防衛 省 オークション。 17万円→581万円! 自衛隊初オークション、大臣肝いりのわけ

「操縦かん」「操だ輪」 防衛省 装備品のオークション初実施へ

河野防衛大臣:「売上総額が581万8000円ということで、望外の金額になりまして」 河野大臣は逼迫(ひっぱく)する防衛予算の一助となるよう、今後もオークションを続けていく考えを示しました。 日曜の午後、東京・市ケ谷の防衛省講堂。 (出典:防衛装備庁Twitterより) 2020年7月31日、中国メディアの澎湃新聞は、自衛隊備品のオークションを実施した日本の防衛省について「どれだけ財政がひっ迫しているのか」とする記事を掲載した。 他国の軍隊のデッドストックの軍服や実弾演習で使用した薬きょうなどが、ミリタリーグッズショップなどで並ぶことは多々あるが、自衛隊の装備品は防衛機密の絡みもあって、これまで国内市場ではほとんど出回ることはなかった。 最高落札額は空自パイロット用品セット(ヘルメット、酸素マスク、ヘルメットバッグ)の66万円だった。 売上額は合計581万8000円で国庫に返納される。 (出品リストもこの手引きで確認できます。

Next

自衛隊が不用品売却 初のオークションで計580万円

そもそもなぜこうしたオークションを始めたのでしょう。 売り上げ目標について河野防衛大臣はで「F-35の1機分ぐらいの収入を上げたい」と語った。 自衛隊という組織が愛着を持っていただいていることを改めて感じられる機会になった」と語った。 募集人員は450名を予定しており、応募が上回った場合は抽選になる。 となれば、河野大臣の人気取りとも受け取れる。 予定の募集人員を超えたため抽選が実施され、当選者に郵送される「参加通知書」の他に、身分証明書、印鑑などを当日持参して参加するという流れです。

Next

防衛省、オークションに出す自衛隊装備品を公開

が初めて実施した装備品の一般オークションがネット上で話題となっている。 河野氏の言うF35の1機分どころではありません。 一体どのようなものが防衛省のオークションで出品されたのでしょうか? 目次• 【まとめ】防衛省初のオークション!実験的な試みとしては成功の印象 防衛省初の試みである、自衛隊の不要物品オークションを紹介しました。 ) 参考動画:「自衛隊装備のオークション 66万円で落札も 約40点出品」(FNNプライムオンライン) 今回のオークションでは、司会者が価格を徐々に上げていき、入札希望者は手元の番号札を上げることで入札を行います。 各装備品には、真正品であることを示す防衛相の署名入り証明書が添付された。 (朝日新聞編集委員・藤田直央) 身近すぎて価値が…33倍! (猫間滋). 消費者金融や銀行カードローン以外にも方法はたくさんありますから、お金の借入に関する解決策をお探しの方は、ぜひマニプラをご活用ください!. 「やまゆき」の側幕は「落札価格の一歩手前で止めようかと思っていたら私しか残っていなかったので、腹をくくりました」 防衛省講堂での 初の の様子です。

Next

防衛省オークションへの参加方法は?約30点の防衛装備品だけど欲しい物あるかな?

一般の方々からのせり売りの参加募集を本日から開始します。 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• 河野防衛相「隊員の環境改善などに役立てたい」 オークションを終えた後、河野防衛大臣は記者団に対し「参加した方から大変よい値段をつけてもらった。 「航空自衛隊パイロット関連用品セット(ヘルメット、酸素マスク等)」で66万円の最高額が付くなど600万円近い金額が集まり、河野太郎防衛大臣も会見で「望外の金額」と評価した。 とはいえ武器や車両など危険なものを除きます。 国を守ってくれているのですから、潤沢といいませんがそれなりの予算が必要かとは思います。 河野太郎防衛大臣(防衛省公式チャンネルより) 防衛省・自衛隊は、7月26日に東京・市ヶ谷で開催した「せり売り」(自衛隊の不要物品オークション)の結果が合計「581万8000円」になったと発表した。

