中国 ウイルス 研究 所 爆破。 新型肺炎、米メディアが報じた「研究所が発生源」説 武漢の病源体研究機関からウイルスが流出?(1/2)

米国務長官、ウイルス研究所などの査察求め中国に圧力 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

冒頭に示しました「ハーバード大学の教授が、ウイルスの密輸で起訴された」というのは、1月28日にアメリカ司法省の広報室ウェブサイトで公表されていたものを報じたものです。 記事は、米紙ワシントン・タイムズ(1月24日付)に大きく掲載された。 だからそう思う。 多数存在する病原体の中でも毒性や感染性が最強クラスである。 元々、感染症の場合、その国の栄養状態が致死率に関わってくると言われてますが、戦後、日本でも栄養が悪かった時期のはしかの死亡数が数万人だったりします。 関係筋は、ウイルスがコウモリから所員に感染し、それから武漢に広がったとの見方を示した。 武漢病毒研究所の外観は、公開されてますが、それと衛生写真が全く一致しません。

Next

新型コロナ、武漢「美人すぎる39歳の研究所長」が握る発生の謎(近藤 大介)

さらにこの研究者たちは「このウイルスが自然発生することは考えられない」とした。 武漢のP4研究所の設立には中国の経験不足もあり、フランスの協力もあったようで、その後、研究は米国の研究者との共同研究もあったようです。 どれだけ中国が残酷な国か世に知らしめるべきです。 アメリカのは、このハーバード大学の教授は中国の生物兵器スパイであると断じています。 そのようなサイトが武漢肺炎の爆発を米国になすり付けた。 「ビタミンCの大量投与」もガンの治療法のひとつであり、子宮頸がんワクチン薬害にも効果があるようです。

Next

【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

全中国各地は都市を封鎖して、住宅団地、住宅ビルは閉鎖します。 新型肺炎・新型コロナウイルス(Covid-19)の世界的流行により、日本国内でも緊急事態宣言が発令されるかもし... んなわけねーだろ。 — Yahoo! 研究所を爆破していないのであれば、中国政府が現在の研究所の状態を正式に公表して、新型コロナウィルスの発生源では無い事を科学的に証明すればいいだけではないでしょうか。 業者はそれらを素知らぬ顔で市場へ持って行き、市場では他の豚や牛、牛乳と一緒に売られていたに違いない。 とは、身内か怯えきった虚言癖の人しか語らないでしょうね 別の人ですがツイートしてる人の言葉が正しければ過去にも隠蔽爆破があったみたいですね 疑われるには充分な前科といったところでしょうか SNSはデマも多いですが嘘をつくにはそれなりの口裏合わせが必要です 関係あるかわかりませんが武漢の研究所Googleマップの情報や口コミ 写真が消されてましたね…荒れたから消したのかはたまたって勘ぐっちゃいますね 一般人の私見ですが燃えきるという確証はなさそうです。

Next

イルミナティカード のラボ爆発は武漢P4研究所だった│気になる情報

突然変異での確率は非常に低く、実験室の中で人為的に加えられた可能性が考えられるとの見解を示した。 「新型コロナウイルスと研究所は無関係であることを私は命をかけて保証する」という内容の投稿をした。 罪状:李寧被告は2008年7月から2012年2月の期間、課題の研究の中で科学研究費を使って、実験用の豚と牛を購入した。 検察機関はそれらの書証を調べ上げ、証人の証言を取り、共犯者の供述と照らし合わせ、証拠を確定させていったのだ」 この1月3日に判決が出された刑事事件が、いま中国で、にわかに注目を集めている。 生物兵器説 米ワシントンタイムスが、武漢には中国の生物兵器プログラムに関連する2つの研究所があることを初めて報じる 「世界中に広がる致命的なウイルスの流行は、中国の秘密の生物兵器プログラムにリンクされた武漢研究所で発生した可能性があります」 — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 vG2AZlCr4F3hx6Y ネット上では新型コロナが中国で作られた細菌兵器で 偶然漏れだしたものだという噂が出回っています。 7月24日から東京五輪が始まり、今年だけで世界中から3600万人もの人が訪日すると予想されている。 ネットの反応 ずいぶん前から、コロナウイルスは 生物兵器や、陰謀論が流れていたのですが ネットの反応は どんな感じなのか調べてみました。

