江戸 を 斬る。 江戸を斬る (西郷輝彦)

江戸を斬る V

プロデューサー:、大庭喜儀、山田勝• (ただしお京が金公が実は金四郎ではないかと疑うシーンはある。 江戸を斬る 梓右近隠密帳 ~に放送された記念すべき第1作。 ロケ地、丹次にハメられたお仙が南の捕り方に囲まれる両国吉川神社、 大覚寺五社明神。 17 材木商の肝煎の地位を巡っての血腥い騒動、殺し屋の所業を見てしまったお政がさらわれてしまう。 一番組吉五郎:(第1話 - 第5話、第8話、第10話、第13話、第14話、第17話、第18話、第20話、第29話、第30話) サブ• その後はおゆきを嫁として認めるようになり、度々役宅を抜け出す金四郎とおゆきに説教をしていた。 *高津屋に佐竹明夫、ごろつき旗本に佐藤仁哉。

Next

江戸を斬る III

編集:• 現像:• またのでは、『V』以降で使われたがほぼ毎回使われたり、四郎が懇意にしている料亭の女将役にますみを配するなど、版の雰囲気に近いものとなっている。 右近の正体を知る一人。 脇坂重蔵の叔父。 これが火盗改に阻まれ確保されてしまい、武士全体の恥と揉み消そうとするのを金四郎の一計でトリッキーに解決。 今では堅気の仕事を誇らしく思いお政を慕うが、「金持ちから盗んだ金を困っている人々に与えて幸せにした」という自負が少なからず残っており、 「義賊であろうが所詮盗人は盗人」と金四郎に叱責されて本人も重々留意している。

Next

西郷輝彦の「江戸を斬る」について

*おゆき不在、指物師の女房替玉はお志乃がつとめる。 金四郎もろくろく帰宅せず七人芸の金の字に変装し市中を回る。 その時、新助と兄弟の名乗りを上げる。 1990年代以降の再放送では所々音声が途切れたりや場面の切り替わりが一部不自然な部分がある。 色はタイトルバック、サブタイトル、原作・脚本は赤、レギュラー出演者のうち、里見から谷あたりまでが緑、名和・小松などは黄と続き、次いでゲストが紺に近い青、二宮、春川、森繁らと、監督のクレジットでは、タイトルバックとは違う場所の地図で、再び赤になる、というパターンがあった。 大奥がらみのそれを持って強請りに行った女掏摸の父 これに加藤嘉使うから贅沢 が殺されるなどして金四郎の調査入り、ワルの企みは白日のもとに曝される運びとなる。 金さんを乗車拒否しかける山竹、 五社明神。

Next

江戸を斬るとは (エドヲキルとは) [単語記事]

ロケ地、雨森が潜伏する汀の苫小屋、 嵐峡船着きに小屋・漁具や柵をあしらい 潜入するも露見し危機に陥ったお鈴と鶴吉を逃がすのにお芝居で突き落とし川ボチャ。 主な配役• 2 松前藩勘定方の父を謀殺した重職と悪徳商人を仇と狙う息子、これがよりにもよって紫頭巾かぶって現れるから、おゆきさん黙っちゃいない。 このうち、高橋・谷・森田は役どころも同様。 既に肉親を亡くしており、屋敷で爺やの原田喜左衛門と暮らしている。 *仲間が二人殺されビビりまくりの浦戸屋に田口計、後ろに先生方がいるときは偉そうで笑える…お白州でお奉行に「でんぐり目」なんて言われて死罪。 チーフ助監督: 第1話 - 2話、第5話、第9話 - 11話 、 第3話、第6話、第16話、第18話、第21話、第23話 、高倉祐二 第4話、第7話 - 8話、第12話、第17話、第19話、第24話 、 第13話 - 15話、第20話、第22話、第25話 - 26話• 本シリーズでは青年という設定。

Next

江戸を斬る−梓右近隠密帳−|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

監禁された蔵から合図のくだりで 中ノ島橋越しの中州料亭、高窓から簪の光がキラキラという趣向。 北町ファミリー総出の捜索でお忍び歩きの老公を確保、その後帰りの駕籠を狙う刺客たちだが、中から白イカが出てきてしまう。 色川伝兵衛:(第1話 - 第10話、第12話、第13話、第15話 - 第20話、第23話 - 第30話)• 咲 III - VI うめに仕える女中。 以降は旅もの、甲州街道を相州に向かう賊一味を追ってゆく。 : 第1話 - 第3話、第5話 - 第8話、第10話、第11話、第14話、第16話、第17話、第21話、第22話、第25話、第26話• 魚政に潜り込んでいた所を金四郎に素性を看破され、「もう二度と盗みはしない」という約束で見逃され改心。 太兵衛 II 太助の父親。

Next

江戸を斬る・第3部|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

江戸城は書割っぽい。 16 心ならずも捨てた娘を求める母、拾って育て上げた養父。 役どころも同じ俳優は森繁、太川、小松、谷であるが、役名まで同じ俳優は森繁、小松のみである。 こやつは裏で抜け荷商人と結託しており、悪事には人身売買まで含まれていた。 右近を慕い時折、間者として彼の活動を助ける。

Next