出しの合図とともに一気に加速し後続を5身突き放す圧勝を収めた。 お手数かけて申し訳ありませんがURLとRSSは下記のように変更になるので登録し直していただけるとありがたいです。 では1番のがで後手を踏み、大外のダノンが群を引き連れる展開。 復帰を予定していたも回避し 、およそ7ヶ月半振りの実戦として GII に出走。 ポイントは前回の2019秋「炎の十番勝負」と同じで… 的中レースの単勝オッズを乗じたものをポイントとします。 「アーモンドアイを負かすつもりでなければ乗せない。

Next