デュエプレ アルカディア ス デッキ。 デュエプレ環境予報(5/24)多数‼︎対ボルバルコントロール

【デュエプレ】ジェネラル入りガラムタ【デッキレシピ】【DMPP

この状況下で 「懐かしいデュエマ」体験は一般的なDTCGの形では得難いものとなっている。 デュエプレの演出はかなりモッサリしているんで、ふだんからオフにしていたほうがストレスが少ないかもしれません。 ) 神滅竜騎 ガルザークと相性のいいカード コッコ・ルピア ドラゴンクリーチャーを場に多く並べるために欠かせない。 先手でも相手の手札の減ったタイミングを見て撃ちたい。 代用カードやデッキの回し方についても解説していますので、是非参考にしてください。 お互いの以外のの使用を制限するを持つ。

Next

【デュエプレ】光闇自然 コントロール【デッキ紹介】

プラチナ帯ながら勝率60%を越えることが出来ていない。 デーモン・ハンド 確定除去。 読点で区切られるまでとが一連の処理として位置づけられているのがその理由。 ペトローバの評価 評価 9. 5 - 9. 霊光の化身 スパークだけでは相手をタップするカードが不足気味なので採用。 ペトローバを使用するデッキ イニシエート トールを使用することでペトローバも攻撃に参加することが出来る。

Next

【デュエプレ】ランクマッチ マスター帯 / Oneデッキチャレンジ~青白黒ランサーデッキ~

《アルカディア・スパーク》でが山札に加えられる時、山札の一番下に置いた場合はの効果を使うことはできますか? 光輪の精霊ピカリエ ドロー付きのブロッカー。 アウゼスの加入によって火文明は抜けました。 vs 赤白青速攻・・・〇• 同じく手札を破壊する汽車男も結構便利です。 手札を破壊して相手のしたいことをさせない嫌らしいデッキになります。 全体的にがであるため少々使いづらいが、として有用。 …というのを書いたけど、あえて壊さない選択肢もある。

Next

【デュエプレ攻略】デッキの作り方のコツ【デュエマプレイス】

自身の効果で自身を回収出来るため、1枚マナに埋めてもよく(色の都合度々マナに置かれることになる)、また一度着地すると増殖バグのように増えていくため最後の打点にもなる。 スマートフォンアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」では、から進化させることで入手できるとして出演した。 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《王ス》《陽炎の守護者ブルー・メルキス》らに続くトリガー封じである。 青嵐の精霊バ 5マナ以下のス進化元の時点で採用確定だが、ボルメテウスホワイトドラゴンやツインキャノン・を万が一出されてもこのカードがいれば相討ちに持っていける。 こうしたことを考慮すれば、 (現行の)デュエプレではカード入手難度が高いがゆえに牧歌的なデュエマを楽しむことができるというのは幻想にすぎないことが分かる。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。

Next

デュエプレ環境予想

関連まで含めると20枚程になるので、ややコレクター泣かせである。 DMRP-06で再録された際に相手がドローすることが明瞭に示された。 したがって、 極めて端的な言い方をするならば、現行のデュエプレの競技性の問題は呪文の機能があまりに単純すぎることにあるということになる。 ・ 《ナチュラル・トラップ》 4 このデッキに搭載可能な貴重な緑のカードである。 これは勿論ゲームバランスとしては望ましいことではあるが、結局クリーチャーを加味してもデュエプレ実装のカードはそれぞれかなり限定的な状況の対処しかできないことになる。 コンセプト通りにやったからといって勝てるわけでもないのだが。 が低いのでのようにの構成を特化させなくても使用できたが、やがての役目ものや、条件の緩いなどにほぼ移ってしまった。

Next

【デュエプレ】ジェネラル入りガラムタ【デッキレシピ】【DMPP

何故か?ダイレクトアタックを決められたら負けることを知っているからだ。 シビレアシダケ、フェアリー・ライフ、青銅の鎧でマナブースト。 特に ハンター・クラスターは攻撃可能なブロッカー スパイラル・スライダーは大半のカードを手札に戻せるので優秀です。 「壊せるタイミングはいくらでもあった。 レインボーカードという性質上、アクアンで補充できますし、水文明のマナ要因として序盤でマナに埋められると良い点だらけのカードとなっています。 なので基本的には光か闇のカードを候補とします。 ちなみに、のの中ではを無条件でできる初の。

Next

デュエル マスターズ プレイス デッキ

それぞれの色で得手不得手があるから、単色デッキというのは強い相手には強いのだが、勝てる範囲が狭くなりすぎる傾向がある。 また、アクアン軸のデッキは盤面を強く作れるのがゲーム後半になるため、それまでにゲームを決着させるリーフ系の速攻も依然強力であった。 また、「ガーディアン」を選べばパラちゃんもパワーが上がりますのでとても相性がいいです。 トリプル・ブレイン 5マナ帯がバしか居ない上ドローをキャントリップに頼っているためこれを採用。 Tressa パワー7500のW・ブレイカーなので、クリーチャーの処理だけではなく攻める力も兼ね揃えています。 で版のが登場した。 採用候補のカードについて 水文明の枠はアクアンの性質上、これ以上補強する必要はないでしょう。

Next

【デュエプレ】デュエルマスターズプレイスに何が欠乏しているか|TCGの|note

序盤に引いてしまってもマナに置いておけるので、採用は1枚。 今回はこのカード! はい!陽炎の守護者ブルー・メルキスです! 2020年4月16日にこの記事を書いていますのでまだ公式から効果などは発表されていませんが、今回はリアルのカードをそのまま使った構築になります。 付きの全体は言うまでもなく強力。 ハンデスで落ちていった《聖霊王アルカディアス》を拾ったりすることが可能。 資産ゲーが加速していて個人的には嫌ですが… カード解説 フェアリー・ライフ 3ターン目に使えればいいので当初は「青銅の鎧」だったのですが、無駄に場を圧迫したくないことからこちらに変更。 《ダーク・リバース》との違いは、チャージャーであるために《光翼の精霊サイフォス》で使い回すことが可能であるという点。

Next