結城 神社。 結城市の神社

神社 結城

青井の北に 槙山 まきやま があり、最近まで鉱山があった。 結城市内に77社あるといわれている神社を紹介します。 「結城市の神社」 結城市は、鎌倉時代から戦国時代末期まで初代結城朝光から18代結城秀康まで結城家が 約400年治め、江戸時代には、幕府直轄領ののち、結城水野家(1700年~)明治維新(1871 年)まで11代約170年続いた城下町で寺と神社が多いまちです。

20
神社 結城

文献なし。 こうしたことから伊吹の弥三郎というあばれ者の話の背後には、伊吹山の神が鉄人、すなわち鍛冶神であった事実が示唆されている。 とにかく、僕は西側から入った。

15
神社 結城

時に延元三年(西紀一三三八)十月五日、御年七十三才といわれております。

9
神社 結城

後に秀郷の末裔である、、などによって祀られた。 我らが頼りとする郷土史家たちや市教委は古代金属神に関しては、研究がかなりにたち遅れのようである、何もコレということはしてないのではなかろうか。 の命日とされる神武祭に合わせ、毎年に行われる。

2
神社 結城

満開のしだれ梅が花の重みで枝がたわむ様子はまるで 梅のトンネルのようで、とてもフォトジェニックですよ。

11
神社 結城

当社の祭神・結城上野介藤原宗広公は、 北条家の家臣として、陸奥白河(現在の福島県白河市)城主であり、 入道して道忠と称されていた。

7