スカーレット スーパー ノヴァ ドラゴン。 【リゾネデッキ考察】新ルールで手札2枚からスパノヴァ+アビス【ETCO】

「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」の効果と出し方の考察!!チューナー3体をどう揃えるかが鍵!!これが王者のトリプルチューニングか!?

言うなればリボルバー版青眼の究極竜やサイバー・エンド・ドラゴンとも言うべき存在です。 強力であるのには間違いないが、昨今の強力な除去をしのぎ切らせるには心もとない。 そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 はスカーレッドだと「Scarred(傷痕が残った)」になるためか、単に「レッド・ノヴァ・ドラゴン」になっている。 ゼクスZ/X• それを応用することで、《スカーレッド・・ドラゴン》をできます。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 《Em ダメージ・》とかでもありかもですね〜。

Next

《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》ジャックでも頑張れば出せる、遊星なら簡単に出せる

1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 さらに及びそのとして扱えるは、でのをしてしまう恐れがある。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 《真炎の爆発》もあわせて使うとさらに強力です。 ジャック・デッキでは出しづらかったのがこいつのおかげでかなり出しやすくなりました。 このようにスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンの方が総合的にみて使いやすく、新たなシンクロモンスターのチューナーが出ることでシューティング・スターの召喚のしやすさが改善でもしない限りはスカーレッド・ノヴァの方が強いと言えるでしょう。 荒ぶる魂よ、天地創造の叫びをあげよ。

Next

【スーパーノヴァって】《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》【超新星って意味らしいよ】 / 岡山西口店の店舗ブログ

破壊耐性のお陰である程度は様子見しやすい。 点追加しておきます。 と3でまたはをし、さらにと2の組み合わせで可能。 2019年7月31日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第7期投票では第5位にランクインした。 ラスト・クロニクル• 12の及び、を2体要求する初のである。

Next

遊戯王 スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン

それを利用して相手が囮を除外させてその後に大量展開をしてくるということもあり得るので このカードの高い攻撃力や効果破壊耐性を鑑みてマストカウンターを狙うと良いでしょう。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 原典通り、耐性は相手からの破壊を完全にシャットアウトする。 スカノヴァの進化系、初の ? チューナー3体指定のシンクロである。 デュエルマスターズ• また、このはのに対してのみ有効なので、のやからは守れない点を忘れないようにしたい。

Next

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン (すかーれっどのゔぁどらごん)とは【ピクシブ百科事典】

対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、 対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。 レッドグAef クリムゾン蘇生• このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 「ノヴァ」と併せて、「赤き超新星の」と説明されている。 余談だが、の名と似ている。 その他カード• なお、2体以上を使用してもできるには既にが存在する。 2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。

Next

【スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン効果考察】奇跡のトリプルチューニング!どう出す?

4 :このカードの 3 の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 「ジャンク・スピーダー」使用 「ジャンク・スピーダー」を使って 3体のレベルの合計が 7になるように 「シンクロン」チューナーをリクルートすればトリプルチューニングが狙えます。 では遊星にも専用ボイスがついたが、アニメの再現かジャック以外はできないのを反映したのか、のボイスはなくのボイスのみ収録されている。 しかし、処理方法がある程度限られているというのは事実であり、展開ルートさえきちっと確保できれば強力な武器になる事は間違いないはずです。

Next

遊戯王のスカーレットノヴァドラゴンとシューティングスタードラゴンは...

自分で使ったブラックホールに巻き込まれて死んでも泣かない。 ジャックのファンデッキなら出来るだけこの方法を使いたい所ですが、 「チェーン・リゾネーター」に召喚権を温存するために 「レッド・ライジング・ドラゴン」を通常召喚無しでシンクロ召喚しなければならなかったりとハードルは高めです。 まずは効果について考察していきます。 超新星として帰ってきたスカノヴァ。 除外されているこのカードを特殊召喚する。

Next