堀ちえみ 批判。 【特集】堀ちえみさん明かす「がん告白と中傷」 「がんで助かったのに『よかったね』ではなくって...」(MBSニュース)

批判 堀ちえみ

残された舌を使って話すことにも随分、慣れました。 犯人50代主婦の発言と言い訳 「シネ」「消えろ」とコメントを残しそれがアウトと判断されたようです。 そこで本誌はKさんのもとへ向かった。

15
批判 堀ちえみ

実際、本当に具合の悪いときは外出どころか玄関で靴を履くのだってしんどいはず。 「堀のブログには、自身の事や家族のことも含め、日々の出来事を綴っています。 ころもです。

5
批判 堀ちえみ

堀さんの決意と胸の内 堀さんは病気を公表した時から、嘘偽りなく伝えていくと決めています。

1
批判 堀ちえみ

批判コメント以外に堀ちえみさんを擁護する声も 批判コメントが殺到する中、堀ちえみさんを擁護する声もあります。 舌ガンを含む口腔ガンは患者数が少なく、「希少ガン」とも呼ばれる。

1
批判 堀ちえみ

2つの医療セミナー(テーマは「乳がん治療」と「コロナとがん患者」)とトークセッションに堀ちえみさんをお迎えしてライブ配信します。 そこが、その謎こそが、注目の集まるところなのですが、「体調が良い」というだけではまったく参考にならないのが残念です。

批判 堀ちえみ

堀は舌がん手術直後から義母の介護に奔走。 」「完全なタイトルで釣りブログ」「面白がって挑発してるんじゃないの?」「この方おちょくっているのか?」「コーヒー飲むのにそんな表現する人いるんだ」「ふざけたタイトル。 すぐになじみの工務店に点検を依頼したところ、どこにも異常は見つからなかったという。

11