公 的 病院 再編 リスト。 再編必要な岡山県内13病院公表 関係者困惑、冷静受け止めも:山陽新聞デジタル|さんデジ

厚労省はなぜ病院再編・統合が必要な病院名を公表したのか?【最新ニュース】

このため、実名公表で病床数削減に本格的に乗り出す姿勢を示したわけだ。 現行の制度のままでは、制度崩壊が目に見えているので、手を入れる必要があります。 6%)が上位に入りました(図1)。 救急、小児などの採算がとりにくい部門や、災害などの分野を担うことも期待されている。 民間病院と併せて、地域の医療体制のありかたを検討すべきだ」(毎日9月29日)と、民間を巻き込んだ議論を求めるのも、各紙、共通だ。 ただ、すんなり進むかは大いに疑問だ。

Next

「再編必要」424病院公表…公立・公的 厚労省、入院効率化へ : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

女性は何度か大病を患ったが、その度に鳴門病院で治療を受けてきた。 みなさんの身近な病院がなくなってしまう可能性が出てきているのです! 今回、厚労省が発表した再編や統合が必要とされる病院リストを見てみると、特に地方や田舎の病院が多く挙がっています。 並行して、病院経営効率化のための一般社団法人Healthcare Opsを2017年に設立し活動。 今回公表された424病院は公立・公的病院全体の3割弱に当たる。 地域医療構想で実際に必要とされる119万1000床より2万7000床多い。 地域医療構想調整会議に示す方針だ。

Next

「再編・統合の検討が必要」全国424病院の一覧 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

さらに公立病院の中には赤字経営に苦しむところも多く自治体からの繰入金は総額で年間8000億円に上っています。 こうした方向性はわかっていても、スパッと割り切れない各紙の書きぶりが、この問題の難しさを印象付ける。 市町村の財政支援によって、病院機能を維持している病院は地方には特に多くあります。 そのことを問われたのですが、加藤勝信厚労相は、国の方針に変わりがないことを示したのです」 病院の再編統合を進めれば、当然ながら病院は減っていく。 今回の厚労省の調査結果では、がんや救急医療など9項目の診療実績と、競合する病院が車で20分以内にあるかを判断して再編・統合を促しているが、府内4病院には地域医療の拠点として多様な役割がある。 不要な長期入院を招く原因とされる。 どう打開していくか。

Next

厚労省、424公立・公的病院に再編要請へ(病院名一覧つき)

地域医療のあり方が問われる(イメージ)• 沖縄だけは対象病院がなかった。 通院している嘉麻市内の女性(74)は「統廃合されたら飯塚市まで行かねばならず、通院が面倒。 「これまで通り脊髄損傷、脊椎疾患に対し最先端の治療を提供できる病院であり続けたい」と話した。 残念ですが繰入金を含めても赤字の病院は再編されてやむなしだと思います。 2018年には公衆衛生修士をリバプール大学のオンラインコースで取得。 上記のグラフのとおり、2017年のデータでは、OECD加盟35カ国中6位と比較的高い順位に位置しています。

Next

三国病院や織田病院が再編統合対象 厚労省公表、あわら病院や高浜病院も

厚生労働省が公表した、再編統合の検討などが必要な県内18の公的病院のうち、7病院が医療圏内で、院長からは国の方針に戸惑いの声が相次いだ。 県内平均を大きく上回る高齢化率35・3%の同町にあって、内科や外科、眼科もある同病院は地域医療を支えている。 背景には医療費が急速に膨らむ中、病床数の適正化が進まないことへのいら立ちがある。 こうした病院について、地域の事情を考慮した上で、例えば「機能分化」や「ダウンサイジング」を含めた再編統合の必要性を検証することが求められるのです。 このため、厚労省は10月、自治体や病院関係者との意見交換会を急遽、全国7ブロックで開いた。 一方、厚労省の分析から外れた197病院には診療実績の報告がないなどの不備があったとして、改めて再編の検討を要請する。 ...... そうなると、 地域包括ケアの実践に尽力してきた医療・福祉・介護関係者の努力が水の泡となりかねない事態とも言えますね。

Next

「公的病院再編」大反発招いた厚労省の読み違い とはいえ見直しは避けられない(2019年12月15日)|BIGLOBEニュース

再検証期限、「2019年度中に機能を再検証し、再編統合は2020年秋まで」とされるが・・・ 昨年(2019年)9月26日に開催された地域医療構想に関するワーキンググループ(「医療計画の見直し等に関する検討会」の下部組織、以下、ワーキング)において、424の公立・公的等医療機関について「機能の再検証を求めるべきではないか」との方針が固められました。 現在8000あまりある病院の数は明らかに多いです。 まっ先に声を上げたのは、公立病院の開設者である都道府県知事、市町村長たちです。 たしかに自分が住む近くの病院がなくなれば不便になる、困るという思いがあるのは分かります。 バス代が余計にかかるため、経済的負担も大きい」と指摘。 民間議員は厚労省に対し、病床が過剰な地域では民間病院についても再編の必要性を分析するように求め、病床の整理に積極的な民間病院には「今後3年程度に限って集中再編期間として、大胆に財政支援をすべきだ」と提言した。 そして現在の病院経営はとても厳しいです。

Next

厚労省の424病院再編リスト/地方から猛反発/“住民にとって医療サービス後退”

厚労省はこの日の会合で病院名を明らかにした。 ただし、国が出した診療実績のデータは適切なのか? 診療実績のデータだけで配慮に欠けてはいないか? 私は以下の点を指摘したいと思う。 厚労省が医療機能を見直す方法は、ボトムアップ型で「代替可能性がある」または「診療実績が少ない」という点が考慮のポイントとされています。 厚労省が再編・統合の検討対象とした京都府内の病院の評価 厚生労働省が医療費抑制のため、「再編・統合の議論が必要」として公表した全国424の公立・公的病院では、京都府内の4病院が対象となった。 医療に使われるお金の総額(国民医療費)は右肩上がりで増え、2000年度の30兆円が2018年度には45兆円に達しており、2025年度には4兆円に膨らむとされる。 人口減少、高齢化社会に対して抜本的な対策を示せるのでしょうか。 たとえ公立・公的病院と民間病院が同じ機能同じ実績であったとしても片方は赤字でも補てんされる、もう片方はつぶれるとなればそれらを同列に比べることがおかしいのです。

Next