ダディーズ ビビッド。 JRA武豊「先々が楽しみ」ダディーズビビッドで世代一番星ゲット! 「今日は能力だけで勝った」キズナ産駒でダービー制覇へ大きな一歩

ダディーズビビッドは放牧へ/POG特選情報/競馬・レース/デイリースポーツ online

半馬身差の2着に7番人気ウインメイユール、さらに3馬身差の3着に1番人気ステラリアが入った。 0 レースラップ的に低調な一戦だったと思います。 以下は2020年の主な的中例。 仕上がり途上の中で立派なレースだったと思いますが、少しメンバーレベル、展開を味方に付けた勝利だったと思います。 勝ち馬は外枠ということもあり、終始外を周し距離ロスもありましたがしっかり差し切りました。 スタートを決めてくれました」 3着 ステラリア(団野大成騎手) 「能力はある馬ですが、今日はちぐはぐな競馬になってしまいました。

Next

血統馬デビュー【観戦記】アスコルターレ、ダディーズビビッド

2着ウインメイユールも勝ち馬と同じで、展開も味方に付けての好走でした。 思いのほかエンジンのかかりは遅めに見えたが、評判馬のブエナベントゥーラがここはクリアかと思いきや、かなり早い段階からガシガシ追いまくってたウインアグライアがしまいに更に加速して番狂わせを起こす。 アスコルターレの勝利により、新種牡馬の一番星はドゥラメンテが挙げ、二大巨頭とみなされているモーリス産駒は大評判のブエナベントゥーラも敗れ、初週は未勝利。 それが本当なら揉まれたらめっきり弱いタイプってことになるが、克服できるかどうか。 注目の一戦を制したのは、武豊騎手が騎乗した6番人気のキズナ産駒 ダディーズビビッド(牡2歳、栗東・千田輝彦厩舎)だった。

Next

新馬Vダディーズビビッドは9・19野路菊Sへ|極ウマ・プレミアム

千田師は「いい動きをしていましたが、まだ体が幼い面がありましたからね。 一完歩ごとに差を詰めると、最後は半馬身前に出てゴールした。 10頭立てで行われた芝1600mのレース。 近親にアドマイヤムーンやヒシアマゾンがいる血統馬が、レジェンドジョッキーとともに、まずは世代を牽引する。 現役時代と同様、初期の不完全さに翻弄されるファンの実に多かったことか。

Next

ダディーズビビッドは放牧へ/POG特選情報/競馬・レース/デイリースポーツ online

「初出走ということもあって、道中ずっと行きたがっていたダディーズビビッドですが、武豊騎手が上手く宥めていましたね。 4 新種牡馬ドゥラメンテ産駒のアスコルターレが初勝利を挙げました。 尤もこの厩舎はアパパネもアーモンドアイもデビュー戦は負けており、兄のサトノフラッグに至っては掲示板すら外している。 7 このレースは4ハロン目と5ハロン目に大きく息が入っているので、基本的には先行が有利なレースだったと思います。 提供:. 1) 3着 カスティーリャ (34. 今日は能力だけで勝った感じがしますね。

Next

【メイクデビュー】(阪神5R)ダディーズビビッドが新馬勝ち

それでも最後は素晴らしい脚で伸びていましたし、次走スムーズなレースができればと言ったところでしょうか。 6 2歳の新馬戦らしく超スローペースで流れて直線の瞬発力勝負になりました。 2着馬に迫られてからも抜かさせず、着差以上に強い内容でした。 2着ジュラメントは小柄ですがまとまりのある良い馬ですね。 この馬もすぐに勝ち上がってくれると思います。 今日は能力だけで勝ったという感じです。

Next

【POG】ダディーズビビッド世代一番星 武豊素質の高さ評価「先々が楽しみ」/競馬・レース/デイリースポーツ online

千田師は「いい動きをしていましたが、まだ体が幼い面がありましたからね。 武豊は「まだ仕上がっていなかったのですが、乗り味が良くて能力だけで勝った感じです」と素質の高さを評価。 マイルぐらいかな』と言っていました」 2着 ウインメイユール(和田竜二騎手) 「返し馬の感じは良かったです。 7) 3着 エナジーロッソ (35. G1・6勝のを母に持ち、圧倒的1番人気に支持されたは2着に終わった。 『(キズナにディープインパクト産駒で日本ダービーを勝たせてもらったから)今度はキズナ産駒で勝ちたい』と意気込んでいましたし、来年こそ大きな仕事を期待したいです」(同) 「乗り味のいい馬。 9-12. 6日の東京新馬戦を制し、東の一番星となったウインアグライア(牝、和田雄)は北海道に放牧。 7-11. 8) 2着 ブエナベントゥーラ (33. 8-12. 先々が楽しみです」 2着 ウインメイユール(和田竜二騎手) 「返し馬の感じは良かったです。

Next