改正 消費 税法 附則 第 5 条 第 4 項。 財務省「租税特別措置法施行規則等の一部を改正する省令」等を公布・告示

消費税法 昭和63年12月30日法律第108号

第七十二条の三十四中「所得割を申告納付すべき法人(第七十二条の二第一項第一号イに掲げる法人及び収入割を申告納付すべき法人を除く。 ハ 年金課税の在り方については、年金の給付水準や負担の在り方など今後の年金制度改革の方向性も踏まえつつ、見直しを行う。 しかし、首相は個人消費について「消費は緩(ゆる)やかに上がっているが力強さに欠ける」と弱気な発言をし、賃上げについて「私も直接、経済界に強く働きかけていきたい。 (国税徴収法の例による利子割に係る滞納処分に関する虚偽の陳述の罪) 第七十一条の二十二 第七十一条の十九第六項の場合において、国税徴収法第九十九条の二(同法第百九条第四項において準用する場合を含む。 地方税法等の一部を改正する法律をここに公布する。 1 工業用原材料として取引される塩• 2 諸控除の見直しについては、地域社会の会費的性格をより明確化する観点から、個人住民税における所得控除の種類及び金額が所得税における所得控除の種類及び金額の範囲内であること並びに個人住民税における政策的な税額控除が所得税と比較して極めて限定的であることを踏まえるとともに、所得税における諸控除の見直し及び低所得者への影響に留意する。 ロ 事業者が事情の変更その他の理由により当該対価の額の変更を求めることができる旨の定めがないこと。

Next

消費税法

第七十二条の三十第一項中「付加価値割額」と」の下に「、同条第十一項中「付加価値額、資本金等の額」とあるのは「付加価値額」と、「、付加価値割額及び資本割額」とあるのは「及び付加価値割額」と、「、付加価値額及び資本金等の額」とあるのは「及び付加価値額」と」を、「「所得」と」の下に「、同条第十二項中「収入金額、所得、収入割額及び所得割額」とあるのは「所得及び所得割額」と、「収入金額及び所得」とあるのは「所得」と」を加える。 【247 KB】 (所管課室名) 総合通信基盤局電波部基幹・衛星移動通信課 平成30年7月25日 電波法施行規則等の一部を改正する省令(平成30年総務省令第51号) (施行日): 平成30年8月1日• )」を「第七十二条の二第一項第一号ロに掲げる法人」に改め、同条第十項中「収入割を申告納付すべき法人」を「第七十二条の二第一項第二号に掲げる事業を行う法人」に改め、同条第十七項を同条第十九項とし、同条第十六項中「第十項」の下に「から第十二項まで」を加え、同項を同条第十八項とし、同条第十五項中「第十項」の下に「から第十二項まで」を加え、同項を同条第十七項とし、同条第十四項中「同項」を「これら」に改め、同項を同条第十六項とし、同条第十一項から第十三項までを二項ずつ繰り下げ、同条第十項の次に次の二項を加える。 5 前各項のいずれかの規定の適用がある場合における延滞金及び還付加算金の額の計算において、前各項に規定する加算した割合(延滞金特例基準割合を除く。 よって店内・区域内での形態も含まれる。 【134 KB】• この場合において、当該加算をした後の金額を当該課税期間における仕入れに係る消費税額とみなす。 イ その者と生計を一にする子で政令で定めるものを有すること。

Next

所得税法等の一部を改正する法律

1 当該請求書等に係る課税資産の譲渡等が、軽減対象資産の譲渡等である旨• )の適用日の属する課税期間に係る同条の規定の適用については、同条第一項中「六千万円」とあるのは「四千五百万円」と、「三千万円」とあるのは「二千二百五十万円」とする。 )を除く。 3 事業者が、第一項に規定する期間内に同項に規定する普通乗用自動車につき第十五条第一項に規定する割賦販売等を行つた場合において、当該普通乗用自動車の譲渡につき同項の規定の適用を受けたときは、当該普通乗用自動車の当該割賦販売等に係る賦払金の額で、第一項に規定する期間後にその支払の期日が到来するものに係る部分の資産の譲渡について適用される税率は、第二十九条の規定にかかわらず、同項に規定する税率とする。 )において課税貨物を保税地域から引き取るときに課されるべき消費税の納期限に関し、特定月の前月末日までにその延長を受けたい旨の申告書を当該保税地域の所在地を所轄する税関長に提出し、かつ、特定月において引き取ろうとする課税貨物に係る消費税額の合計額に相当する額の担保を当該税関長に提供したときは、当該税関長は、特定月においてその者が引き取る課税貨物に係る消費税については、前条第一項の規定にかかわらず、特定月における消費税の額の累計額が当該提供された担保の額を超えない範囲内において、その納期限を特定月の末日の翌日から三月以内に限り延長することができる。 以下この条及び附則第十五条において同じ。

