コロナ ウィルス 細菌 兵器。 新型コロナウィルスは生物化学兵器│気になる情報

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

流行の中心地がたまたま中国で唯一のレベル4の研究所がある、人口1100万人の都市だというのはいかがなものか。 公衆衛生上、特別の準備を必要とする。 また、で天然痘が繰り返し発生したが、これも細菌戦としておこなわれたという。 の が である証拠です。 カナダの研究所はウイルスの株を育て、カナダで使用されている診断テストを評価するためにそれを使用しました。

Next

新型コロナウィルスは生物化学兵器│気になる情報

栄養を摂取し、そこからエネルギーを生産している• — ゴンダイモモ gondaimomo 新型肺炎は武漢の生物兵器だと憶測が高まり、 米国は本格的に調査に乗り出しています。 発症後数時間でいきなり重症化したり、 退院間近で急激に再燃したり…… ニューヨーカー 「未だに満員電車通勤の日本は信じられない」 「自粛などと平和ボケを言う段階じゃない」 情報統制 SARSの隠ぺいで世界中から攻められ、 懲りたはずが、新コロで1ヶ月隠ぺい…… 何か「隠したいこと」があったのか? 言論の自由なし 中国では情報統制があり、 GoogleもTwitterもFacebookも使えない。 収束しようが感染爆発しようが、 我々は「活動」をしなくてはいけない。 Be transparent! 調査後、この事件はているます。 さらに、2017年8月に、国民健康委員会中国の武漢施設で、エボラ、ニパ、クリミアコンゴ出血熱ウイルスに関する研究活動を承認しました。 Anthony T. しかし、重要な点が1つある。 ただし、 その場合はアウトブレイクが武漢でなく、 もっと田舎の都市だっただろう。

Next

燻る「新型ウイルス=生物兵器」説、専門家が解説 コロナウイルス問題の背後に「中台対峙」の可能性示唆(1/3)

スパイクを使って生物に侵入するので、 その構造で侵入できる生物が決まる。 org)は、アウトブレイク(集団感染)を起こした病原体の博物館のようなものだ。 本記事は『財新』の提供記事です 石正麗は、中国科学院の新興および劇症ウイルスとバイオセーフティーの重点実験施設の主任や武漢ウイルス研究所新興感染症研究センターの主任、河北省科学技術庁「2019新型肺炎救急科学技術難関攻略研究プロジェクト」救急難関攻略専門家グループのグループ長を務めている。 新型コロナの危険度 ウイルスの危険度は 「感染力」「毒性」で判断される。 Fouchierは、Zakiから送信されたサンプルからウイルスをシーケンスしました。 知られたくないこと もし自然災害であるのならば、 誰の責任でもない。

Next

人民解放軍の生物化学兵器部門最高責任者の女性少将が武漢ウイルス研究所に着任、新型コロナウイルス肺炎対策は気分と自然免疫を上げて乗り切れ!|坂崎文明|note

今この話が世界的に知られるようになったのは中国政府が発表したからではなく、すでに海外で感染者が出てしまい隠しおおせる事態ではなくなってしまったからである。 4か月後の2019年7月、 グループが (NML)。 実際には、新型コロナウイルスが「進行性リンパ球の減少」を引き起こす可能性があるという証拠はある。 ただ、国際条約で実験が許されるウイルスは限られており、大量破壊兵器になる恐れのある細菌兵器は基本、研究禁止になっており、万一にも新型コロナウイルスが実験で生まれたものだったなら重大な国際条約違反になってしまう。 直後に公安から「虚偽の発言をした」 「社会の秩序を著しく乱す」と、 摘発された。 これらは根拠に欠ける記事が多い。

Next

新型コロナウイルスは生物兵器だった?陰謀論の真相がヤバい!

動植物の細胞に入り込んだウイルスは、その細胞の機能を使って自身のコピーを増やしていきます。 石正麗のチームはかつて2017年に、SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスがいくつかのコウモリを起源とする、SARS型コロナウイルスが変異したものであることを突き止めた。 偶然にも、武漢国立生物安全研究所は、武漢コロナウイルスと呼ばれるコロナウイルスの発生の震源地である華南シーフード市場からわずか20マイルの距離に位置しています。 2018年、米国大使館職員は 武漢市の研究施設を数回訪問した。 おそらくその原因は、 海鮮市場からたった280メートルの距離にある 「武漢市疾病予防コントロールセンター」だろうということです。

Next

新型コロナウイルスが人口削減のための生物兵器の可能性高まる

トランプ 「多くの怪しい点がある」 「その地域にコウモリはいない」 「売られてもいない」 「現地調査で真実を突き止める」 新型コロナの発生源はどこか? 長江源流域から単離した新型の自然株を 武漢の研究施設まで持ってきた。 これは自然界で最も危険なウイルスを手にすることを意味し、致死力を高めるためにそれらの特性を操作することもできる。 レポートによれば、このセンターは 動物実験を目的に、 湖北省で155匹、 浙江省で450匹のコウモリを捕獲していたそうです。 だったらどうして患者の数が数人だった12月の時点できちんとした対策を取らなかったのだろうか? 中国の野外市場が不衛生なのは地元に行ったことがある人ならだれでも知っていることだ。 中国当局が主張していた「海鮮市場説」を 自らが否定したのである。

Next