障害 者 活躍 推進 計画。 ・障害者活躍推進計画作成指針(◆令和01年12月17日厚生労働省告示第198号)

北海道占冠村|お知らせ| 占冠村障害者活躍推進計画について

達成すべき目標 障害者である職員の職業生活における活躍の推進に関する取組の実施により、達成しようとする目標は次のとおりです。 )に基づき、これまで障害者を対象とした採用選考の実施や、職場環境の整備などに取り組み、障害者の雇用の促進及び職業の安定を図ってきました。 更新日:令和2年5月1日 静岡県警察障害者活躍推進計画 「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき、静岡県警察で勤務する障害のある職員一人ひとりが、その障害の特性や個性に応じてその有する能力を有効に発揮し、職業生活において活躍することができる取組を効果的に実施することを目的とした「障害者活躍推進計画」を策定しました。 障害のある職員一人一人が障害の特性や個性に応じて能力をより一層発揮し、職場において自分らしく活躍できるよう、障害者雇用促進法の規定に基づき、上越市障害者活躍推進計画を策定しました。 策定主体・計画期間・障害者の範囲 1 策定主体 登米市の各機関が連携して、組織全体で、障害者の更なる活躍に向けた取組を推進するため、登米市長、登米市議会議長、登米市教育委員会、登米市選挙管理委員会、登米市代表監査委員、登米市農業委員会、登米市消防長、登米市病院事業管理者、登米市上下水道事業 以下「各任命権者」という。 新たに採用する障害者については、面談等により必要とする配慮等の把握に努め、過重な負担とならない範囲で必要な措置を講じます。

Next

大阪府/大阪府の各任命権者における障がい者である職員の活躍推進計画【大阪府人事委員会】

は、その責務として自ら率先して障害者雇用に努めることが明確化され、障害者である職員が能力を有効に発揮して、職業生活における活躍の推進に関する取組を実施することができるよう、障害者活躍推進計画を定めることとされました。 障害者である会計年度任用職員の任期途中の離職率 0% 障害者である職員の職場等の満足度• 高校生以上を対象としたインターンシップの中で障害学生の特性に配慮した受け入れを行う。 障害のある職員が配属されている所属の職員を中心に、静岡労働局が開催する「精神・発達障害者しごとサポーター養成講座」の受講を促す。 障害者雇用推進者、障害者職業生活相談員、本部関係主管所属長及び担当者、障害のある職員が配置されている所属長及び担当者を構成員とする「障害者雇用推進体制」を整備する。 、雇用の分野における障害者と障害者でない者との均等な機会若しくは待遇の確保又は障害者である労働者の有する能力の有効な発揮の支障となっている事情を改善するために事業主が講ずべき措置に関する指針 平成27年厚生労働省告示第117号。 ・特定の障害を排除し、又は特定の障害に限定する。

Next

大阪府/大阪府の各任命権者における障がい者である職員の活躍推進計画【大阪府人事委員会】

健康管理• 6% 障害者である職員の定着率及び離職率• 障害者雇用率• 以下「法」という。 特に、公務部門における障害者の活躍は、政策決定過程への障害者の参画拡大の観点からも重要であるとされ、障害者である職員が、その能力や適性を生かしながら力を発揮する環境が整備されることは、多様な視点による課題解決にもつながるものであり、また、障害者への合理的な配慮などにより働きやすい環境づくりに取り組むことは、障害の有無に関わらず、多くの職員にとっても良好な職場づくりにつながるものでもあります。 介助者なしで業務遂行が可能といった条件を設定する。 への障害者の参画拡大の観点からも重要である。 令和2年12月の計画期間の終期までに法定雇用率の達成を目指すとともに、警察業務を遂行するに当たり、今後採用する障害のある職員及び現に勤務する障害のある職員一人ひとりが、その障害特性や個性に応じて能力を有効に発揮していくためには、更なる体制整備や各種取組が必要である。 2 職場実習の実施 知的障がい者、精神障がい者及び難病患者を対象にした職場実習を知事部局と連携しながら積極的に実施します。

