サイエンス。 ファインバブル専業メーカー ─ 株式会社サイエンス

サイエンス

( 2012年7月) 創世以前のSF [ ] 最初のSF作家として普通認知されているのは、もしくはである。 以下はその一例である。 また、2000年代からはや電子書籍の普及により、プロアマ問わずウェブ上での活動がますます盛んになっている。

1
サイエンス

その後も『』や『インド王妃の遺産』など多くの科学小説が書かれた。

6
サイエンス

オールディス, ブライアン・W. ( 2012年7月) 当時は「黄金時代」と見えた1940年代のSFは、現在の目で見れば、稚拙な作品が散見する。 ある時一人の者の女性が、ロボット達のこの境遇に同情してロボットに心を持たせるよう、ロボット会社R. ハーバート・ジョージ・ウェルズ [ ] ヴェルヌの『月世界旅行』の30年後にイギリスでが『』を書いた。 遡ればどこまでも古く、人類の想像力の始まりの地点」までも遡れるとし、「や、日本ならやをSFとして読む」ことも可能とした上で、このジャンルを厳正に定める者は(がSF専門誌を発行した時期)を成立とするのが常例とした。

20
サイエンス

早川書房が発行する雑誌・書籍以外でも、、、今日泊亜蘭などがSF作品を発表した。

1
サイエンス

まで遡ると、ではすでに月や太陽の神などが登場する。 アメリカでも、「『』のを実際に作ってみたい」という動機での研究を行っている研究者が多い。

サイエンス

同誌の主要項目は、オリジナルの の発表および結果のである。

18
サイエンス

「現実的な問題」というのは、政治情勢次第でこの様な破滅が引き起こされる事が、科学技術的に不可能ではなくなった、という意味である [ ]。 また、10代を対象とした作品が人気を博し、『』やフィリップ・プルマン『』のように、このカテゴリーで商業的ヒットを収める作品も増えている。

1
サイエンス

() 『SF雜誌の歴史 - 黄金期そして革命』(訳、東京創元社、2015年1月。

12
サイエンス

はこうした特徴を持つ小説群を指して、皮肉を込めて「心地よい破滅テーマ」と呼んだ。 また、2009年には、日本SFの英訳シリーズ「」の刊行がアメリカで開始され、ここから刊行された伊藤計劃『ハーモニー』英訳版は2011年の特別賞を受賞した。 2013年にはが長編新人賞として復活する。

2