徳島 観光。 2020年 徳島県で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

2020年 徳島で絶対外せない!おすすめ観光スポット&ランキング│観光・旅行ガイド

【休園日・開園時間】動物園に同じ• 【定休日】月曜(祝日の場合翌日)• 飛行機だと東京からおおよそ1時間半という好アクセスが嬉しいですね。 . 第二次世界大戦の終了と共に普及し始め、日本でメジャーになったのは1990年代後半にブームが訪れて人気に火が付きました。 美波町の大浜海岸はウミガメの産卵地として有名で、関連施設の「日和佐うみがめ博物館」では、普段見る事のできないウミガメに、たくさん触れ合うことができる、海好き・動物好きには見逃せないスポットです。 やりなおしてください。 「大歩危峡観光遊覧船」なら、専門のガイドの説明を聞きながら、美しい渓谷美を船の上から見ることができます。

>

徳島観光はこれでOK!徳島観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

【公式HP】 第4位 うだつの町並み 脇町に位置する、「うだつの町並み」。 まるで時代劇の一場面を切り取ったかのようです。 阿南市にはロープウェイで景色も楽しみ、参拝もできる第21番札所の「太龍寺」や、空海ゆかりの第22番札所の「平等寺」、「津峯神社」などパワースポットが多く点在します。 かつて、吉野川の水流によって形成され、徳山きっての景勝地である「大歩危峡・小歩危峡」や、源平の戦いに敗れた平家が架けたという「奥祖谷二重かずら橋」など、自然も歴史も感じる事ができるスポットが多々あります。 しっくいのうだつや、格子造りの家屋の美しい町並みは、フォトジェニックスポットとしてもおすすめ。 徳島県の自然を楽しむ観光スポットといえば鳴門海峡でしょう。

>

徳島観光はこれでOK!徳島観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

とても明るい暮らしをしていたことがよくわかりますね。 かつて に徳島のラーメンのお店が出店し、その名が広く知れ渡る事になりました。 阿波おどりはいまや徳島だけでなく全国に広まり、各地で行われる阿波おどりの祀りには、国内だけでなく世界からも多くの見物客が集まる日本を代表する伝統芸能となりました。 緑豊かな山の上、大自然のまっただ中にある太龍寺。 特徴的な「大歩危」「小歩危」の名称は、断崖の古語「ほき(ほけ)」であるとか、「大股で歩くと危険、小股で歩いても危険」が由来であると言われています。 美しい自然を自分の足で登って満喫してみてください。 全国的にも有名なさつまいも「鳴門金時」は鳴門市で生産されており、甘くホクホクとした食感はまるでスイーツのよう。

>

徳島でゆったりできるおすすめカフェ20選

徳島市を訪れたら、絶対食べなければもったいない美味しさです。 【住所】徳島県美馬市脇町大字脇町• 寄付(課税控除対象外)を直接送金できます。 「かずら」の木と蔦で編まれた2本の橋は、長い方が「男橋」、短い方が「女橋」とされています。 山間部の祖谷、海沿いの阿南は車がダンゼン便利。 【お問い合わせ】0120-404-344 三好市観光案内所• 趣きある町並みは絶好のフォトジェニックスポット 今では当時の趣きたっぷりな町並みが400メートルほど続いています。 タイムスリップ!?徳島の人々が造り上げた「うだつの町並み(美馬市)」 美馬市にある「うだつの町並み」は江戸時代から明治にかけて「脇城」の城下町として、また、藍商人たちによって発展した脇町です。 四季折々の自然の美しさと、当時の技術で、巧妙に造られたかずら橋に思わず感嘆のため息が漏れることでしょう。

>

徳島観光はこれでOK!徳島観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

小舟に乗って渓流下りや渦潮をイメージした渦などを体験することができます。 【利用料】大人:400円、小中学生:100円• 可愛いドイツ風建築物がいっぱい そんなドイツ村公園は、現在は美しい「ドイツ館」や「アーチ型石橋」、「ばんどうの鐘」など、 ドイツ情緒あふれる可愛い建築物の観光スポットとなっています。 徳島ってどんなところ? 徳島県といえば、徳島県で生まれた盆踊り「阿波おどり」が有名ですよね。 海の上を歩ける橋「渦の道」の海上45mの高さから渦潮を真下に見ると…? ぐるぐるしてますね〜! 船の近くに発生! もし落ちて吸い込まれたらどうなるの? 台風の目のような「渦潮」。 やりなおしてください。 うだつの町並み 基本情報• また、霊峰「剣山」は、ダケモミやツガといった亜寒帯林が県天然記念物に指定されている大変貴重で、神聖な山です。 納経所にて持参した納経帳や掛軸や白衣に、3種の朱印(札番印、宝印、寺号印)と、寺院名や本尊の名前、本尊を表す梵字などを書いてもらい、その寺院の本尊が描かれた御影(おみえ)を頂き、納経料を納める。

>

2020年 徳島で絶対外せない!おすすめ観光スポット&ランキング│観光・旅行ガイド

【公演スケジュール】毎日・1日4回公演(11:00、14:00、15:00、16:00)• 【住所】徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2• 施設内には「美濃田の湯」という温泉もあり、サウナも完備。 遊歩道は渦潮を真上から見ることができる絶景のポイントです。 徳島はどこにあるの? 徳島県は四国の東部にあり、県庁所在地は徳島市です。 徳島に来たら見て踊って知ってほしい「阿波おどり会館(徳島市)」 阿波おどりとは? 阿波おどりは三味線、太鼓、鉦鼓、篠笛など二拍子の伴奏で、多数ある連(れん)と呼ばれる一つの踊りのグループが街中を踊り歩きます。 真っ青な空と、美味しい空気に美しい清流。 四国随一の名夜景スポット 眉山の見どころは頂上から見渡す夜景。

>

2020年 徳島県で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

剣山は標高1955mで、高さ西日本第2位の山。 それにしてもすごいところに立っています。 【お問い合わせ】088-636-3330• 日本の三大秘境の名にふさわしい、四季折々のありのままの自然の原風景が広がります。 ブース外にも公園があり、大型遊具があるためお子さんも十分楽しめます。 阿波おどりの歴史 阿波おどりは何と400年も昔から踊られていたのをご存知でしょうか。

>

2020年 徳島県で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

【住所】徳島県三好市東祖谷菅生620• 太古の昔から、大地が造り上げた自然の恵みのアートミュージアムを存分に堪能しましょう。 眉山ロープウェイを使って、頂上まで6分ほど。 滞在日数は1泊2日みておこう 半日から1日でまわれる観光地がほとんど。 2億年ともいわれる長い時間をかけて自然の力により造られた渓谷は、8kmにもわたり、まるで大理石の彫刻が立ち並んでいるかのよう。 館内では当時の暮らしの展示や、ドイツの雑貨やお菓子が買えるミュージアムショップがあります。 急流を遊覧船で渡るスリルを味わいながら絶景をご堪能ください。 その下流約3kmが「小歩危峡」になっており、規模は小さいものの、神秘的な岩肌や奇岩怪石はあらためて自然の凄さを思い知らされます。

>