アレックス ウェスカー。 アルバート・ウェスカー

ウェスカー アレックス

であれば、ナタリアに移植時点で、不老不死になっているのかも知れません。 食品工場 市街地の外れに位置する巨大な工場。

ウェスカー アレックス

ラストでは、東京の地下へ拠点を移していたことが発覚する。 その実験を成功させるためには、を克服した人間が必要であり、その恐怖を克服した人物こそがであった。

ウェスカー アレックス

実際にアルバートも「ウロボロス・ウイルス」が完成段階に達した時点で現物を提供しており、 アレックスがアルバートを兄と慕っていた様にアルバートがアレックスをどう思っていたかは不明だが、冷徹な彼にしては珍しく一定以上の信頼を寄せていた模様。 本作のであり、呪われたウェスカーの血を継ぐ者でもある。

18
ウェスカー アレックス

を退けながら二人は更に地下の深奥部へと歩みを進める。 共にアークレイ研究所で主任研究員を勤めてから約10数年間はt-ウィルスの研究に勤しむ一方、アルバートが情報部へ転属した後も関係は続いていたようであり、その後もが発生するまで20年間続いている。

18
ウェスカー アレックス

何を隠そう、その声の主こそ、アレックス・ウェスカーであった。 プレイヤーを取り込む恐怖のワザを持っています。 」と言う彼女に対して、白服ナタリアは「絶対に嫌」と言って頑なに拒否しつつ、突き進んでいく。

1
ウェスカー アレックス

レヴェのはで 「(死んだ魂が)戻ってくる」、で「 亡霊」をそれぞれ意味している。 『5』のオルタナティブ・エディションの追加エピソード『Lost In Nightmares』で名前のみが出ていたが、作中に登場するのは、本作が初となる。 尚、弱点を狙わなくてもただ、攻撃をするだけでも撃退が可。

9