推敲 の こう の 意味 は。 推敲

「推敲」の意味とは?類語や由来となった漢文も解説(例文あり)

その後も早朝ごとに机にむかって、推敲をほどこすことを怠らずにいた。 2011年10月29日 東日本大震災から約7か月が過ぎました。 すると、「推す」のほかに「敲 たた く」という語も思いついてしまい、どちらにするか迷ってしまいました。 推 すい を改 あらた めて敲 こう と作 な さんと欲 ほつ し、手 て を引 ひ きて推敲 すいこう の勢 せい を作 な す(=自分の手を引き寄せて、おしたりたたいたりの動作をしてみた)。 「稿」は音読みで「コウ」、訓読みで「わら」と読みます。 しかし、文章を良くしようと練り直す、という意味では「推敲」と似た意味として使うことができます。

>

推敲(すいこう)

そこで賈島は韓愈に、事情を詳しく説明した。 賈島は韓愈に「推」と「敲」について相談し、 韓愈から「敲が良い」と言われました。 またよりがないを使ってする事もうにしたい。 月下に音を響かせる風情があっていい」とアドバイスしたのです。 ある句ができあがるまでに三年もかかり、できあがったときには涙を流した、という話もあります。

>

「推敲」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

がをに話すと、は(ないで)「敲の字が」。 愈曰、敲字佳矣。 一般的に「たたく」は「叩く」と書かれることが多いですが、どちらも「たたく」という意味では同じです。 「添削」は< てんさく>と読みます。 一部を書き直すことは「 部分改稿」、ほとんど全てを書き直したり捨てることは「 全面改稿」と呼びます。 誤字脱字がないか、コピーしている部分はないか、おかしな表現がないか一字一句確認することが「校正」です。

>

間違った言い方? 「推敲を重ねる」

しかし 「推敲中」「推敲力」など、「中」や「力」と一緒に使うことで、別の言葉として独立させることができます。 唐王朝も中期にさしかかった九世紀の初めごろ、科挙(官吏採用試験)を受けるために都にやってきた、 賈 か 島 とうという詩人がいました。 「校」は「双方を見比べて良くすること」を意味します。 「推敲」の意味は「文章を作り直す」 「推敲」という言葉は、文章や詩を作る場面に多く使われます。 「改稿する」「推敲を重ねる」「添削を行う」「校正をする」といったように使います。 遂並轡論詩。

>

推敲とは?「推敲」と「校正」の意味(使い方)を間違えてたので、整理してみた

その当時の中国では、役人の職に就くためには科挙という試験を受けなければならかったので、賈島も首都・長安へ科挙のためにはるばるやってたのです。 携帯電話の画面の小ささ、操作性の制約などから、ケータイ小説で掌編小説の形式が取られることもあるが、長さに制約を設けていない場合も多い。 07 「改稿」「推敲」「添削」「校正」の意味の違いと使い分け 「改稿」「推敲」「添削」「校正」という言葉をご存知でしょうか。 「推敲」の由来・語源 由来は中国の故事・逸話を集めた書 中国の唐の時代の故事や逸話を集めた 「唐詩紀事(とうしきじ)」という書があります。 尤も、個人的には全く馴染みのない言葉ですが…。 遂並 レ轡論 レ詩久 レ之。

>

推敲

ぜひこの機会に「推敲」を語彙に取り入れて、文章を書くときに思い出してみてください。 「彼の書いた文章を推敲するのは本当に大変だ」• すると、「推す」のほかに「敲 たた く」という語も思いついてしまい、どちらにするか迷ってしまいました。 誤字脱字がないか、コピーしている部分はないか、おかしな表現がないか一字一句確認することが「校正」です。 島赴擧至京騎驢賦詩得僧推月下門之句欲改推作敲引手作推敲之勢未決不覺衝大尹韓愈乃具言愈曰敲字佳矣遂並轡論詩 『出典のわかる故事成語・成句辞典』の書き下し文に従って、句読点を付けてみるのも一興かもしれません…。 おそらくこの言い方は間違いではないだろう。

>