おら おら で ひとり い ぐも 宮沢 賢治。 【きょうの人】「おらおらでひとりいぐも」で芥川賞の若竹千佐子さん 涙こらえながら亡き夫に「私やったよ」(1/2ページ)

で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

彼女にとって最古層であった東北弁を発掘し、孤独であることの自由も得た桃子さんは、それでもなお、月並みな言葉が頭に浮かぶたびに 何が忍び寄る老い、なにがひとりはさびしい。

で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

ずいぶん古い用例でねが。 毎年のように続く冷害、水害、旱魃。

10
で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

おら、という言葉がずいぶん田舎じみてというか、はっきり言えばかっこ悪く感じられた。 文藝賞受賞時の選評で、町田康さんが「ここで描かれる女性の生き方や考え方は戦後の庶民の女性の一典型で、こうした人がその時代の局面でどんな価値観でどんなことを考えて行動したかが果敢に描かれていた。

19
で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

語り口調は基本的に、独白である。 桃子さんは夫に先立たれ、二人の子供達も独り立ちし、去年16年間一緒に住んだ犬にも死なれて、家族で住んでいた家に一人暮らしている74歳のおばあさんです。 ごく自然に周造のために生きる、が目的化した。

6
で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

・老いてからのデビューだという作者だからこそ出せる味だ。 ・冒頭から難解な方言連発で、最後まで読み切れるか不安になったが、ト書き部分は標準語だったので問題はなかった。 また、息子の正司には「 かあさん、もうおれにのしかからないで」と言われ、正司は、ほとんど連絡もよこさなくなってしまった。

16
で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

うちの次女は、一人暮らし。 主題歌:『賑やかな日々』()• 8年前に夫が脳梗塞のため57歳で他界。 これからも若竹さんを応援していきます。

で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

74歳の姿はこれからの若竹千佐子さんであり、私達です。

7
で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

だから、登場人物はほとんどが、桃子さんの回想の中の人物たち。 奪われることもない。

10
で 賢治 おら 宮沢 ぐも ひとり おら い

亡き夫や、ばあちゃ(祖母)である。

20