アシックス 隈 研吾。 アシックスと建築家 隈研吾のコラボランニングシューズ 「METARIDE™ AMU」が登場 数量限定で発売

アシックス×隈研吾のランニングシューズ、竹細工の伝統技法「やたら編み」にインスパイア

当年竣工。 メインゲート (平成16年)• 入手は困難になるかもしれませんので、そそられている方はスケジュール等にアラーム設定をしておくのをお忘れなく! 画像提供:株式会社アシックス. JR東日本• 第27回:• 施工:。 たぶん、簡単にぽんと履けて風通しがいいルーズさが好きだったんでしょう」 この靴は海外出張のときに履くのが楽しみ、とも言う。 浮庵(フアン)• 西町5-1に所在。 来歴 [ ] 出身。 東京大学建築学科大学院修了。

Next

建築家・隈研吾×アシックスが目指したデザイン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

世界2020足限定。 を手入れして生み出す木材は、人間と地球をつなぎ合わせる存在と位置付けている。 ミクニ伊豆高原 の前に10月5日開業。 つま先に向かって反り上がった特徴的なソール部は、ふたつの異なるフォーム材を使用。 クッション性と耐久性という相反する機能を両立させ、安定感のあるスムーズな足運びを可能にしている。

Next

アシックスと隈研吾による初のコラボシューズが発売決定

2019年7月3日閲覧。 Hachette Fascicoli. and :. 『』朝刊2018年2月14日• 虹口SOHO( - )• 隈研吾、『新・都市論TOKYO』〈 0426B〉、2008年1月17日。 (平成31年/元年)• 工学部建設工学科非常勤講師、環境情報学部特別招聘教授(〈平成10年〉4月から〈平成11年〉3月)、早稲田・スクール講師(1999年〈平成11年〉から〈平成14年〉春・夏)、慶應義塾大学理工学部(2002年〈平成14年〉4月から〈平成19年〉3月)慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授(2007年〈平成19年〉から〈平成21年〉3月)、米国建築学科客員教授(2007年〈平成19年〉から〈平成20年〉)を経て、2009年(平成21年)4月より東京大学工学部建築学科教授に就任。 プロソミュージアム・リサーチセンター• 鬼ノ城ゴルフ倶楽部 クラブハウス 奥坂666に所在する 、ゴルフクラブのクラブハウス。 施工:。 南青山6-5-1( - )• Copylight2020 posty corporation Inc. テープ状の素材が重なり合うアッパーは、日本の伝統的な竹細工技法「やたら編み」にインスパイア。 『NA建築家シリーズ02 隈研吾』日経アーキテクチュア 編、〈NA建築家シリーズ2〉、2010年6月24日、初版。

Next

隈研吾×アシックス メタライド アム【12/20発売】

木材由来の繊維を使用した 無着色の FLYTEFOAM 今回は隈氏の提言により〈FLYTEFOAM〉部分は着色せず、素材本来の色を採用しました。 reviews, product• 岡本郁雄 2010年09月01日更新. 国内での販売は、アシックス直営店 原宿・心斎橋・梅田と、アシックスオンラインストアにて。 隈研吾建築都市設計事務所. 「エネルギー消費を抑え、より長く走る」というアシックス独自の発想から生まれ、2019年にリリースした「METARIDE」をベースに開発された。 クッション性と耐久性という相反する機能を両立させ、安定感のあるスムーズな足運びを可能にする。 (平成24年)• 銀座 - 店舗・オフィス。 用途:事務所。

Next

隈研吾×アシックス メタライド アム【12/20発売】

隈研吾建築都市設計事務所は、外観と一部内観のデザインを協力担当。 富岡市小桑原432( - )• ランニングを楽しむための多彩な要素が調和し、オーガニックなフォルムで人と大地をつなぐ先進的なランニングシューズが、アシックスと隈氏の新たなチャレンジによって生まれました。 建築家・隈研吾氏 デザイン・機能の両面に独自のアプローチがされた「METARIDE AMU」の価格は、 39,600円となかなかに高額。 2019年7月2日閲覧。 当年10月竣工 、開業の、として建設されたビル。

Next

【ASICS公式】METARIDE™ AMU by KENGO KUMA|アシックス

テーマは「竹とガラスと水」。 また、環境に配慮した優しい建築を目指す隈氏の提案により、木材を原料とするセルロースナノファイバーを用いたミッドソール材 FLYTEFOAMをあえて無着色にすることで、素材本来の色を活かしている。 1994年(平成6年)に隈研吾建築都市設計事務所が設計した「梼原町地域交流施設(現・ 」の増築の一環。 隈研吾『負ける建築』、2004年3月25日。 2重構造で足を包み込む公式サイトでは、その「やたら編み」を模した外皮と、足を柔らかく包むニット素材の内皮による2重構造が、屈曲やねじれといった複雑な足の動きに追従する、「動く建築」が出来上がった…とコンセプトが語られています。 Air Brick• 0cmから29. さらに、アッパーのニット素材にリサイクルポリエステルを用い、先進的で、オーガニックなフォルムを生み出した。

Next