メジャー セカンド 声優。 「MAJOR(メジャー)の漫画、アニメ、声優、キャラクター情報」まとめ

セカンド 声優 メジャー

右投左打。 でも自分の気持ちが何だかもやもやして追いつかないのです…寿が来てから少しずつ感じていた違和感。

17
セカンド 声優 メジャー

その後、「自分を含むチームメイト全員と食事を囲みながら反省会を開く」と知らせた。

4
セカンド 声優 メジャー

県大会2回戦で吾郎のいる聖秀と対戦した時は、小森とバッテリーを組み、吾郎に「アイツがいなければ今の自分はなかった」と果敢に勝負を挑んだが同点3ランを打たれ、最後は惜敗した。 吾郎が野球を好きなように、ピアノが好きな雨池音の物語です。 横浜リトルでピッチャーを務めていたが、故障によりセカンドに転向した。

セカンド 声優 メジャー

野球の知識は無いが、攻守におけるセンスがあり、光の剛速球を取れたり、トスバッティングもこなし、実戦でも安打を放つなど高い打撃センスを持っている。

セカンド 声優 メジャー

ボーイッシュなスポーツ女子というと、一般的にはショートヘアの髪型でカジュアルな服装が似合うのが一般的なイメージかと思います。 彼とともに外野を守るレギュラーは、右翼手が 松原、左翼手が 坂上。 特待生として海堂高校に入学。

セカンド 声優 メジャー

しかし、試合前に寿也と三人で会った際、ギブソンの起こした死球での死亡事故について、その相手が吾郎の父とは知らずギブソンの方に同情しており 、「よけられない方が悪い」と悪気なく言い放ったため、吾郎の恋心はすっかり冷めてしまった。

17
セカンド 声優 メジャー

右投右打。 岡村三兄弟には従順。

6
セカンド 声優 メジャー

ある日、アメリカから帰国したという転校生が現れます。 光との再会を誓った大吾は、姉・ いずみも通った風林中に進学。 「毎日泥まみれになるためにここに入ったわけじゃない」 「あいつはガチになりすぎ」 などと言い、大吾のやり方に反対していました。

セカンド 声優 メジャー

2年生からエースを務めており、山根が一目置く本格派。 この発言だけを切り取ると太鳳にはやる気がないように見えます。 野球部の部室を溜まり場にしていた山根の不良仲間だったが、吾郎と出会って野球を再開した山根の説得もあって野球を始める。