ドナウ 川 が 最終 的 に 注い で いる 海 は。 ドナウ・デルタ

ドナウ・デルタ

ドナウの両岸がローマ帝国の支配下に置かれていたのはこの ダキア(現在のルーマニア西部)のみであり、残りはドナウ川をそのまま国境としていた。 その後は下流域となり、平原をとルーマニアの国境をなしながら500kmにわたって流れていく。 中流部のハンガリー平原にはやなどのが押し寄せ、そこからマジャール人によるが成立してその領域となる。 その後、でをあわせると同時に南東へと向きを変える。 :交響詩『ドナウ』• 「ベラン世界地理体系8 ロシア・中央アジア」p173 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2011年6月20日初版第1刷• ここは長い間難所として知られてきたが、現在ではダムの建設によって水位が上がり、穏やかな流れとなっている。

Next

青空の下で。

これはケルト語の ys に由来する。 フルトヴァンゲンには鉄道はないが、ドナウエッシンゲンおよび近隣の町(ドイツ最大ので有名な町。 第一次世界大戦後には新たにが設立され、航行の上限であるドイツのウルムにまで管理区域が拡大されたが、第二次世界大戦後、にはの指導下の元、が諸国間で締結された。 しかしブルガリアはこの地の奪還を悲願とし、以後30年以上、南ドブロジャはバルカン半島の火種であり続けた。 国際関係 [ ] ドナウ委員会加盟国: 本加盟国 オブザーバー ドナウ川は古くより諸国の重要なやの拠点として機能していたが、などいくつかのやがあり、から部まで直接ですることは近年まで不可能であった。 チェルナヴォダは交通の要衝であり、西岸のとにカロル1世橋で結ばれて以降、ドナウ-黒海運河のほか、首都と黒海沿岸の貿易港を結ぶ道路・鉄道・水運すべてがこの町を通る。

Next

ドナウ川

だがその一方で、同河川の東岸エリアの国々においては『法の支配の尊重』という意識が低い点から「法の支配を支える機関への政治的圧力や汚職がそれを妨げている」と指摘する声が多く、特にハンガリー政府と欧州委員会はその点を巡ってこれまで何度も衝突して来ている為、今後の進展は同エリアの出方に掛かっているとも捉えられる面がある。 彫刻などで飾られともなっているが、しかし実際はブリガッハ川に注ぐ支流であり、ここが上の源泉とは見做されない。 終結後、によってがなくなると、ドナウ川流域の交流は再び盛んとなった。 自然 [ ] デルタの無数の湖や沼地は、45種のに加えて、300種の、更に1,200を越える植物の亜種を擁している。 その後、の街を通ったのち、の町で再びドナウは東に向かい、とルーマニアの国境をなす。 ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ『ドナウの岸辺から』(作品356)• 全長は2,850 km。

Next

ドナウ・デルタ

しかし分割されたをめぐって争いが絶えなかった上、それまで統合されていた広大な領域が分割されたためにが崩壊し、ドナウ連邦の考え方はほぼ消滅してしまった。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 「門」で隔てられているとはいえ、ブラチスラヴァとウィーンの距離は60kmにすぎず、オーストリア・ハンガリー帝国時代までは密接な交流があった。 地理 [ ] ドナウの泉(ドナウエッシンゲン) ドナウ川の名称は、地方の町 でのとが合流する地点において、初めてその名が生まれる。 南部の森林地帯「(黒い森)」に端を発し、概ね東から南東方向に流れ、東欧各国を含む10ヶ国を通ってに注ぐ重要なである。 にはブダとペストの間にはじめてが架けられ、にはブダとペストが合併して市が誕生し、ハンガリーの中心として栄えた。

Next

ドナウ川

のちにドナウ委員会にはオーストリアが正加盟国として、がとして参加し、本部もにはハンガリーのへと移転したが、ドナウ川航行が東側優位のもとにあったことに違いはなかった。 ():『ライン川からドナウ川へ』(作品138)• またドナウエッシンゲンにはもう一つの支流として「」と呼ばれる泉もあるが、こちらは現在では近郊の中にある。 またこの条約においてはドナウ川の国際河川化がすすめられ、各国への自由航行が保障された。 この門のすぐ下流に、スロバキアの首都が存在する。 (EU)は、運河がデルタの湿地帯を損なうため、工事の中止をウクライナに強く要請した。 10 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。

Next

青空の下で。

日刊建設工業新聞社 2018年1月17日• ドナウ川が流れる各国の中でも、国土の中央部を貫流するのはハンガリーのみである。 17平方キロメートル)がある。 ローマ帝国東西分裂後は、下流はの北部国境となったものの、やがてがこの地域を奪取し、を建てた。 ドイツ語では以前は Tonach, その後は Donaw の名が使われ、現在に至る。 「ウィーン ブルジョアの時代から世紀末へ」p121-122 山之内克子 講談社現代新書 1995年11月20日第1刷• ここまでがドナウの中流域である。

Next

ドナウ川

この橋は上述の「新ヨーロッパ橋」が同区間に開通するまではブルガリアとルーマニアとを結ぶ唯一の橋だった。 、属州ダキアは放棄され、ローマ帝国は川の南岸へと引き上げた。 この節には古い情報が掲載されています。 「ドナウ河紀行」p126 加藤雅彦 1991年10月21日 岩波新書• 「」など、ドナウを主題としてウィーンで作曲された曲も数多く存在する。 しかし、の講和条約であるのにおいて、ロシアは南ベッサラビアおよびドナウ・デルタを失い、一時この地方から後退する。 スロバキア・ハンガリー国境はで終わりをつげ、ここからはハンガリー領内に入る。 その後、の仲裁によってこの問題はにあるへと提訴され、、同裁判所は条約を一方的に破棄したハンガリーとダム建設を強行しを破壊したスロバキア双方に問題があるとして両国に罰金を命じた。

Next

ドナウ川

( 2015年6月) に、ウクライナは、黒海とドナウ・デルタのウクライナ領域を結ぶ航行可能な運河を造るため、 に対する工事を開始した。 DIGIMA NEWS 2018年2月8日• 川の名 [ ] 現在の名ドナウ(: ドーナウ)と各国語でそれに相当する名前は、の Danubiusダーヌビウス に由来する。 、、そして(聖)川である。 :バレエ『』• 上流 [ ] ドナウの源流は上記のとおり、の地方にあるの郊外にある。 ハンガリー領の南端近くのドナウ沿岸にはモハーチの街があるが、ここは1526年にモハーチの戦いが起き、ハンガリーがオスマンに敗れた古戦場である。 シリストラの対岸はルーマニアのであり、両市はフェリーで結ばれている。 現在のドナウ沿岸のが確定した。

Next