ラベンハム キルティング ジャケット。 ラベンハム( LAVENHAM )英国王室御用達、元祖キルティングジャケットブランドに迫る

LAVENHAM(ラベンハム)のキルティングジャケット最新アイテム&コーディネート徹底解説 | VOKKA [ヴォッカ]

でもでも、好みや似合うものは人それぞれですし、50歳もいろいろですし。 初めてのキルティングはラベンハムで。 ジェントルマン御用達のキルティングジャケットのパイオニアブランドである、ラベンハムに、迫ります。 日本別注モデルはサイズが異なることがあるので注意して下さい。 ナイロン・キルティングのホース・ブランケットで人気を博したラベンハムは、ファッションとしても地位を確立し、デザイン性、高品質、実用的で耐久性にも優れ、世界中で愛されています。 キルティング自体は一般的な製法ですが、ラベンハムは長年このキルティングにこだわり、英国の自社工場で全てを手がけているスペシャリストであることが、「キルティングジャケットの代名詞」と呼ばれる所以でもあります。 もうそろそろ活躍する季節ですね。

Next

LAVENHAM

すっきりとしたシルエットが特徴の人気モデルですが、着丈が若干短く、ビジネスで着用しようとするとジャケットの裾が出てしまうこともありました。 かと言って ナイロン製なので、シワを伸ばす為にアイロン掛けする訳にもいきません💦 上記3点のデメリットは、ドライクリーニングであれば発生しないと思いますので、デメリットが気になる方は お店に出すことをオススメします! ちなみに私は手洗いしたことを後悔してるかって? 答えはNOで、服は匂い重視派なので全く後悔してません🤗 よって、 柔軟剤の良い匂いをお求めの方のみ、ラベンハムのキルティングジャケットの 手洗いをオススメします🌸. 長く大切に使いたいです。 カラーは、基本的には、OLIVE、CORK、OCHER、RED、ROYAL PURPLE、SUFFOLK NAVY、BLACKの全7色展開されていますが、取扱いショップとのコラボの別注カラーや、リバティー柄、カモフラ柄などもイレギュラーで毎年登場しています。 エリオットによって設立されている。 いまでこそ、さまざまなブランドがキルティング・ジャケットを発売しているが、そのオリジナルはラベンハムなのだ! 馬用の毛布がオリジナル ラベンハムは、 1969年にロンドン北東部に位置するサフォーク州の小さな村LAVENHAMで、 Mrs. 当時の物はジュート麻で作られたものが多く、保温性が悪く濡れやすかったことからMrs. 日本正規代理店のBritish Madeで購入(店舗、通販)• 1ポンド141円で日本円に換算すると 約6200円! 結構原価高いと思いませんか?動画を見て分かるように、一工程ごとに人の手が入っており、キルティング生地の品質はもちろん、縫製の手間がかかっているためこの原価なのだと思います。 強度もアップし、撥水加工もされています。 (背が小さめなので大事なところなんです笑) 内ポケットもあり ちなみにクレイドンには内ポケットが設けられています。

Next

ラベンハムのキルティングジャケットを紐解く、4つのキーワード

ラベンハム Lavenham とは 出典: ラベンハム(LAVENHAM)とは英国で生まれたキルティングジャケットメーカーです。 【LAVENHAM】は1969年に設立され、元々はキルティング加工を施した生地を使ってエリザベス女王の乗られる馬用の毛布(ホース・ブランケット)を作成したことから始まり、乗馬用具業界での地位を確立した後、愛好家自身が着用するジャケットの要望に応えると共に、1978年に発表されたダイヤモンド・キルティング・ジャケット以降、高いファッション性と高品質を兼ね備えた人気ブランドへと成長している英国ブランドです。 ポリエステルの中綿をカバーした生地を上からステッチで縫い合わせることで、内側の綿のズレを防いだのです。 ぜひお手元にある製品や店頭の商品と見比べてご覧ください。 ファッション関係者でも馴染みのないこのブランドは、ロンドンメイドに拘るデニムファクトリーで、2016年にローンチされたばかりのブランドです。 5cm 約63cm 38 約75cm 約44cm 約54. 自社工場で一貫して作られるラベンハムのジャケットは、生地、スタッド、ウェッビング等を厳選し、1着ずつ丁寧に縫製。

Next

ラベンハム(LAVENHAM) レディースコート

- 12月 24, 2017 at 12:37午前 PST クラシカルでオーセンティックなデニムプロダクツに拘るブランドで、英国メイドではなく、あくまでロンドンメイドに拘る、世界でも類を見ないデニムファクトリーです。 さらに2014年秋冬シーズンより採用されている「ラブンスター」と呼ばれる表のポリエステル生地は、軽撥水が施され、耐水性や耐汚染性も高めているので、表地においても水に対する対策を進化させているのです。 この辺はジャケットっぽいですね。 そのため、着る人の姿勢や動作にもっと柔軟に対応できるジャケットへとアップデートを果たしました。 創設者のミセス・エリオットが発案したホースブランケットは、多くの乗馬愛好家の要望でダイヤモンドキルティングジャケットの誕生につながり、現在ではファッションブランドとして英国を代表する地位を確立しています。 デニム生地に裏にボアを備えた、温かみを感じられるキルティングジャケットです。 5cm 63. 定番のキルティングジャケットの表地はポリエステル100%で、 2014年よりラブンスターという従来よりもマットな風合いで、撥水加工のされた高密度のポリエステル素材が採用されています。

Next

LAVENHAM(ラベンハム)|キルティングジャケット「RAYDON(レイドン)」レビュー

この工場の様子については、過去に工場を取材したをご覧ください。 ラグジュアリーブランドや、感度の高いセレクトショップとのコラボレーションはお馴染みのラベンハムですが、デニムファクトリーとのコラボレーションはおそらく初の試みのように思います。 日常のお手入れ、使用方法 丈夫なので神経を使って丁寧にケアする必要はないかもしれません。 ほかに並行輸入品などでは パープル(ROYAL PURPLE)、 グレー(REGENT GRAY)、 ホワイト(WHITE CLIFF)、 カーキ(OLIVE GREEN)も発売されています。 安心して修理ご依頼ください。 ホースブランケットとは、馬の為の毛布の事です。

Next

LAVENHAM(ラベンハム)

キルティングジャケットのパイオニアであるラベンハム LAVENHAM。 色はSUFFOLK NAVY。 5cm 40 約77cm 約45cm 約56. 個人的には、フォーマル、クラシックな服装と相性が良いと思います。 ご自分に合ったジャケットが見つかるといいですね。 工場の場所は、現在はその生誕の地から少し離れたサドバリーという町に移りましたが、変わらず英国工場で一貫した生産を続けています。 苦笑) ただ、会社には着て行きません。 FACTORY• 1969年に英国の地でホースブランケットからスタートして以来、キルティング素材にこだわりアイテムを生産し続けるブランド、ラベンハム。

Next