野 岩 鉄道。 錦川鉄道錦川清流線

岩 鉄道 野

(2014年2月11日 新藤原) 2014年2月記 6050系は4両で到着、ここで後2両を切り離し、2両編成で野岩鉄道に入ります。 (平成10年) - に選定される。

1
岩 鉄道 野

栃木の一環で100系による日光夜行が運行(7月7日も運行)• (平成17年) - 急行列車廃止、快速「AIZUマウントエクスプレス」新設。 2020年における沼山峠 - 尾瀬口船着き場間のバスと奥只見湖の観光船は6月1日から10月15日までの運行・運航予定だったが、「尾瀬夜行23:55」が後述する(COVID-19)の流行に伴い(浅草発日)からの運行に縮小されたため、このオプショナルツアーの利用可能期間も同様に縮小された。 (昭和42年)4月 - の運転を終了。

14
岩 鉄道 野

「AIZU尾瀬エクスプレス」が直通運転開始。

3
岩 鉄道 野

駅構造 [ ] 1面1線を有するで、ホームは掘割内にある。

9
岩 鉄道 野

社名の「野岩」は、保有路線の両端、すなわち栃木県の名である「」の「野」と、福島県のとの明治初期に制定されたである「」の「岩」とから来ている。 これは当駅が終着駅だっただけでなく、かつて吾野鉱山から砕石を発送していた頃、構内(築堤が残存)及び西側の砕石積込設備(現存)へ貨車を配していた名残りで、現在も本線側の1本だけが時折使用されている。 駅番号はSI31。

16
岩 鉄道 野

「スノーパル23:55」を運行しています 今年も、スキー、スノーボード専用夜行列車「スノーパル」を運行しています。

4
岩 鉄道 野

野岩鉄道 新藤原-会津高原尾瀬口駅 を一日何回でも乗降できる。

7
岩 鉄道 野

県境の山岳地帯なので沿線は人口希薄エリア、というよりも秘境地帯と言った方が正しいかもしれません。 特に、教育関係者は一度は行ってみる価値があるでしょう。