わが 町 ハザード マップ。 国土交通省 わがまちハザードマップ でハザードマップを確認しておこう

大田区ホームページ:ハザードマップや災害情報の収集方法の確認

水の出る井戸をお持ちの方は是非ご参加をお願いします。 実際の災害では、浸水域以外での浸水の発生や浸水深がさらに深くなる可能性があります。 今回は、川の近くで調べてみようと思い「東京都台東区雷門」を選択。 国や道による被害想定の公表を受け、今後、本町で発生が想定される洪水災害などにおいて、皆さんの迅速な避難行動や被害の軽減に必要となる事項を掲載しています。 日頃から災害に備える取り組みを行っていただく ことなどに役立てていただきたいと考えています。 実際の災害では、浸水区域外での浸水の発生や、浸水深が更に深くなる可能性があります。 水深の目安は次のとおりです。

Next

ハザードマップ|尼崎市公式ホームページ

国土交通省のわがまちハザードマップにつながらないときの対策 国土交通省のわがまちハザードマップは、日本全国の自治体のハザードマップが検索できる便利なサイトです。 洪水害発生の危険度の高まりの予測を示した図を確認できます。 下記の河川に関する想定最大規模の洪水浸水想定区域図については、こちらをご確認ください。 〇 〇 内水や高潮に関する浸水想定区域図については、こちらをご覧ください。 ページ番号1002283 更新日 令和2年4月27日 このページでは、尼崎市が作成した各種のハザードマップを掲載しています。 河川の水位や流量を示した予報を確認できます。 地図面• 4 土砂災害の情報 土砂災害(特別)警戒区域の詳細についてはこちらをご確認ください。

Next

危機管理課

詳しくは、市町村から配布またはホームページ等で公表されているや、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている洪水浸水想定区域図にてご確認をお願いします。 マップにより避難経路や避難場所を確認していただき、家庭や学校、事業所、地域における防災・減災に活用してください。 また、それ以外の箇所でも、土砂災害の発生する可能性がありますので、自分の住んでいる家の周辺の斜面や渓流、避難場所などをよく確認しましょう。 テレビ、ラジオ 各種災害情報 暮らしのガイド 避難所の情報や家庭の備蓄について掲載しています 北海道防災情報 気象情報 河川情報 土砂災害情報 道路通行止め情報. スマートフォンなどからいつでも閲覧できるよう、 PDF化されたハザードマップをダウンロードしておくのがおすすめです。 避難ルートは、側溝の位置がわかるようなガードレールがある道路や、夜間でも安全に通行できる目印のある道路を選びましょう。

Next

蒲郡市ハザードマップ

一方、市町村では、浸水想定区域をその区域に含む市町村の長は、洪水浸水想定区域図に洪水予報等の伝達方法、避難場所その他洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な事項等を記載したを作成し、印刷物の配布やインターネット等により、住民の方々に周知しています。 以下の画面を開いたら画面左上の「災害種別から選択する」をクリックします。 実際の災害では、浸水域以外での浸水の発生や浸水深がさらに深くなる可能性があります。 PDF 126KB• 降水短時間予報よりも詳細な降水情報を確認できます。 ) 白岡市地震・洪水ハザードマップは、安心安全課にて配布しています。

Next

『やお防災マップ(地震・洪水・土砂災害)』を閲覧できます

土砂災害に関する情報に注意しましょう. 津波ハザードマップ 津波ハザードマップは、南海トラフ巨大地震で発生した津波により想定される浸水範囲と浸水深等を示したものです。 気象情報等の確認 雨が降り出したらテレビやラジオで最新の気象情報を確認しましょう。 どのくらいの被害が予想されるのか、どういうルートで避難するべきなのか。 高潮による氾濫が発生した場合に想定される浸水区域を示した図を公開している東京都港湾局のページです。 NHK NHKの「あなたの天気・防災」では、お住まいの地域を登録してハザードマップを見ることができます。 気象警報・注意報の発表状況が確認できます。 (2015年3月10日) 京都市内で災害時協力井戸としてご協力いただいている井戸の地図です。

Next

大田区ホームページ:ハザードマップや災害情報の収集方法の確認

国土交通省は、200年に1度程度発生する大雨によって利根川、江戸川及び荒川が氾濫(はんらん)した場合に浸水被害が想定される区域を「浸水想定区域」として指定しました。 土砂災害のおそれがある箇所を確認しましょう 土砂災害のおそれがある箇所として土砂災害警戒区域と土砂災害特別警戒区域があります。 想定南海トラフ地震による震度分布 画像をクリックすると大きくなります。 事前に危険性の把握を 自分が住んでいる地域にどんな危険性があるのかを把握しておくことで、いざという時の早めの行動につながります。 そうして 万が一に備えておくことは、決して無駄にはならないはず。 洪水時の被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、氾濫時の危険箇所や避難場所についての正確な情報を知っていただくことが何より重要です。 このマップは、土砂災害(特別)警戒区域、浸水想定(予想)区域、避難所、一時避難場所、災害時給水ステーションなど様々な情報を記載しています。

Next

ハザードマップ|八王子市公式ホームページ

からご覧ください。 自宅がどの程度浸水するか確認してください。 災害時の閲覧・ダウンロードは低画質(JPG)を利用ください。 2020年6月1日• 2020年6月1日• 真っ赤な色で地図全体が覆われてしまいました。 内水ハザードマップ• 2020年6月5日• 見沼区内では下記の地域が指定されています。

Next