ものづくり 白書 2020。 2020 繊維白書 製品カタログ 矢野経済研究所

日本の製造業を取り巻く環境と世界の“不確実性”の高まり (1/5)

設計時に条件入力すると関連する資料とポイントを30点に絞ったチェックシートを出力するようにした例、いわゆる「ナレッジマネジメント」の事例を挙げて技能伝承、人材育成の視点でまとめて論文を1本書く練習をしました。 経済産業省・厚生労働省・文部科学省にて、2011年版より作成・公表されている「ものづくり白書」は、ものづくり産業の現状・課題と展望、産業振興政策の方向性などが多くの事例を交えて記載されており、特に製造業の方においては参考になる内容も多いものになっていることから、多くの事業者の方に内容を知っていただくべく、5月29日に公開された2020年版ものづくり白書について解説する勉強会を開催したものです。 データ活用による製造業、デジタル化される製造業へと進化していく でしょう。 デジタル・トランスフォーメーションの推進をはじめとする製造産業の諸課題に取り組む。 しかし、話はそう簡単ではありません。 「令和元年度ものづくり基盤技術の振興施策」は、ものづくり基盤技術振興基本法(平成11年法律第2号)第8条に基づく、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策に関する報告書である。 お問合せ先 ものづくり白書に関するご意見・ご要望がございましたら、以下の連絡先までお寄せ下さい。

Next

「AI白書2020」を解説、IPAが示す日本の人工知能導入率が低いワケ |ビジネス+IT

ソーシャルビジネスの加速 具体的には次のようになります。 しかし本白書では、日本の製造業のIT投資目的の消極性、データの収集・活用の停滞、老朽化した基幹系システムの存在などが課題になると説いています。 一方で「大きな課題となっており、ビジネスにも影響が出ている。 人手不足に関しては興味深い内容がたくさんありますので、2018年2019年に絞って次回もう少し詳しく見ていきます。 ものづくり白書は、ものづくり基盤技術振興基本法(平成11年法律第2号)第8条にもとづく、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策に関する報告書だ。

Next

2020年版ものづくり白書にみる製造業の求人戦略(正社員に求める技能) 【求人票の書き方 #32

2019年5月7日経団連、中西会長の「制度疲労を起こしている。 2020年版ものづくり白書概要• ものづくり白書に戻ると図3に引用した人材確保の状況の調査結果があります。 たとえば1990年代半ば以降、製造業の設計現場では3D-CADの導入が進められてきました。 ・職種・肩書の名称 ・配属先に関する情報 ・入社後に期待する役割 そのような情報は 自社の仕事内容を直接的には 説明はしませんが 間接的に補強する 「付加情報」です。 大企業がスタープアップの技術や商品を自社ビジネスに採用して、業務プロセスを変革したり、新しいビジネスを創り出したりする考えがあるのかが問題だ。

Next

2020年版ものづくり白書(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づく年次報告) (METI/経済産業省)

ものづくり白書の概要 新型コロナウイルス感染症の拡大、米中貿易摩擦、地政学リスクの高まりなど不確実性が常態化し、 サプライチェーンの再編など大きな変化を迫られているなか、 日本の製造業がとるべき新しい戦略を提示しています。 2020年版ものづくり白書【概要】より(提供:経済産業省) 中野: 経済産業省では、COVID-19の発生以前から、既にサプライチェーンの再編について議論を進めていました(参考記事は)。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 これらを高めるためにはデジタル化が有効といいます。 AIを「検討中/関心あり」と回答した企業にAI導入検討における課題を尋ねたところ、「自社内にAIについての理解が不足している」との回答が最も多かった。 今までの会計基準ではあらわすことのできない指標を つくり出している企業もある... マーケットの大きさを店舗数で把握 マーケットの大きさ把握のため リサーチしたデータを掲載します。

Next

製造業のデジタル変革が停滞、設計力がカギに――2020年版ものづくり白書公開

多くの日本企業が「人手不足の解消」や「ホワイトカラーの労働生産性向上」、「単純作業から高付加価値業務へのシフト」などを期待しているからなのだろう。 また、旧来の基幹システムを抱える企業は、その更新や保守にIT投資を振り向けており、ダイナミック・ケイパビリティを制約していると指摘。 まずは2019年版から見ていきます。 今回のものづくり白書では、新型コロナウイルス感染症の拡大、米中貿易摩擦、地政学リスクの高まり等、不確実性が常態化し、サプライチェーンの再編など大きな変化を迫られている中で、我が国製造業がとるべき新しい戦略を提示します。 中小製造業でイノベーションに興味がある人• ではこのように課題が顕在化するまで企業は何も手を打ってこなかったのかというとそういうわけでもなさそうです。 さらに製品の企画、設計、製造から販売までの設計図や技術情報などを管理するPDM(Product Data Management)によって、「バーチャル・エンジニアリング」の環境が整備されていきました。 同人ハードウェアミートアップスタッフ 【略歴】大学卒業後、IT企業を経て2006年から三菱総合研究所にて経営コンサルティングやシンクタンクに従事し2018年から現職。

Next

溶接設備、過半が老朽化、2020年ものづくり白書で溶接事例

質問やご意見はツイートで受け付けます! ハッシュタグは ものづくり白書 です 東京商工会議所から対談の様子をオンライン配信します! スポンサー!ありがとうございます! 会場スポンサー: 配信ライセンススポンサー: 登壇者 石山裕二さん 経済産業省製造産業局総務課 課長補佐 2007年東京大学経済学部卒業後、経済産業省に入省。 」 その翌週、5月13日には日本自動車工業会の会長会見で豊田章男社長がやはり「終身雇用難しい」と発言されています。 レガシーシステムは、大量のデータの活用を困難にしたり、ITシステムの維持・運営費が重くのしかかるといった理由により、ダイナミック・ケイパビリティを制約するからです。 <目次>• このレガシーシステムは、製造業のダイナミック・ケイパビリティとも関係しています。 「スタートアップ育成の遅れ」も大きな課題 AI導入が進まないもう1つの理由は、「AIソリューションが少ない」ことだ。

Next

経産省など、2020年版ものづくり白書を公表

他にもデータサイエンティストの採用を行ったりする動きもあり 今後も進んでいくでしょう。 これがデビッド・J・ティース(カリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクール教授)によって提唱された「ダイナミック・ケイパビリティ(企業変革力)」です。 4%へと大きく減少しています。 中西さんと豊田さんの発言がニュースになった時、私の周りも大きな話題となりました。 もくじ• また、続くでは、白書のこまかいポイントや日本の製造業の未来についてインタビューした(聞き手:IoTNEWS代表 小泉耕二)。 そこでは製造業における人材確保の現状と課題がありありと書かれています。

Next