一般 相対 性 理論 を 一歩 一歩 数式 で 理解 する。 石井俊全『一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する』から「楽問」を考える。

スカイツリーの上は地上よりも時間が早く進む!?相対性理論とは

時間の進み方は一定ではなく、いる場所によって早くなったり遅くなったりするというのです。 重力場の方程式の一番単純な解から、重力波の方程式までを解説します。 これを仮定して、いろんな理論を積み上げていきました。 ほぼ今日のつぶやきをまとめただけだが、普段よく考える問題意識、の・ようなものが少しだけ具体的になってきた気はする。 本書は、相対性理論を理解するのに必要な知識を獲得するところから始まり、はじめから一歩一歩着実に、「一般相対性理論」を数式で理解できるよう、徹底的に詳しく解説していきます。 これは表面的な概念だけで語れるようなものではありません。 これは表面的な概念だけで語れるようなものではありません。

Next

一般相対論の勉強法(その2)

これは表面的な概念だけで語れるようなものではありません。 熱いストーブの上に1分間手を当ててみて下さい、 まるで1時間位に感じられる では可愛い女の子と一緒に1時間座っているとどうだろう、 まるで1分間ぐらいにしか感じられない。 でも、相対性理論においては、この 1秒というのが変化します。 輸送区分: 航空便 船便 輸送方法をお選び下さい) [BOOK著者紹介情報] 石井俊全[イシイトシアキ] 1965年、東京生まれ。 次に、相対論を読むときの第一関門となる「テンソル」を具体的な計算をしながら説明します。 ちなみに、地球からロケットを見た時、ロケットの時間はゆっくりと進んでいるように見えます。 そこで私はひとまず「ファンタジー」として評価してみたわけだが、これは私の属する「文化」に引きつけた見方である。

Next

一般相対論の勉強法(その2)

これは表面的な概念だけで語れるようなものではありません。 あらかじめご了承ください。 だから考えを整理するために上のような図式を考えてみたのだろう。 配送方法は ・ 宅配便(ゆうパック) ・ ゆうメール の2種類より、お選びいただけます。 DVD• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• 以前読もうとして、あまりにも物理的説明を度外視しているのでイメージが全くわかず、挫折した事がある。

Next

一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する / 石井俊全 〔本〕 :7456334:HMV&BOOKS online Yahoo!店

だからネット書店ではリアルな書店を代替できない。 直線のテンソルを分かったところで、いったん特殊相対性理論に進みます。 これを思いつき、さらに物理系として完成させてしまったことが、アインシュタインのすごさなのです。 でも、僕も物理系の人間の端くれとして、生きている間になんとかして少しでも理解を深められたらと思っています。 もしかして、光って速度が一定なんじゃないの…? 皆さんが地球上のどこにいてもすぐに場所が把握できるのは、紛れもなく相対性理論のおかげなのです。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。

Next

一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する 電子書籍版 / 著:石井俊全 :B00160758994:ebookjapan

最後に一般相対論のキーコンセプトとなる曲率の概念を手に入れれば、あとは一気に一般相対性理論を理解することができます。 よく、「光の速さで動くロケットに乗った人は、ぜんぜん歳を取らない」みたいな話がありますよね。 「業界の枠の中で書く」とは、つまりそういう事だ。 また何か新しいことがわかったらこの記事に追記していこうと思うので、皆さんもちょくちょく覗きにきてください!. つまり内容は実在の物理学だが、異なるカテゴリーの本(学習参考書)として書いている。 記入データは「注文状況」欄に表記されます。 結局、前野さんが、の良い本を書いてくれて、石井さんが、の良い本を書いてくれたので、古典論に関して、私は本を書かなくても良いんじゃないかな、と思うようになった。

Next

理系の大学を中退した50間近のおじさんが一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する事は可能なのか

相対性理論でわかること• と表せることがわかる。 さらに、一般相対性理論が必要なのは天体に限った話ではありません。 入手できないこともございます。 当時に示した様々な予測が、顕微鏡やコンピューターを含む現代の技術革新によって、次々と証明されています(ブラックホール、重力赤方偏移、重力レンズ効果等)。 また、和 なごみ 講師の石井俊全先生の一般相対性理論のテキストもおすすめです。 要旨 この本は、高校の数学・物理を履修した人向けに書かれています。

Next