薦める 意味。 「推奨(すいしょう)」の意味とは!「奨励」との違いって?

推める、薦める、勧める、奨めるの意味の違いと、文などで使い方...

。 また、 「社会貢献を奨める」とは書けますが、 社会貢献は推薦するモノではないので 「社会貢献を薦める」とは書けません。 薦めるの例文• 常用漢字ではないため、あまり頻繁に使われることはありませんが、同音異義語の『勧める』と同じ意味合いも多く持ちます。 例えば、何か活動においてリーダーを決める場合に、優秀である・気遣いができるといった理由でAさんを推薦することが「薦める」となります。 「河なかの橋を踏まば落つるやうに したためて」という一節です。

>

「進める」「勧める」「薦める」「奨める」の意味の違い

また、ものを差し出してそれを食べたり使ったりするように促すことも表します。 まとめ 「勧める」とは「行いをうながす」を意味し、「薦める」は「適した人や物をすすめる」を意味します。 「膝を進める」は「興味を持つ、身を乗り出す」ということを意味します。 たとえば、「I recommend this book(この本をすすめる)」という例文。 物などを使用するように「すすめる」ときは「勧」を使い、人や地位に人を「すすめる」ときは「薦」を使うと良いでしょう。 前へ進める。

>

推める、薦める、勧める、奨めるの意味の違いと、文などで使い方...

「進める」は人の行動に対しても、ものに対して用います。 「 務める」は、「 役割や任務に当たる」という意味になります。 1件のコメント• promise ;var K;for K in n l break;l. 強いて言えば、 「奨める」の方が 「その活動を積極的にするように励ますこと・奨励すること」の意味のニュアンスが強くなっているという違いがあります。 に ユーマ より• 「薦める すすめる 」の意味は、 「人物・事物を推薦 すいせん すること」や 「人物・モノを採用 選択 するようにと働きかけること」になります。 3件のコメント• 「グループに入るように勧める」「ケーキを食べてもらうように勧める」といったように使います。 リフレッシュのために旅行へいくことを勧める• すべてに共通しているのは「ある物や人などを採用するように働きかける」という大きな意味合いですが、その中での使い分け方法を再度簡単にまとめてみましょう。 a letter of recommendation (推薦状) 「推奨」の類義語の「推薦」も英語では同じ「recommendation」を用います。

>

「薦める」と「勧める」の違いとは?それぞれの意味を解説!

「勧」は「人を励ましてすすめること」を意味します。 ほかには、「こちらの商品をお薦めします」「私はこの絵を優秀作品として薦める」のように使われます。 「背中を押す」とは「 行動を促す」ということです。 たとえば、「次期社長にAさんを薦める」という例文。 『勧める』• 「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 初心者にも分かりやすい本を薦める• 大きな違いが存在します。

>

「薦める」と「勧める」の違いとは?それぞれの意味を解説!

漢字の成り立ちは、「並び生えた草」と「一本角の獣」の象形で完成する「一本角の獣が食べる草」の意味を持つ文字であり、それが後に「薦」になったと言われています。 例えば、 「ある小説を薦める」とは書けますが、 「ある小説を奨める」とは書けない違いがあります。 これは、「奨」における「すすめる」の読みが、常用外となっているためです。 「常用漢字表」の「奨」の音訓欄には、「ススめる」という訓は掲げられていませんが、一般には、「奨」は「学問を奨める・発明を奨める 奨励 」などと用いられ、「勧める」とほぼ同じ意味で使われています。 この記事がお役に立つことができれば幸甚に存じます。

>

「薦める」と「勧める」の違いとは?それぞれの意味を解説!

勧める 「勧める」は、「相手があることをするように働きかける(誘いかける)」意味や「相手に物の利用や飲食を促す」意味での「すすめる」を表す時に使用します。 漢字自体が持つ意味を知ることで、「すすめる」の形になった時の使い方や意味に違いが出る理由が理解しやすくなります。 使い方:チームに入るよう勧める、濡れていたのでタオルを使うよう勧める 『勧める』は【勧誘】といった熟語にも使われているように、人の行動に対して誘い掛けて行動を促したり、他人の意志を動かすように説く、という意味合いがあります。 「奨」は「助けて元気をつけてあげること」を意味します。 意味: 人がそのことを行うように誘い掛ける、物を差し出して飲食または利用を促す• 「進める」は「勧める」と同じ語源の言葉ですが、このように「前進させる」「高める」を表す点が違います。 自分が良いと判断したものを、他の人にも行ってもらうように誘いかけることを表します。 また、鎌倉時代に成立した『平家物語』では、 「準備する、仕掛ける」という意味で使われている場合があります。

>

「勧める」と「薦める」と「奨める」の違いとは?分かりやすく解説

ある事を行うという意欲が湧くこと• では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 5件のコメント• 「勧める すすめる 」の意味は、 「人にある行為 活動 をするように働きかけること」や 「人にある行為 活動 をした方が良いとすすめること。 口紅なら赤がお薦めだよ。 一方の「良書をすすめる」は、数ある本の中から、読むべき本として採用するよう働きかけることで、推薦や推奨の意味なので「良書を薦める」と書く。 はげますこと。 「奨める」は常用漢字表に含まれない読み方なので、敢えて使わないこともあります。

>

「勧める」「進める」「薦める」「奨める」の意味と違い

「奨める」は、このように「勧める」と同じように使うことができますが、実際の使用頻度は、「勧める」に比べて少なくなっています。 なので「こうすることがのぞましい」「このようにすると良い」というような奨励するニュアンスが含まれています。 見出しなどで名詞と組み合わせて使う場合もこの『勧める』が多く使われます。 つまり、「奨める」はビジネス文書を含む公用文では使えません。 「夕餉を したために階下に降りる頃は(冬の日・1927年)」、しかし最近では食事をとることを、食事を認める(したためる)とは使いませんね。 「薦める」の意味とは? 0件のコメント• 薦める:人や物をすすめる(例:リーダーに薦める) 「商品をすすめる」という文章で例えてみましょう。

>