ストーン リッジ 馬。 【きさらぎ賞】新馬戦の経験が生きる 京大競馬研の本命はストーンリッジ|【SPAIA】スパイア

【新馬勝ち2歳総点検・阪神】ストーンリッジ伸びシロ十分

スムーズさを欠きましたが、最後は伸びていたので。 Contents• 0kg 1:48. そこで注目は母の父フレンチのストーンリッジ。 キャリア1戦とまだまだ未知数の存在であることは確か。 果たして、今年の毎日杯から皐月賞馬が、あるいは後のG1馬は出現するだろうか。 1億超えホースと言えどこれは指名がし辛いところ。 そして、同じくディープ牡馬のポタジェもPOGでは人気となりそうな一頭。 0 34. また、その他、有益な情報を不定期で配信しています。

Next

ストーンリッジが丸わかり!競走馬データベース

0 岡田稲 サイモンルモンド セ3 56. 著しい成績を挙げ、殿堂入り予想家となった亀谷敬正のNHKマイルC予想はレース当日までにウマい馬券で公開!. 新興勢力ではロードカナロア産駒のライフレッスンズが面白いかと思います。 第67回 毎日杯 GIII 出走予定馬展望 日程:2020年3月28日 土 コース:阪神芝外1800m 予想用・出走予定馬一覧 ストーンリッジ(岩田望騎手想定) きさらぎ賞ではアルジャンナを抑えて2着と賞金を積んできたストーンリッジが毎日杯に出走予定だ。 ストーンリッジは潜在能力の高い血統馬。 22日(日)のスプリングSをガロアクリークで勝利した際も、1000m通過63秒2という超スローペースの中での差し切り勝ちだった。 プリンスリターン 牡3 原田和 57• キャリアの浅い3歳馬だけに、今回が初めてのことも多い。 夏競馬期間中は、3着以内軸馬推奨馬を公開しています。 前走で手綱を取った川島信二騎手はレース後、「良馬場なら、更に良さそうです」と語っている。

Next

【毎日杯】ストーンリッジ 良血馬で素質十分

今回のレースキャラとピタリ一致するかは微妙と言わざるを得ない。 逆に道悪なら面白い存在になりそうなのが、ダノンアレー(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。 ストーンリッジも全兄や全姉と同様に、早熟なタイプなのかもしれない。 近2年のNHKマイルCも3歳限定のマイル戦の中ではスタミナ指向の差しが決まっています。 叩いた上積みも見込める今走は、前走以上の走りに期待が持てると思います。 クラッシック戦線でこの勝負服を見ると、つい気になってしまうという人も多いだろう。 前2頭に何かしらの不安材料があるなら、同じく不安材料があるサトノインプレッッサを狙うほうがオッズ的にも旨味があるかなと考えています。

Next

毎日杯 2020 出走予定馬:ストーンリッジ&岩田望騎手想定|カタスさん@競馬をやって何が悪い。|note

上がり3F勝負になると分が悪くなりますが、大逃げが、4角で引きつけての逃げが実現すれば、3着以内に粘れる実績はあるだけに期待したい1頭ですね。 ちなみに僕がやってるのはnetkeibaPOGのことね。 スローで良い位置で収まることができているのも大きいし、流れたときにどこまでやれるかが今後を考える上では一つのポイントになる。 道中のペースは稍重にしては少し速い。 今後締まったペースでも同じように終いを生かせるかが課題。 0 36. 時が過ぎるのは早いもので来週にはNHKマイルCが開催されますね。 兄姉には弥生賞勝ちのカミノタサハラをはじめ活躍馬がズラリと並ぶ良血馬。

Next

JRAきさらぎ賞(G3)は1勝馬同士の対戦に! 早熟血統ストーンリッジに注目せよ!!

ストーンリッジの父はディープインパクト。 2は、平均より約1秒速い時計ですから、相手が強化されれば、相手なりにタイムも縮めてくるかなと。 一昨年のNHKマイルCはディープ産駒の1、2着。 0 橋田満 ストーンリッジ 牡3 56. その意味で、手綱が川田将雅騎手からL. 2 - 33. 今年も将来性豊かな顔ぶれが集まった。 特に東京マイルでの実績が目立ち、ギベオンは一昨年のNHKマイルCで2着、ステファノスは14年富士Sを制覇、フィニフティは18年クイーンCで2着。

Next

ストーンリッジが新馬戦で逃げ馬を競り落とし危なげなく完勝

一昨年の1、2着馬も母父は米国型。 今年のきさらぎ賞に登録された馬たちをよく見て欲しい。 同世代の馬たちの対戦が続く、この時期こそ買い目に不可欠な1頭と言えるだろう。 夏場の中京で相手になる馬はいるのでしょうか、とても楽しみです。 勝ち馬のスイープセレリタス、2着のミュージアムヒルはいずれも中長距離種牡馬ハーツクライの産駒。

Next

ストーンリッジ(競走馬)

いずれも近2走以内に芝1800m以上の重賞を経験していた馬。 少頭数(8頭立て)だったことも、展開に影響を及ぼした可能性がある。 悲観はしていませんよ」 世話役のはっきりとした口ぶりに、反撃への期待感が高まる。 インナーアージやディアデラマドレ、オメガハートロックの仔は応援していきたいね。 こんにちは、Lateです。 しかし、そのアルジャンナやサトノゴールドを含め、既に2勝目を挙げている馬は1頭もいない。

Next