アクセンチュア 第 二 新卒。 第二新卒 採用情報|アクセンチュア

アクセンチュアの出身大学・学歴について

フェルミ推定は「埼玉県にある電柱の数は?」というように誰も知らないデータを自分なりのロジックで推定していく問題。 大卒以上• 外資系企業らしく、海外大からも一定数採用があるのが特徴です。 ハードに働いて提案を受け入れてもらえないと、プロジェクトを外されてしまうこともあり得ます。 どのような軸で就職活動を行っていますか• これらのような取り組みによる分かりやすい成果では、残業時間が着実に減っているようです。 私の一次面接の様子については以下の記事に書いておりますので、ご参照ください。

Next

アクセンチュアへの転職を第二新卒が成功させるための最も現実的な方法

第二新卒は大手が狙い目? 第二新卒で通年採用を行っている企業を紹介しましたが、多くの方は大手に転職したいと考えているかと思います。 もし本気でアクセンチュアへの転職の夢を第二新卒として現実のものへとしたいのであれば、転職エージェントを活用するのは有効な方法です。 アクセンチュアとデロイトの売上の比較 2社を比較した場合の売上は2019年5月情報では、 デロイト:4兆7,455億円 アクセンチュア:4兆5,735億円 となっており、デロイトが最上位の売上を獲得している。 書類選考•。 正直、一年働いたくらいの人材だと即戦力にはならないのですが、 それでも大手企業は人材を求めています。 もちろんこれらを利用することで入社する方法もあるわけですが、引き続き転職エージェントを通じて充分対策したうえでチャレンジするのがお勧めです。 ケース面接はなく、主に以下のことが聞かれます。

Next

アクセンチュアの出身大学・学歴について

従業員数は約11,000人以上です。 順調に選考を進んでいって、何回目かの面接をしたときです。 以上の4職種に募集があるため、 自分の専門性や志向によって希望職種を考えておき、それに応じて対策しておくといいでしょう。 あなたがアクセンチュアというプラットフォームを生かして実現したいことを記述してください• サイト上で公開されている求人数は1万3千件と、一般的な求人サイトより求人数が多めなのも嬉しいポイントです(2019年3月時点)。 アクセンチュアが行う第二新卒の面接では、志望動機や前職の退職理由などの一般的な内容に加えて、「自分を動物に例えると何か?」「水はなぜ透明なのか?」などのユニークな質問をされることもあるようです。

Next

アクセンチュア株式会社|「フルスタックである必要はない」第二のキャリアとしてのコンサルティング

それ以下の大学でも優秀であれば通過する可能性がまったくないわけではありませんが、下地としての経験や教養をどの程度備えているのか、という判断要素も存在することから基本的には難しくなります。 評価はプロジェクト単位で評価されるが、上司個人の判断ではないかと首を傾げたくなることがあった。 グローバルの印象が強いが、BIG4をバックにもつ日系コンサルティングファームだ。 ぜひ最後まで一読してください。 この事実を知らずに、大手を受けず、後悔している方を何人も見ています。 勿論、メーカーや最近ではグローバルのネット系企業など含めて引く手はあまたな状況ではありますが、コンサルティングファームにおいても、大いに活躍の機会があるということを是非知っていただきたいと思います。

Next

アクセンチュアへの転職を第二新卒が成功させるための最も現実的な方法

新卒の就活で憧れの企業に落ちた人も数多くいるだろう。 かつては45時間しか残業時間をつけられず、サービス残業が横行するプロジェクトも多いなんて噂もありましたが、今は働き方改革の遂行により、サービス残業なし、残業が本当に45時間を越えないようマネジメントされているようです。 コンサルティング企業は、他の業種と比べてもかなり「向き・不向き」が選考の基準になりやすいと言われています。 前年の採用時期の情報を見ながら本年の動きを予測する参考になります。 現代の風習に常識が追い付き、ダラダラとした長時間勤務が成果を生むのではなくできるだけ短時間で効率よく取り組んだほうが、望んだ結果が出やすいことをようやく実感し始めたためにできたのだと思われます。 また、エージェントではアクセンチュアについてのより詳しい内容や過去のお見送り事例を説明してくださいます。

Next

保存版。「第二新卒OK」通年採用している企業一覧(大手・ベンチャー)

また、幅広い業界につながりがある転職エージェントは、1つの企業から様々な業種な求人を集めることができるため、特殊な職種の転職でも「求人がない」という事態に陥りにくいようです。 書類審査• 昨今の少子高齢化でそれも怪しくなってきていますけれどね。 はコンサルに強い転職エージェントである。 なぜなら、新卒を採用した場合、社会の常識を一から教えなくてはなりませんが、第二新卒である場合、社会人としての基礎力は身についており、教育にかかる時間的コストを減らすことが出来るからです。 参考: 入社直後に感じた職場の雰囲気や入社研修でひとつの見切りを付け、転職サイトへの「登録」を行っている結果です。

Next

外資ファーム採用担当が教える第二新卒/中途で外資コンサルに転職する方法

もし、現時点で意中の企業があるなら、企業のホームページに入り「採用情報」を見ると募集の開始から終了の時期がわかります。 基本的には1:1で、相手は若手社員です。 」と伝えるのが一番手っ取り早い方法です。 前職でマネージャー職になったとき、売上をあげるためにはどうすればいいのか、次のレベルにいくためには何をしなければならないのかを常に考えていました。 丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。 業務効率の改善• ただ、プロジェクトに求められる責任感や仕事量などを考えると、同業他社と比較してもそれほどいいとは思えませんでした。 制限時間が短く、解き方がわかっていないと難しいこと、そして正誤を問う問題が混ざっている、問題と答えで単位が異なるなどの勘違いしやすい問題が多いため、 慣れていないと難しさを感じるはず。

Next