さん ふら わあ 弾丸 ツアー。 フェリー乗船記 さんふらわあの弾丸フェリープランで大阪⇔大分を往復してみた(1日目)

フェリー乗船記 さんふらわあの弾丸フェリープランで大阪⇔大分を往復してみた(1日目)

詳細はこちら です。 スロットやパチンコがメインとなっていました。 前置きが長くなりましたが23日の夕方から大阪に向けて出発! 何故か寝ている猫を確認して 笑 、いざ! 目次• これから行かれる方の参考になるようにわかりやすくお伝えしたいと思います! 実際に乗った船内の様子 レストランはビュッフェスタイル レストランはビュッフェスタイルでお味もよかったです。 夫婦で、おひとり様で、家族で、友達どうしで…。 各自、港内シャトルバスに乗って第2ターミナルに移動して「さんふらわあ さつま」(以後さつま)に乗船しました。

Next

さんふらわあ

現地で帰りの船に乗れなくなった場合は、帰りの券はどうなりますか? A. (手数料が必要です。 大阪〜別府• その「さんふらわあ きりしま1」が神戸の川崎重工に停泊中であることがAISで確認できます。 個人で行動するのと違って、時間を気にする必要がないので非常に楽なお手軽ツアーでした。 その他にも、ペットと一緒に泊まれる個室、女性専用ツーリストルーム、ファミリー専用ツーリストルーム、相部屋でありながらプライベート空間も確保されたプライベートベッド等、ニーズに合わせてお部屋を選んでくださいね。 ご注意を!! かまど地獄 大人400円 小学生200円 幼児は無料 いろんな地獄のミニサイズがあります。 脱衣所は籠とロッカーがあり、 アメニティは• ご予約はご利用日の2か月前から受付いたします。 西郷洞窟は車窓見学 仙厳園は、磯庭園と呼ばれていた時代に来たことがあります。

Next

フェリー乗船記 さんふらわあの弾丸フェリープランで大阪⇔大分を往復してみた(1日目)

志布志港出港 夕日で赤く染まる空 本航海は、ほぼ満船の状態で、アップグレード可なのはウィズペットのデラックスのみです。 お弁当やおにぎりなどで簡単に済ませたい場合や、子どもがまだ小さくてレストランには入りづらい場合には助かりますね。 小さい子向けの乗り物や、動物のふれあいコーナーが充実しています。 ヘアゴム• なので受付後は即効で船内へ。 地元の名物料理のとり天や団子汁を食べられるレストランもあります。 船内の食事はビュッフェレストランと持ち込みを上手く使い分けることでお得! さて、いかがでしたか? これから弾丸フェリーを利用してみたいけれど迷っているという方のお役にたてたでしょうか? わが家の子供たちは、今回の船旅ですっかり船の旅のとりこになってしまいました。

Next

フェリーのさんふらわあで大阪~志布志航路を弾丸で往復したいです。

てなわけで…。 ハンバーグ• 末っ子が添い寝しないと眠れないのでベットで二人は狭いのでこちらを選びました。 寝室 寝室は、ツーリストルームという大部屋とベットの相部屋の他に個室もありました。 定刻出港 スタッフの見送り 遠くの空は夕日で赤く染まっていました。 でも、せっかくの旅行なのに あれ食べちゃだめ! コレ食べちゃだめ! って言えないですよね。

Next

「フェリーさんふらわあ」で週末弾丸旅。大人1万円~でキティちゃんルームも

4名が2泊3日して交通費と宿泊込みで25000円!! でも、実際どうなん? ほんまにそれ以上かからんの? 部屋はどんなん? 眠れるん? 子供連れやと気を使わん? いろいろ心配やー!! と、乗る前には気になることが沢山ありました。 そりゃー、乗るまでめっちゃ時間かかったけど、 さんふわあの乗船誘導スタッフも めっちゃ大変やったやろうな〜。 弾丸フェリーは乗船日の前日までにインターネットまたは電話で予約する必要があります。 次に向かったのは 風呂じゃ、風呂。 友が島を見ながら朝食 さつまの救命浮環に新品のような輝きがありません。 展望浴場は深夜には閉鎖されますが、シャワールームは航海中いつでも利用可能です。 入念な計画が必要になりそうですねぇ…。

Next

さんふらわあさつま弾丸ツアー

フェリーさんふらわあの船旅は、大阪-別府、神戸ー大分、大阪-志布志(鹿児島)、を結ぶフェリーさんふらわあ。 ベットで二人で寝るのは難しそう… ということで、 わが家は 10,000円のツーリストタイプ 大部屋 プランを利用しました。 もう30年くらい前の話です。 飽きさせない感じが最高や!! 船内が楽しくて楽しく ずっと飲んでた笑 あまりにも楽しすぎてお酒飲んでたら 船内に人が減っていることに気づき 明日のことも考えて解散!!笑 そして気持ちよく プライベードベッドで就寝〜〜〜! おやすみ〜〜〜。 最近のフェリーでは、ウィズペットの部屋から埋まると聞いたことがありますが、本船は状況が異なる様です。

Next