スラムダンク の 続き を 勝手 に 考える。 【完全版】スラムダンクの続きを考える〜9森重

【完全版】スラムダンクの続きを考える〜9森重

桜木「・・・俺達は負けん!」 (!!) 河田「桜木・・・!」 桜木の元へ集まる湘北メンバー。 そのうえで、計算で人気が取れると一番いいんですが・・・ 人気絶頂で終わったマンガ 『スラムダンク』、『ドラゴンボール』、『幽遊白書』、『デスノート』など・・・. 」 桜木 「やつらは高校バスケがどう言うものかを知らん。 8 日本のロッドマンとして有名になりますが8年間の人生で1度も優勝はしませんでした。 晴子「さ・桜木君!?流川君!?」 松井「・・・これは珍しい組み合わせね。 相葉 「初めまして!相葉です!本日から入部させていただきます!」 桑田 「相葉くん。 」 湘北高校バスケ部は強力な1年生を手に入れ、最後のインターハイに挑む。 人気絶頂で漫画を終わらす難しさ 名作であればあるほど、人気であればあるほど、一番難しいのは終わらせ方だと思います。

Next

【完全版】スラムダンクの続きを考える〜9森重

ファンの中では、一番戻ってきてほしい漫画だと思います。 桜木君が今日も元気そうで良かった。 試合以外の時間の方が長い。 キャプテンとの特訓 ある日の練習後 桑田 「宮城さん、1on1お願いしていいですか?」 宮城 「お、今日もやるか!いいぜ!!」 インターハイが終わってから桑田は宮城に1on1の練習をお願いするようになった。 2ndクォーターは PG.藤真 SG.三井 SF.清田 PF.流川 C.高砂 で、スタート。

Next

【妄想】10年来スラムダンクファンの私がの勝手に続きを考えてみた|くろねこ@ライティング×コンセプトメイキング|note

インターハイ神奈川予選(桑田3年) 総出場時間:48分 記録:20得点30アシスト インターハイ本戦を数日後に控えたある日 桑田 「相葉、1on1の相手してくれないか?」 相葉 「いいっすよ!やりましょ!」 ダムッ! ザシュ! 桑田の横を駆け抜けた相葉がレイアップを決める。 」 そして海南戦の翌日、 体育館に集合したバスケ部メンバー。 また、プライベートでは晴子さんと結ばれると予想しましょう。 」 ---再び5点差を追う湘北のディフェンス。 相手の動きを予測するんだ。 」 主治医の先生も心配して桜木に声をかけるも、当の本人は余裕な様子。

Next

台湾『スラムダンク』の実写版パロディがヤバい / しかし「高宮望」と「赤木晴子」はかなりの再現度だと話題

海南大付属高校は神奈川の強豪校である 湘南工科大学附属高校、同じく翔陽高校は 松陽高校がモデルであろう。 」 (ニコッ) 安田「遅いぞ、リョータ。 今日から新生湘北高校バスケ部だ。 noteにもオリジナルストーリーを綴ったものをいくつか挙げています。 やることがないぜ。 何回も読んでボロボロになった全31巻。 終始ニヤついた表情。

Next

[B!] スラムダンクの続きを勝手に考えてみる 目次(5) « ●スラムダンクの続き 目次(201〜250) « ●スラムダンクの続き 目次 « Kの部屋

。 」 (彩子は桑田のことをくわちゃんと呼んでいる) 宮城 「だんだん上手くなってるよ。 ただ、鮮明に山王戦後をイメージできる内容になっています。 試合は拮抗。 しかし、いくら待っても再開する気配がないので、勝手に考えてみる。

Next

【妄想】10年来スラムダンクファンの私がの勝手に続きを考えてみた|くろねこ@ライティング×コンセプトメイキング|note

スピード、突破力があり自ら切れ込んで崩していくタイプのポイントガード。 概要を表示 ・Kが「」「」「」などなどを大いに語っており。 」 桜木「ぐっ・・・!相変わらず聞き分けの悪いキツネだ!」 (スタスタスタ・・・) 桜木の話を聞かずリングの方へ歩き出す流川。 高校バスケの3大大会といえばインターハイ、秋の国体、冬の選抜(ウィンターカップ)なのですが、『Kの部屋』では原作のスラムダンクでは描かれることのなかった 「国体編」や 「選抜編」についても書かれています。 間違いなく将来はプロとして活躍し、に挑戦することも考えられます。 バスケってどうしても背が高いやつが有利とか身体能力で見られるんだけど、そうじゃないってことを見せつけないと。 引き際の美学というのでしょうか。

Next

[B!] スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(0

敵ながらナイスプレイ、越野くん! 藤真に「すごいとぶな、あいつ!」と言わせるほどの宮城のジャンブ力、そしてブロック!いやー、宮城が活躍してくれると本当嬉しい!小柄の希望の星!(といっても、168センチって個人的にはそんなに小さいとは思いませんが…) やっぱりケンカ強いとバスケに生かせるの!?うーん、でもバスケのおかげでミッチーとりょーちんは仲間になれたわけだし、桜木軍団も堀田達も応援することによって自らケンカしなくても良くなったし。 ブログを運営主さんが体調を崩されて一時期中断しましたが、それでも10年以上も継続されているのはもの凄いことです。 1ルーキーで裏ボス。 その人気は日本だけにとどまらず、世界中に広がっている。 」 バスッ!バスッ! 反対側のゴールでは流川が黙々とシュート練習を繰り返していた。 勝てるレベルにはいたっていないが、ボールハンドリング、キープ力、シュート精度は少しずつ上がってきている。 「(左手は)添えるだけ!」大事なことなので、合計3回言いました! 桜木をスカウトした晴子さんも子供に手がかからなくなってきた感じの親みたいな切なさですかね。

Next