コロナ スウェーデン。 誤解されたスウェーデン「コロナ対策」の真実

スウェーデンのコロナ対策についての報道!

とはいえ、実際にはその知識を超えてしまうような、見分けるのが難しい情報もありますが……。 欧州の各国がロックダウンを緩和するにつれ、スウェーデンでもショッピングセンターや公園などに人の流れが戻っており、犠牲者が増加する可能性はある。 ロックダウンを行わなかったのは「集団免疫戦略」を採用したからだとの海外からの見方を、スウェーデン政府は閣僚のインタビューなどで明確に否定している。 今の小学生のほうが、インターネット上に拡散されているデマを信じてはいけないというのをちゃんと習っているのです。 その結果、近隣の国に比べて深刻な被害を出していますが、「失敗だったと評価するにはまだ早すぎる」との声もあがっています。

Next

スウェーデンの新型コロナ対策は失敗だったのか。現地の医療現場から

休校とロックダウンに転じました。 我々は、歴史的な経験やモデルを参考にしている。 自分の目と耳で一次情報を把握することがいかに大切か、わたしも今回改めて実感させられました。 最近は新規感染者も減少、横ばいの状況であり、8月中旬の現時点では第1波は収束してきているとみることができる。 医師と研究者23人から成るグループは6月、日刊紙アフトンブラデット(Aftonbladet)に掲載された論説で、テグネル氏と公衆衛生当局に対してマスク非着用の方針を再考するよう求めた。

Next

マスク着用に「ノー」を貫く、スウェーデンの新型コロナ対策

ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 次回はコロナ対策への子どもの参加についてご紹介します。 スウェーデンの50%以上の 世帯は独り暮らし(single-person)であり、1平方キロメートルに約5人という人口密度は、イギリスの259人、イタリアの205人に比べると圧倒的に少ないのです。 今回は逆に、「国民」が国を信頼している理由」について綴ってもらいます。 日本では、新型コロナウイルス対策で、卒業式を校庭で開いた小学校も=2020年3月25日、東京都足立区千住桜木1丁目の千寿桜小学校、福留庸友撮影 一番良い例が学校閉鎖だろう。 感染者は増えているものの、お店は営業を続けており、子どもたちは学校へ通っています。

Next

コロナ禍「経済優先」したスウェーデンの悲惨

これら介護施設は市町村が管轄するもので、重度の要介護の高齢者が入っている。 そうであれば、経済を残すスウェーデンの選択は賢明だったということになりそうだ。 各国ともに特徴があり興味深いです。 タグネル氏は批判に対し「他の 北欧諸国(Nordic countries)とは違い、スウェーデンは老人ホームでの感染拡大がみられている。 少なくとも経済に関しては。 「手洗いをする」「他者と距離をとる」「咳エチケット」などのメッセージも、テレビや街中の看板などで流され、スーパーでは、客同士の距離をとるためのシールが貼られ、飲食店では、半分近くの席を使用できなくしました〉 学校の休校措置を採らなかった理由 その上で、上田氏は、スウェーデンの対応をこう総括する。

Next

マスク着用に「ノー」を貫く、スウェーデンの新型コロナ対策

〈法律や警察によってすべてを強制するのではなく、国が情報を提供し、具体的な対応は国民に委ねるという点は、徹底的なロックダウンを行った国とは異なります。 理由として、第1に、専門家の考えを尊重する憲法上の仕組みがあること、第2に、国民の政府に対する信頼があること、そして第3に、自主性を尊重する国民性が底流にあることが指摘できる。 によると、約2300人の学者たちは3月、スウェーデンに対し、ウイルスへのアプローチを考え直すよう呼びかける公開書簡に署名している。 Sweden eschewed lockdowns. どこの国も普段から弱い部分が突かれた感がありますが、スウェーデンの場合は高齢者施設で集団感染が発生してしまったこと(死亡者の三分の一に相当)、そして移民の感染者の割合が高くなってしまったことでした。 2020年3月24日:スウェーデン公衆衛生局が14:00に公表したデータを更新。 スウェーデン在住ということで、最近までは母国日本の友人や家族の健康状態を日々心配してきましたが、ここ最近ヨーロッパ内にも新型コロナウィルスの感染報告が増え始めたため、今回は急遽スウェーデンにおける新型コロナウィルスについてまとめてみました。 4月20日現在、人口536万人のノルウェーでは、新型コロナウイルスの感染者数は7100人を超え、181人が死亡。

Next

マスク着用に「ノー」を貫く、スウェーデンの新型コロナ対策

その他、スウェーデン市民である者には国内を移動し出国する自由も保障される」と明記されている。 国内の感染者数がピークになったときでも、バーやレストラン、小売店などは営業を続けた。 多くの国は「ロックダウン」に踏み切る中、独自路線をとっているのがスウェーデンです。 そんなわけで、今週はそんな海外でバカンスを楽しんできた人々が帰国をして仕事や学校に行き始める週となり、学校だけでなく職場においても 海外から帰国した人が新型コロナウィルスに感染していないか戦々恐々としています。 それは、スウェーデンだ。 心配な者は休めば良いだけの話だ。

Next

新型コロナ「第二波がこない」スウェーデン、現地日本人医師の証言

「スウェーデンはなぜコロナ危機を深刻に受け止めないのか?」。 長期戦を見込んだ作戦だ。 新型コロナウイルス感染拡大が世界中に広がっている。 しかし、それぞれの国は、それぞれの方法を模索している。 1週間前はこのような結果を誰も予測することはできなかったという。

Next

スウェーデンの新型コロナ対策は失敗だったのか。現地の医療現場から

「政府は2月初めからは一貫して、リスクを軽視する方向に歩んでいます」 当局の方針を変えられない理由 スウェーデンでは2月後半に「スポーツ休暇」と呼ばれる学校の休みがあるが、この期間には数千人がアルプス山脈の周辺地域でスキーを楽しんだ。 失敗は認め改善し、最善をつくしてきたと思えた気がします。 大手朝刊紙DNとIpsosが共同で行った 四月半ばの世論調査によれば、今回のコロナ政策の立役者である「国家主席疫学者のアンデシュ・テグネルの能力を信頼している」と答えた人が69%、「信頼できないとした人」はわずか11%でした。 失敗をするかどうかではなく、失敗をどう認めるかという態度が、見ている人が安心感を抱くかどうかの境目なのかもしれません。 人間として彼を尊敬しているという感じでしょうか。 」と訴えています。 スウェーデンはパンデミックによる経済的な影響を免れなかったが、2020年度の第1四半期で経済成長した唯一の国だったと、報告書では述べている。

Next