アクリル 酸 メチル。 α

アクリル酸エステル

However, the NTP recently determined that these data were not relevant to human carcinogenicity since humans do not have a fore stomach, and removed ethyl acrylate from its list of carcinogens. 01~2. 発熱素子、電気ストーブ等 鉛白(シルバーホワイト) 1. 皮膚刺激又は発疹が生じた場合は、医師の診断、手当てを受けること。 13.廃棄上の注意: 残余廃棄物: 廃棄の前に、可能な限り無害化、安定化及び中和等の処理を行って危険有害性のレベルを低い状態にする。 ethylakrylat czech• 床に漏れた状態で放置すると、滑り易くスリップ事故の原因となるため注意する。 ) 皮膚刺激又は発しんが生じた場合:医師の診断、手当てを受けること。 Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:2011)によると、• 3587 0. 環境への放出を避けること。

Next

アクリル酸

酸化剤、過酸化物、強酸、強塩基と反応する。 先の12週間吸入ばく露試験のガイダンス値範囲を超える2. 安全性プロファイル Poison by ingestion and intraperitoneal routes. 42 0. The acid is treated with ethanol to yield the ethyl ester. 環境に対する注意事項: 河川等に排出され、環境へ影響を起こさないように注意する。 4624~1. 緊急時応急措置指針番号 129P 15.適用法令 法規制情報は作成年月日時点に基づいて記載されております。 75 アルマイト処理、アルミの表面処理 ニッケル 1. 53~1. 他の樹脂プラスチックと比べると吸水率は比較的多い方であり、湿度が高い場所等の保管には注意が必要となります。 63~ 白色顔料 チタニウム 2. 粘着剤? 471~1. 64 0. 施錠して保管すること。 61 タングステン 2. 376 0. 汚染容器及び包装: 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規並びに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 汚染された作業衣は作業場から出さないこと。

Next

アクリル酸

82 スポンジ、自動車の内外装 アクリル樹脂 1. 77 光学ガラス(SF15) 1. 80 眼鏡レンズ(標準屈折率)、ハードコンタクトレンズ ウレタンゴム 1. 83 サラダ油、マーガリン、ショートニング、印刷インキ 向日葵油 1. GHS分類:区分2(腎臓)。 工業的に用いられる主な製造法ではと(青酸)を原料とし、を中間体とする。 医師に対する特別な注意事項: 安静と症状の医学的な経過観察が必要。 The acid is reacted with methanol to yield the ester. 漏洩しても火災が発生していない場合、密閉性の高い、不浸透性の保護衣を着用する。 プロピレンを存在下にで酸化してとし、さらにもう一段階の酸化によりアクリル酸とする。 引火点が極めて低い:散水以外の消火剤で消火の効果がない大きな火災の場合には散水する。

Next

アクリル酸メチル及びアクロレインについての健康障害防止措置について |新着情報|独立行政法人 労働者健康安全機構 愛媛産業保健総合支援センター

ETHYL 2-PROPENOATE• 汚染容器及び包装 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規並びに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 48~1. 48 0. 比重 密度 : 0. 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品 (スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品 (シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。 高熱工程でミストが発生するときは、空気汚染物質を管理濃度・許容濃度以下に保つために換気装置を設置する。 関係者以外の立入りを禁止する。 経皮吸収性がある。

Next

ドーロガード工法

ethylesterkyselinyakrylove• 10円硬貨、銅鐸、銅剣、銅鏡 ジュラルミン 1. Ethylacrylaat• 78 レントゲン造影剤、塗料、顔料 硫化銅 1. 76 光学ガラス(SF18) 1. 6~2. 局所排気・全体換気: 「8.ばく露防止及び保護措置」に記載の局所排気・全体換気を行なう。 : 1247 Proper Shipping Name: Methyl methacrylate, monomer, stabilized Class: 3 Packing Group: II 国内規制 陸上規制情報 消防法の規定に従う。 It is also used as a pesticide intermediate and in pharmaceutical manufacture. Ethylakrylat• , 1974. 加熱により容器が爆発するおそれがある。 It is soluble in water and completely miscible with most organic solvents. 略称 PMMA)による透明固体材は アクリルガラスとも呼ばれる。 医師の手当、診断を受けること。 81 カバンシ石(カバンサイト) 1. When heated to decomposition it emits acrid smoke and irritating fumes. 多量の場合、人を安全な場所に退避させる。 皮膚に付着した場合: 汚染された衣類を脱ぐこと。

Next

アクリル酸エステル

73 0. 81 光学レンズ接合樹脂 クロロプレンゴム 1. 83 サラダ油、塗料、印刷インキ 蓖麻子油 1. 75 0. なお、ヒトで接触またはばく露により皮膚にアレルギー反応が認められた事例を含め、本物質に皮膚感作性があることを示唆する多くの報告(NITE初期リスク評価書 95 2008 、環境省リスク評価 第7巻 2009 、PATTY 5th, 2001 、DFGMAK-Doc. なので、防弾ガラスなどに使用されやすいのはポリカーボネートとなります。 56~1. 熱、火花、裸火、高温のもののような着火源から遠ざけること。 67 ナポリ黄(黄色顔料) 酸化水酸化鉄 2. 16 2001 )がある。 最も重要な兆候及び症状: 応急措置をする者の保護: 火気に注意する。 空気中の濃度をばく露限度以下に保つために排気用の換気を行うこと。 83 サラダ油、マーガリン、ショートニング 米油 1. 72825 0. Flammable liquid. 静電気放電に対する予防措置を講ずること。

Next