Next

《速報解説》 平成28年度税制改正に係る「所得税法等の一部を改正する法律」等が3月31日付官報:特別号外第13号にて公布~施行日は原則4月1日~

【205 KB】• 2 前項の規定により延払条件付販売等をした日の属する課税期間において資産の譲渡等を行わなかつたものとみなされた部分は、政令で定めるところにより、当該事業者が当該延払条件付販売等に係る賦払金の支払の期日の属する各課税期間においてそれぞれ当該賦払金に係る部分の資産の譲渡等を行つたものとみなす。 第四十一条の二第一項中「その適用年」を「前条第一項に規定する適用年(特例適用年又は認定住宅特例適用年を含む。 (元年)• 麻生氏は、総選挙(10日公示、22日投開票)のため欠席した。 【144 KB】• 1 6. 【713 KB】 (所管課室名) 自治税務局企画課 平成31年3月27日 電波法施行規則等の一部を改正する省令(平成31年総務省令第24号)• )に該当し、かつ、新規設立法人が特定要件に該当する旨の判定の基礎となつた他の者及び当該他の者と政令で定める特殊な関係にある法人のうちいずれかの者の当該新規設立法人の当該新設開始日の属する事業年度の基準期間に相当する期間における課税売上高として政令で定めるところにより計算した金額(国又は地方公共団体が一般会計に係る業務として行う事業における課税資産の譲渡等の対価の額を除く。 )に係る部分については、当該事業者が当該課税期間において資産の譲渡等を行わなかつたものとみなして、当該部分に係る対価の額を当該課税期間における当該リース譲渡に係る対価の額から控除することができる。 第四項において同じ。

Next

税理士先生に聞いてみた!消費税改正のQ&A | 消費税改正ポイントナビ

(貸倒れに係る消費税額の控除等に関する経過措置) 第十二条 新消費税法第三十九条第一項に規定する事業者が、施行日前に国内において行った課税資産の譲渡等に係る売掛金その他の債権につき、同項に規定する事実が生じたため、施行日以後に当該課税資産の譲渡等の同項の税込価額の全部又は一部の領収をすることができなくなった場合には、当該領収をすることができなくなった課税資産の譲渡等に係る同条の規定による消費税額の控除等については、なお従前の例による。 【158 KB】• 改正:• 【98 KB】• 第三項」の下に「及び第六項」を加え、「第九項」を「第十二項」に改め、「(以下この項において「普通償却額」という。 3 人格のない社団等について第一項の規定の適用がある場合には、その代表者又は管理人がその訴訟行為につきその人格のない社団等を代表するほか、法人を被告人又は被疑者とする場合の刑事訴訟に関する法律の規定を準用する。 【68 KB】• 3 別表第三に掲げる法人のうち国又は地方公共団体に準ずる法人として政令で定めるものの資産の譲渡等、課税仕入れ及び課税貨物の保税地域からの引取りを行つた時期については、前項の規定に準じて、政令で定める。 (仮決算をした場合の中間申告書の記載事項等) 第四十三条 1 中間申告書(前条第一項、第四項、第六項又は第八項の規定による申告書をいう。

Next

消費税法 昭和63年12月30日法律第108号

)の事業を承継した場合において、当該被相続人又は被合併法人若しくは分割法人が消費税を納める義務が免除されていた期間中に国内において譲り受けた課税仕入れに係る棚卸資産又は当該期間における保税地域からの引取りに係る課税貨物で棚卸資産に該当するものを引き継いだときは、当該課税仕入れに係る棚卸資産又は当該課税貨物に係る消費税額を当該引継ぎを受けた個人事業者又は法人の当該相続又は合併若しくは分割があつた日の属する課税期間の仕入れに係る消費税額の計算の基礎となる課税仕入れ等の税額とみなす。 一 当該事業者の当該課税期間における第三十条第一項の規定により控除される課税仕入れ等の税額の合計額(以下この章において「仕入れに係る消費税額」という。 改正:• (人格のない社団等に対するこの法律の適用) 第三条 人格のない社団等は、法人とみなして、この法律(第十二条の二及び別表第三を除く。 四 前月中の給与等の金額がない場合若しくは前月中の給与等の金額が前月中の社会保険料等の金額以下である場合又はその賞与の金額(当該金額から控除される社会保険料等の金額がある場合には、その控除後の金額)が前月中の給与等の金額から前月中の社会保険料等の金額を控除した金額の10倍に相当する金額を超える場合には、この表によらず、第百八十六条第一項第一号ロ若しくは第二号ロ又は第二項(賞与に係る徴収税額)の規定(同条第三項の規定を含む。 )の規定の例により道府県知事に対して陳述すべき事項について虚偽の陳述をした者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 )に該当するものである場合には、適格口座管理機関に該当するものに限る。 【37 KB】• 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道 この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等( も参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においての状態にあります。

Next

消費税法 昭和63年12月30日法律第108号

第三条の三第六項中「(以下この項において「公共法人等」という。 )又は同法」を加え、「に係る配当等その他」を「その他」に、「配当所得の金額の」を「配当所得等の金額の」に改め、「計算上当該」の下に「利子等に係る利子所得の金額又は」を加え、「及び第三十七条の十二の二第十一項(第三十七条の十三の二第七項」を「の規定及び第三十七条の十二の二第九項(第三十七条の十三の二第十項」に改め、同項第一号中「第四号」を「第五号」に改め、同項第二号中「内国法人」を「国若しくは地方公共団体又はその他の内国法人(第六号において「内国法人等」という。 )の規定の例により道府県知事に対して陳述すべき事項について虚偽の陳述をした者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 【135 KB】 (所管課室名) 情報流通行政局情報流通振興課情報セキュリティ対策室 平成27年12月25日 地方税法施行規則の一部を改正する省令等の一部を改正する省令(平成27年総務省令第108号) (施行日): 平成27年12月25日• )の規定の例により道府県知事に対して陳述すべき事項について虚偽の陳述をした者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 第七十一条第一項に次の一号を加える。 【28 KB】• 【178 KB】• 第二十三条第一項中「定める探鉱用機械設備」の下に「(第一号において「探鉱用機械設備」という。

Next