車 に 轢 かれ そう に なる 夢。 芥川龍之介 白

なる 車 に 轢 夢 かれ そう に

「きゃあん。

13
なる 車 に 轢 夢 かれ そう に

さればこそ、日頃も 仰有 ( おっしゃ )る通り、「あの頃の予が夢中になって、 拙 ( つたな )い歌や詩を作ったのは、皆恋がさせた 業 ( わざ )じゃ。 おじさんの御主人はやかましいのですか?」 「御主人? なぜまたそんなことを 尋 ( たず )ねるのだい?」 「もし御主人がやかましくなければ、今夜はここに 泊 ( とま )って行って下さい。

なる 車 に 轢 夢 かれ そう に

いや、そればかりか、一度などは若殿様の御文を持って上った私の 甥 ( おい )に、あの鴉の左大弁様同様、どうしても御門の扉を御開けにならなかったとかでございました。 白 ( しろ )と云う犬は土を 嗅 ( か )ぎ嗅ぎ、静かな往来を歩いていました。

6
なる 車 に 轢 夢 かれ そう に

」 「どうしたんだろう? 姉さん。

2
なる 車 に 轢 夢 かれ そう に

これはあの御美しい北の 方 ( かた )に、 瓜二 ( うりふた )つとでも申しましょうか。 勿論 ( もちろん )お嬢さんや坊ちゃんはとうに 床 ( とこ )へはいっています。 」と、冷かに御答えになりました。

16
なる 車 に 轢 夢 かれ そう に

白はその下をくぐるが早いか、 元来 ( もとき )た方へ逃げ出しました。

12