キラーズ セッション。 キラーズ・セッション あらすじ

キラーズ・セッション : 作品情報

何から何まで説明しなければならない訳ではないけれど、あらすじを読まないとストーリーは疎か主人公が殺し屋であることも、組織から抜けて人生を変えようとしていたこともわからない。 やがて、衝撃的な秘密が露わになり、裏切りと暴力の連鎖が始まる。 声をかけられただけで認められなかったと落胆するニーマンだったが、後日ビックバンドでの練習中、ーが明日から新ドラムとして彼のバンドのスタジオに来るように言われる。 やがて衝撃的な真実が明らかになり、セラピーは裏切りと暴力の宴となっていく・・・・って、全然衝撃でもないし殺人もアクションもショボショボ。 後日ニーマンの父と弁護士を交えた話し合いで、ーの元生徒ショーンは事故でなく首吊り自殺だったことが判明。 その後は二転三転の衝撃の展開!!・・・としたいのでしょうが、 『暗殺されたはずの上院議員が生きていた』も 『CIAが絡んでいた』も 『謎の女アリスが実はっ!』も、どれも衝撃の展開とは思えず、とにかく全てが茶番にしか感じません。 ある夜のセッション中、アメリカ上院議員とその暗殺者が殺された事件に、グループ内の誰かが関わっているという疑惑が持ち上がる。

Next

映画『キラー・セッション』あらすじとキャスト!劇場公開日は

友情や愛情の要素を排除した• この指導シーンを半端にしてしまっていたら、恐らくセッションはこれほど評価されていなかったでしょう。 「ワールド・エクストリーム・シネマ(WEC)2017」上映作品。 暗殺されたはずのカイル議員が生きていたという設定は面白いですがその後のグダグダ感はなんでしょうかね。 そんな彼のもとに最強の殺し屋が送り込まれ、殺し屋同士の激しい死闘が幕を開ける。 ラストのキャラバン 曲 ニーマンがステージへ舞い戻り、身勝手にもキャラバンを叩き始め、メンバーは困惑しながらも最高の演奏をする!このシーンいいですね!ジャズは即興の美学であり、名演は予想外のハプニングから生まれる!ということを地で行っています! ラストのドラムソロ ーはニーマンに何を見たか? ラストのドラムソロでニーマンは今までのーによる期待や恨みを、全てものともしない気迫を見せつけました!ーが最後に笑うシーンでは、予想の範疇を超えたニーマンに、ある種の敬意を感じていたように思います。 モーガンは屋上まで逃げ出し全員で後を追います。 それぞれが「最後の殺人から何日経ちました」と自己紹介しているとマーカスが遅刻してやってきました。

Next

映画『キラーズ・セッション』つまらないとしか言えない…(ネタバレ含)

ほぼ主人公と言ってもいいクリスタルを演じたエリザベス・モリスさんちょっとぽっちゃりし過ぎですね…。 今まで以上に音楽に没頭し、練習の邪魔だと彼女のニコルも振ってしまう。 そもそも何度も開催されて顔なじみのはずなのに、まるで第一回目であるかのような告白を始めるってトコからして「本気で脚本を練っていない」というのが伝わる萎え要素でもあり。 メンバーたちは互いに誰も信用できない。 急に変ったアリスに誰なんだと一同は訴えると「新しいボスよ」とジョアンナが現われました。 『シン・シティ』や『ファンタスティック・フォー』など"世界一セクシーな女優"で知られるジェシカ・アルバや、世界的なモデルで近年『名探偵ピカチュウ』など話題作への出演など注目を集めるスーキー・ウォーターハウス共演。

Next

映画『キラーズ・セッション』つまらないとしか言えない…(ネタバレ含)

ゲイリー・オールドマンとジェシカ・アルバを加点要素としても、観る価値無し。 「堕落したCIAが政界に入ると堕落した上院議員になり賄賂まみれのしょーもない大統領になる。 元カノのニコルにコンテストに来るよう声を掛けるが、彼女はすでに他の人と付き合っていた。 映画の感想に正しいも間違いもない』という信念で文章を綴るよう心掛けているつもりなのですが、この映画だけは本当に「面白いと言っている人が理解できない」と感じてしまいました。 ジェイドが失敗したので計画は一時中止と聞かされていたジョアンナは「あんたは何者だ」と銃口をアリスに向けます。

Next

キラー・セッション : 作品情報

会場全体が彼一点を見つめている中での圧巻のドラムソロ、そしてエンディング! セッションのラストシーンは、のドラムソロのオマージュではないでしょうか。 主人公の心の揺れとか潜んでいるヤツと追うヤツという構図とかを楽しむ感じなんだろうけど、心境の移り変わりはみてとれないし、駆け引きどころか途中で絡むところすらある訳じゃなくて、しまいにはコロンビアの殺し屋の凄さは潜んじゃうし、激しいやり取りもなくて拍子抜け。 参考映像:エリック・ヴァレット監督作品『ワン・ミス・コール』 今作の演出はジャパニーズホラー『着信アリ』のリメイク版『ワン・ミス・コール』の監督を務め、ハリウッドでも活躍する俊英エリック・ヴァレット監督。 学生が音楽の狂気を追求した• アリスは完了しましたと向かいのビルにいる男に報告しました。 そのバウンサーと偶然出くわし、自分だけは水に流していたのでわざわざ声をかけたせいで殴られ狙撃拠点に入れなかった、そうゆう事か」と聞きます。 コンテストの演奏がいざ始まろうというとき、ーはニーマンに近づき、 お前が密告したことはわかっていると毒づく。 もう彼らは完全に客寄せパンダとして使われているだけです。

Next

キラーズ・セッション : 作品情報

中盤もどうでも良い… 『殺人依存者たちのグループセラピー』という設定自体は悪くはないんです。 殺人の哲学を語り合わせるのは暗殺者を管理するためなのでグループには必要だとジョアンナは語ります。 2017年製作/104分/フランス 原題:Le serpent aux mille coupures 配給:クロックワークス スタッフ・キャスト フランスの農村で偶然巻き起こるプロの殺し屋同士の戦い。 アリスはやっぱり居心地が悪いと思い帰ろうとすると「あんた誰」とクリスタルにナイフを突き付けられます。 ラストシーンはのオマージュ? ドラムソロから始まる下記ライブ映像は必見。 暗殺者を追う暗殺者、トッドは目撃者や関係者を次々に殺傷しながら裏取引を壊したターゲットを追い詰めていくのだが…。 ここからネタバレを含むよ!! 序盤から嫌な予感が… とにかく冒頭から違和感を感じるこの映画。

Next