コロナ ウイルス 中国 の 責任。 【真・人民日報】世界で沸騰する新型コロナ「中国責任論」 日本の報道からは見えづらい欧米各国の“思惑” (1/2ページ)

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

習近平氏ら中国共産党の上層部には感染しないという自信があるのだろうか。 トランプ米政権は感染拡大が中国の責任だとして、制裁や米国の債務帳消し、通商政策の見直しなどの措置を検討中とされる。 真実は必ず明らかになる」と語った。 2カ月半遅れの開幕だ。 それに対してアメリカや西欧諸国が黙っているでしょうか? 今回のことで反中感情は明らかに高まっているので、直接的な理由ではなくコロナが間接原因となって、きっかけさえあれば何か起こるかもしれません。

Next

中国はコロナウイルスをどう責任とるのでしょいか?

フェイスブックやインスタグラムも米フォックスニュースの看板時事番組『タッカー・カールソン・トゥナイト』の公式アカウントで公開された閻博士のインタビュー動画に「虚偽の情報」の警告を表示した。 1100万人の市民を抱える武漢市にとって、都市を封鎖するという措置はかつて議論の的となっていました。 対面による記者会見は中止され、代わりにテレビ会議やインターネット中継が行われた。 2020年5月22日、北京で開かれた全人代に出席する習近平国家主席(中央)と李克強首相(右) このため、欧米は中国政府による感染情報の信頼性を疑問視する。 出入りする報道関係者にもPCRと体温の検査が課せられた。 この論文は、現在まで世界で閲覧回数40万件、ダウンロード件数29万件を記録している。

Next

【新型コロナ】評論家は「中国のウイルス隠蔽」を断罪!賠償金1京円の声も

これにも石平氏は「全く信用できない。 今や武漢市では新型コロナウイルスに起因すると言われる肺炎、通称「武漢肺炎」が蔓延しており、中国政府は人口1108万人の武漢市を封鎖して、武漢肺炎の国内外への感染拡大を抑制しようと懸命な戦いを繰り広げている。 全世界の経済損失もすべて中国が負わなければならない」と力説する。 証拠は抹殺しているでしょうし。 livedoor. 3種類の「雑音」が極めて時代錯誤的な「合唱」を生みだしていると非難した。 』 という風に、責任をアメリカに押し付けようということなのか。 それをウイルス研究の権威が肯定した形だから、中国責任論は一層過熱するはずだ。

Next

新型ウイルス 身勝手極まる中国の責任転嫁

主な著書に『犠牲者120万人 祖国を中国に奪われたチベット人が語る 侵略に気づいていない日本人』(弊社刊)、『チベット入門』(日中出版)、『「国」を捨てられない日本人の悲劇』(講談社)、『立ち上がれ日本! 大犯罪ですよ! 各国一致団結して習近平を国際司法の場に引きずり出して、大量殺人の罪で裁かなければならない。 おかげでこのザマさ。 2番目の「雑音」は、一部の基準に満たない中国製医療物資を問題にして中国外交に泥を塗っているということだ。 しかも彼らの座席は例年同様に密集しており、中国政府が国民に求めるソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保ができているとは思えない。 未知のウイルスへの対応や封じ込めも世界初だったはずですが、その後の感染の広がりを見ると、中国での知見が生かされたとは言い難い状況。 コレスポンデンス(責任著者)も個人名ではない。

Next

米、コロナで中国の責任追及へ! 地図上から消えた?武漢市の「重要施設」とは… 「疑惑の研究所」に迫る! (1/3ページ)

これは、中国が断固かつ効果的な予防と抑制措置を取ってきたためだ」としています。 中国からはどう見えるか。 『タッカー・カールソン・トゥナイト』はフェイスブックのアカウントで「フェイスブックは人々がコロナウイルスの内部告発者に関する我々の記事を閲覧できないようにしようと努めている。 言い訳としたら、 人手不足 というオチになるのでしょうか。 言うまでもなくそれは金銭的な援助で、中国責任論の高まりを封じ込める狙いがある。

Next

新型コロナウイルス、中国がアメリカに責任を押し付けている模様。

「最初に中国が新型コロナ感染者と死亡者数を隠したということだ。 目醒めよ、麗しの国』(雷韻出版)、『中国が隠し続けるチベットの真実 仏教文化とチベット民族が消滅する日』(扶桑社)、『日本人が知らなかったチベットの真実』(海竜社)などがある。 ・新たな感染者の確認が減らない中でのアメリカの経済活動再開。 事実ならば、中国責任論は一段と過熱。 つまり、この論文は極めて政治的な色合いを帯びているのである。

Next

新型コロナウイルス 世界蔓延に対し、中国は責任を感じないのか?【その他:記事257】

中国政府は感染の再発にピリピリしている。 武漢国家生物安全実験室:中国中央テレビ・2018年1月5日 本稿を執筆している2020年1月31日時点における中国政府の公式発表では、中国国内の感染者は9782人、死亡者は213人となっているが、その隠蔽体質から考えて実際の感染者が10万人規模に達している可能性は否定できない。 これに対し、中央日報は「西側の主張に力を与える報道が中国から出ていたりもする。 例えばインフルエンザウイルスは日本の河岡義裕教授らのグループがその合成技術を確立したし、SARSコロナウイルスや新型コロナウイルスも人工合成が可能だ。 議論は政界にも広がる見通しだ。 武漢NBLは、武漢市江夏区に所在する中国科学院病毒(ウイルス)研究所鄭店園区内にあり、西を野湖と青菱湖に、北を黄家湖に、東を湯遜湖に、南を小高い山によって囲まれた場所にあるが、その周囲には多数の村落が存在している。

Next