Next

日本防衛省が初のオークション実施へ 不要物品を売って予算を確保

申込方法は往復はがきによる郵送のみ。 プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• それにしても、防衛予算が不足しているのは確かでしょう。 本当に、今日御参加をいただいた方から、大変よい値段を付けていただいたものですから、F-35を1機と、こう言っておりましたが、少し自衛隊の隊員の生活環境、勤務環境の改善等にしっかりと役立てるようなことを、財務省と相談できればいいなというふうに思っております。 comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 実は「やまゆき」に乗っていた元海上自衛官でした。

Next

目標100億円!防衛省が前代未聞の「オークション」で売るモノとは?[東京カレンダー]

スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• また、河野大臣はオークションなどの試みを重ねることで、アメリカの最新鋭戦闘機F35、1機分に相当する収益を目指したいという旨の発言もしています。 参加定員は450人で、申し込みは往復はがきで14日必着。 記事は、今年度の防衛予算が過去最高の5兆3000億円に達し、8年連続で増加する一方で、防衛省が今月26日に自衛隊の旧装備部品など30点を対象としたオークションを実施し、581万8000円を売り上げたと紹介。 ヤフーオークションより 「自衛隊個人携帯対戦車弾 パンツァーファースト3 110RJM18 演習弾 インテリア置物」(1万5000円) 「 陸上自衛隊84ミリ無反動砲演習弾使用済み インテリア 置物ジャンク」(1万2000円) 「陸上自衛隊PKO戦闘服一般用上衣」(2万9800円) そんな、ぎょっとする商品が3日、 ヤフーオークションに出品されていることがわかった。 麻生太郎副総理兼財務相に防衛省も収入確保を図るよう注文されている河野氏は「財務省にしっかり収入をあげている姿勢も見せて(来年度予算案の)概算要求に臨みたい」と強調した。

Next

防衛省がはじめてオークションを開催!自衛隊関連の物品が開始価格の30倍以上で落札|お金を借りる&払う|みんなのPay活プラットフォーム・マニプラ

ユーザーID• 「第1回不要物品のせり売り終了しました。 防衛省は26日、不用になった防衛装備品の初のオークションを東京都新宿区の同省講堂で開催した。 「この計画には27 兆4,700 億円ほど必要だ。 開始額3000円の部隊章セットが20万円で落札されるなど、値が大幅につり上がるものもあった。 政府の方針である、2019年度から5年間の中期防衛力整備計画(中期防)にそうあるとのことで、具体的にはこんな内容です。 財源確保、小手先では無理 結局オークションの主眼は、「防衛省・自衛隊はお金のやりくりも頑張っているぞ」というアピールにあります。

Next

日本防衛省が初のオークション実施へ 不要物品を売って予算を確保

自衛隊に関するものには危険なもの、機密事項が含まれるものもあると思うので、処分するからといって何でもかんでもオークションにかけるわけにはいきません。 まったくバカバカしいことです」 同省がすでに追加購入を決めた「F35」は機体だけで総額1. ただ、練習艦「やまゆき」の舷門表札などを落札し、事後報告と仰っていた方は元乗組員で、「資金が十分にあればやまゆきの全部が欲しかった」ともインタビューで答えていました。 ネットオークションの活用も検討している。 やまゆきの(元)乗組員で年に一度会うので自慢したい。 河野太郎防衛相は終了後、ツイッターを更新。 日時:2020年7月26日(日) 受付時間 12:00~13:30 開催時間 14:00~(せり売り終了まで) 会場:防衛省本省 A棟2階 講堂(東京都新宿区市谷本村町5-1) 抽選に当たっても、オークション会場が東京ですので。 だが本来、ヘリコプター搭載護衛艦なので、空母に転用すれば護衛艦の配備計画は変更を余儀なくされる。

Next