Next

多賀城市/障害者活躍推進計画

働き方• )について、静岡労働局が開催する「障害者職業生活相談員資格認定講習」を受講させる。 ノーマライゼーション 障害者を特別視するのではなく、一般社会の中で普通の生活が送れるような条件を整えるべきであり、ともに生きる社会こそノーマルな社会であるという考え方 、インクルージョン 包容 、ダイバーシティ 多様性 、バリアフリー 物理的な障壁のみならず、社会的、制度的及び心理的な全ての障壁に対処するという考え方 、ユニバーサルデザイン 施設や製品等については新しいバリアが生じないよう誰にとっても利用しやすくデザインするという考え方 等の理念の浸透に繋がり、政策だけでなく、行政サービスの向上の観点からも重要である。 3 職場実習の実施 知事部局と連携しながら、知的障がい者、精神障がい者及び難病患者を対象にした職場実習を実施し、令和元年度までの5年間に、知的障がい者については3人、精神障がい者については1人の受入れを行いました。 また、障害者活躍推進計画の作成に当たっては、障害のある職員に、同計画の作成に係る検討に参画を求める。 取組内容 障害のある職員の活躍を推進する体制整備 組織面• 3 障がい理解の促進 職員一人ひとりが、障がい者や障がい特性に関する正しい知識を取得し、理解を深めるとともに、人権尊重意識の涵養を図るため、知事部局が実施するセンター研修や公務労働検討チームによる研修への事務局職員の参加、事務局独自の職場研修の実施など、障がい理解の促進に引き続き取り組みます。 この計画は、障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和 35 年法律第 123 号)第7条の3第1項の規定に基づき、障がい者である職員がその有する能力を有効に発揮して、職業生活において活躍することができるよう、障害者活躍推進計画作成指針に基づき作成します。 今後、これらの計画に基づき様々な取組を進めてまいります。

Next

大阪府/大阪府の各任命権者における障がい者である職員の活躍推進計画【大阪府人事委員会】

本人が希望する場合には、「精神障害者等の就労パスポート」の活用等により、適正な職務の選定、職場において必要な配慮等の参考に資する。 ・自力で通勤できることといった条件を設定する。 計画期間 令和2年度から令和6年度までの5年間を計画期間とします。 特に、公務部門における障害者の活躍は、我が国の政策決定過程 障害者雇用政策に限らない。 4 障がい理解の促進 知事部局が実施する障がい者や障がいに対する理解の促進と人権尊重意識の高揚を図るための研修に事務局職員が積極的に参加するよう配慮するとともに、事務局が独自に実施する職場研修の内容に盛り込むなど障がい理解の促進を図っています。

Next

埼玉県教育委員会障害者活躍推進計画

障害者雇用に関する現状と課題 【市長・教育委員会・病院事業の機関】 本市では、正職員や非常勤職員等における障害者の採用を行うことで、障害者雇用の確保に努めておりますが、令和元年6月1日時点では、病院事業が法定雇用率未達成となっています。 計画の対象者 障害者雇用促進法第2条第1号の障害(身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、または職業生活を営むことが著しく困難な職員をいう)のある職員とします。 また、職員総合相談センターの相談員については、障がい者や障がいに対する十分な理解に基づいて職員からの苦情相談に対応できるよう、引き続き相談対応能力の向上に努めます。 2 計画期間 令和2年4月から令和5年3月までの3年間 3 施策体系 1 障害者の活躍の場の拡大 (1)職務の選定・創出 (2)障害者の採用 (3)キャリア形成 2 障害者が働きやすい職場づくりの推進 (1)「障害者雇用推進者」の選任 (2)「埼玉県教育委員会障害者活躍推進計画策定・推進委員会」の運営 (3)「(仮称)埼玉県教育委員会障害者雇用点検評価」の実施 (4)各所属における推進体制 (5)職業生活における相談体制の整備 (6)所属以外での相談体制及び専門処理機関の整備 (7)外部関係機関(障害者就労支援機関等)との連携体制の整備 (8)支援員の配置 (9)職務環境の整備 (10)障害者理解等を促進する研修等の実施 (11)人事管理 3 その他 (1)関係機関への要望・働き掛け (2)障害者就労施設等からの物品調達 4 計画. )第7条の3第1項の規定に基づき、大阪府人事委員会が実施する障がい者である職員の職業生活における活躍の推進に関する取組等を取りまとめたものです。 本人の希望等を踏まえつつ、実務研修や向上研修等への参加を推進します。 第5 進行管理について この計画における取組の推進に当たっては、目標を掲げている項目等について、毎年度公表するとともに、公務労働検討チームにおける検討結果を取組内容に生かしていきます。

Next