Next

新型コロナ、武漢「美人すぎる39歳の研究所長」が握る発生の謎(近藤 大介)

武漢の人口は1000万人 それを丸ごと、軍が封鎖しているのは事実 危険度合いは、報道より高いのでは?• そのコウモリの実験で発生したウイルスが華南海鮮市場に流出した可能性はあるのだろうか。 そうすると、ネット情報の方が正しかったことになります。 ワシントン・ポスト紙によれば 米当局者が2018年1月に武漢のウイルス研究所を訪問 研究所がコウモリのコロナウイルスに関する 危険性の高い研究を行っているが、 安全性の確保が十分でない、 と指摘する公電を送っていた。 「西陸網」は1月26日に「武漢ウイルスの4つの主要蛋白質が交換され、中国人を正確に狙い撃ちできる」という文章を発表した。 以下の部分などにもそれを感じます。 単純に責任のなすり合いとみる向きもあるが、もう少し穿ってみれば、高福はじめ中国体制内科学者の背後には江綿恒(江沢民の息子)の影がある。 この文章では、「米国は中国に対してもっと極端な手段に出るかもしれない」「米国はサイバー戦や宇宙戦を始めるかもしれない。

Next

新型コロナウイルス 「研究所から流出」説の真偽を追う

2015年8月20日、21日、及び2019年12月30日に公開の審理を裁判所にて行い、結審した 〉 この判決の日、杜岩裁判長は、異例とも言えるメディアとの一問一答を許可した。 米国人は金銭を信じ、マスコミを信じている。 中国では相当数の企業が倒産し始めているでしょうから、失業者も多いでしょうし。 感染経路は未だ不明のままですが、このウイルスがコウモリから研究員に感染し、それから武漢に広まったのではないか!?というニュースが流れたのです。 高福はその経歴から、こうした上海生命科学研究利権の一員とみられている。 おそらく、としては何とかの「説」を逸らそうと、日本の左派メディアを使って「過去の日本の悪行?」を触れ回っているのだと思います。 760円+税) 君たちの脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする搾取であり、永劫に収束することのない原発事故であり、正常な思考を奪う報道機関であり、貿易協定に偽装した植民地主義であり、戦争国家のもたらす全体主義である。

Next

米国務長官、ウイルス研究所などの査察求め中国に圧力 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

その情報に惑わされてしまう人も多くいます。 未だに、中国国民は大変な様子ですよ。 香港人の気になる指摘 香港人が武漢の新型肺炎を引き起こすウイルス(武漢ウイルス)の出元について、ある指摘をしています。 リーバー博士は、ハーバード大学と共に、中国の大学でも研究をおこなっていました。 世界各地に感染が広がる中、中国のウイルス封じ込めの成果をアピールした形。

Next

米国務長官、ウイルス研究所などの査察求め中国に圧力 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

出典: 2017年には研究者らが「中国文化が漏洩事故に繋がる恐れ」予見していた ネイチャー誌によると、SARSは北京の研究所から漏れたものだった。 【1月28日 Xinhua News 新華社 】中国疾病予防抑制センターのウイルス病予防抑制所は、湖北省(Hubei)武漢市(Wuhan)にある 武漢華南海鮮市場の環境サンプル585点を検査した結果、その中の33点に新型コロナウイルスの核酸が含まれていることを突き止めた。 それにしても、「現代ビジネス」もどこから依頼されてこのようなデマを記事にしているのでしょうか? 「日本社会が隠したい」「日本政府が否定」—は、当たり前です! だって、の「」の小説を信じられますか? 信じるバカがいますか? いるとしたら、よほどお頭が弱い人なんでしょうね。 さらに、では、カナダの国立微生物学研究所からも、中国のエージェントがウイルスを持ち出し、中国の以下の4つのバイオ研究施設に運んだと報じられています。 グループ1 ヒトあるいは動物に病気を起こす可能性の低い微生物。 中国の科学者らは、新型コロナウイルスは武漢の野生動物市場で動物から人へと感染した可能性が高いとしているが、インターネット上では武漢ウイルス研究所が起源だとの疑惑をめぐるさまざまな陰謀説が拡散。 北京中国科学院微生物学研究所 ここにも武漢が出てきます。

Next