精神 世界 の 鉄人。 精神世界の鉄人

ウイルス

連日の「新型コロナウイルス」の騒動、そろそろ、ウンザリしてきた人も多いと思います。 でも、さすがにアメリカの宝くじの1等賞は、魂的も難しいような気がします。 さらに、道端で、うずくまったり、倒れたりしている人も、誰もいないのを、ちゃんと肉眼で見て、安全だと自分の頭で判断しています。 諸葛孔明が、「智略」を使って、戦った場所ですね。 その時に、福島第一原発の「放射能騒ぎ」が起こったのです。 日本では、「河…• こういう矛盾に気がつくことができる眼力が、大切なのです。

>

精神世界の鉄人(@tomaatlas)

これを知っておいたほうが、後の旅行記の理解度が上がると思うので、ちょっとだけ、おつきあいください。 知りたい方は、私のセミナー、「悪の根源」を受講してくださいね。 つまり、この騒動を隠れ蓑にして、今までに、数千年間も、世界中で悪さをしてきた連中が、水面下で、どんどん逮捕されてるようなのです。 毎日のように、たくさんの方から、いろいろな商品を教えていただきます。 〇定員:12名 定員に達し次第、申し込み締め切らせていただきます。 この神社から、歩いてちょっとの位置にあります。 「南海トラフ地震」のことを、民放で放送している時には、コマーシャルを見てください。

>

精神世界の鉄人

洗礼も受けています。 そして、その不動な姿勢は、これも例外なく、「死」というものを、深く理解していることに起因していました。 「太陽の黒点活動」と「宇宙線の放射量」、「インフルエンザの流行」にも、関係があるそうです。 摂末社の中に、「羽呉神社」という名前がありますね。 ここを訪問するのは、5回目くらいですが、毎回、自分の視点が増え、進化してから行くので、同じ場所なのに、全く違う景色に見えます。

>

精神世界の鉄人 新着記事

やはり、黒色の狛犬がいました。 それから、参加者の皆…• ちなみに、第二次世界大戦の時のアウシュヴィッツの本来の目的も、この「悪魔教」の信者たちを、逮捕して監禁することが、本来の目的だったともいわれています。 これですね。 大阪にも、「エジプト文明」の痕跡が、ドカーンと大きく残っています。 「赤い靴にされてしまった女の子」 これが、「きみちゃん」の正体だったのです。

>

精神世界の鉄人 ランキング

一方で、一般の庶民たち、情報にコントロールされている側の人々は、パニックになり、マスクを付けています。 ここでも、「黒竜江省」が、でてきましたねー! 以前に、「古代日本ドラゴンツアー」でも、紹介しましたが、人類を恨んでいる霊体、「ブラックドラゴン」の本拠地ですね。 お手数ですが、メルアドはコピーして貼り付けてください。 真ん中のほうで、剣をふりあげて戦っているのが、「イナンナ」だと言われています。 99%の人々は、それを鵜呑みにして、信じていたそうですね。 古代エジプトでも、星は崇められていたようです。 赤い靴のきみちゃんは、今、東京の青山霊園にある、鳥居坂教会の共同墓地に眠っています。

>

ファティマ第三の予言

二つ目は、日本の丹後半島を起点とする、イザナギとイザナミ、つまり、八百万の神々のグループもいましたね。 ネガティブな感情をもった人物が、職場の中で権力を持ち、人を支配しはじめる。 まとめると、 「ウイルス性の病気に罹るということは、宇宙から来たウイルスというUFOが、体内に入り込み、人間を進化させるためである」 ということが、わかると思います。 あまり、「ウイルス」について、詳しくない人たちは、 「自然のウイルス」だけが、存在していると思っていると思います。 現在は、「麻布山 善福寺」です。 どの話も面白かったのですが、宇宙考古学に興味のある私は、「五色人」の中の「青人」の話が、一番印象に残りました。 「次の不幸の直前に、神の警告として、夜間に不思議な光が現れる」 この当時、具体的には、1938年1月26日に、約2時間に渡り、西ヨーロッパ全域で、オーロラが観測されたそうです。

>