Adobe 読み上げ 無効。 Adobe Acrobat Reader DCで「文書の読み上げ準備」を無効化する

無効 Adobe 読み上げ

「読み上げ」にある、上から3か所の設定項目を、以下のように変更します。 何枚も結合された重いPDFファイルを開いたときは作業の手を一旦止めて、ポップアップの「キャンセルボタン」を押している人も多いはず。 Acrobat を起動すると「スクリーンリーダーがサポートされてない」と、 メッセージが表示された場合、「次回から表示しない」にチェックを付けて、[OK]をクリックします。

9
無効 Adobe 読み上げ

以降「文書の読み上げの準備が完了するまでお待ち下さい。

9
無効 Adobe 読み上げ

以下2つのファイルの拡張子を変更する• 僕自身はAcrobat Reader 5とか、ナンバリングだったころから使っているリーダーです。 「支援テクノロジーでのタグ付けされていない文書の読み上げ」というポップが表示されますので、「今後、このダイアログボックスを表示しない。

無効 Adobe 読み上げ

。 まずは下記ディレクトリに移動しましょう。 ですが、オプションではこの機能を解除することができないので、直接この機能の呼び出し元を編集して呼び出されないようにします。

15
無効 Adobe 読み上げ

Accessibility. adobe AcrobatでPDFファイルを開くと、「読み上げ機能」が動作して、処理に時間を取られることがあります。 「次回から表示しない」にチェックをつけて 「OK」をクリック. アクセビリティの向上として実装された機能ですが、この機能を必要としない場合は逆にアクセビリティの低下を招いているように思います。 以下の2つのファイルの拡張子を変更する。

2
無効 Adobe 読み上げ

その機能を無効化する方法です。

16
無効 Adobe 読み上げ

「次回から表示しない」にチェックをいれれば次回立ち上げ時から表示されなくなります。

12
無効 Adobe 読み上げ

手順は以下の通りです。

6