ダン まち ss ベル。 【ダンメモ】星4ベル(決戦の意志)の評価

ベル ダン まち ss

ステイタスは59階層への遠征を経てLv. アステリオスとの対戦成績は一勝一敗。 どのくらいかというと、あのゼウスがとに求婚された時に直々に永遠の処女を守る許しを与えたというくらい。 隙を見せたジャガーノートにベルが仕掛けて遠隔攻撃の手段を奪い、リューが残った破爪を破壊、ベルの魔法により装甲殻を内側から破壊する。

ベル ダン まち ss

52階層で砲竜による階層無視の砲撃を受け、選抜隊は二隊に分断され、砲撃の穴に落下したレフィーヤは、フィルヴィスやアイズとの訓練でものにした魔法のを早速実践し、深層のモンスターを一掃してティオネたちと共に58階層に降り立つ。

2
ベル ダン まち ss

それが「ゼウスファミリア」と「ヘラファミリア」です。

18
ベル ダン まち ss

強くなることが何よりも最優先でそれ以外の事柄には関心が薄いため、暇さえあればダンジョンへ潜っている。 覚醒しベルを助けます。 「汝を苛む」って最後から四行前の詞がベルのことなのか、それともカサンドラたちのことなのか、なんとも言えないけど、予知夢からベルが生還する可能性はあるはず。

ベル ダン まち ss

口下手なアイズは言葉でベルを導くことはせず、実戦形式の訓練を通じて、戦闘の技と駆け引きの基礎をベルに授ける。

20
ベル ダン まち ss

二人はとても美しい容姿をしており北米では美しい人や物を「フノスように美しい」または「フノシル」または単純に「フノス」、「ゲルセミ」と呼んでいたそうです。 主人公のは、英雄譚のような異性との運命の出会いに憧れてオラリオにやって来て、のファミリアに入団した駆け出しの冒険者であり、物語では様々な出会いと冒険を通じたベルの成長、そして出会いの結実やファミリアの絆が描かれる。 このモンスターは狡賢く多くの冒険者たちを襲撃してきたであり、ベルたちは襲われたルヴィスの仲間とモンスターの種子に寄生された千草を救うべく、強化種の打倒を決意する。

15
ベル ダン まち ss

オッタルは笑いながら彼等に言います。 オラリオの長い歴史の中でもそれは未確認でギルドでも剣について公式発表しその条件も公開しました。 しかし、アイズ本人はベートからの好意に気付かない所か(冒険者仲間として信頼してはいる)、酔った勢いとは言えまだ駆け出しの冒険者であるベルを罵倒してベテランの自身と比べて笑い者にしようとする下劣な態度に嫌悪感を示しており、その後は ベルの「憧れの人」がベートではないかと解釈して二人が関わる事に不満を感じ、嘘の居場所をベートに教えたりもしている。

ベル ダン まち ss

ゼノスを守るためオラリオを爆走し続けたベル、あの経験で逃走スキルが新たに発現したのも二つ名の由来となった! さらにLv. ま、単純に上がレベル8・レベル9とかなら当然っちゃ当然な気もしますけど、もしかたらレベル10も居るのかもしれません。 なお、外伝の10巻では、その時のアイズの心理描写が明確に描かれており、モンスターを必ず殺すという思いの他にも、自身には救ってくれる「英雄」が現れてくれず自分から剣を取るしかなかったという絶望感や、よりによって自分が気に掛けていたベルが救いの「英雄」となっていたウィーネへの同じ「女」としての嫉妬心が独白され、自身に安らぎをくれる「幸せの兎」であったはずの彼が「ウィーネの英雄」として去って行った後、取り残されたアイズは一人無意識に呟く事しかできなかった。