神戸 山口組 最新 情報。 神戸山口組を研究する会

最新 神戸 情報 山口組

その後の六代目山口組の分裂に伴い、 神戸山口組傘下となった雄成会だが、その高橋会長が、ゴールデンウィークの明けた5月7日夕刻に京都府警を訪れて、引退を表明したのである。 「山健組のトップ、中田組長は弘道会の神戸拠点で組員を銃撃した事件の実行犯とされとる。 最新小説『』が発売中。

7
最新 神戸 情報 山口組

「神戸山口組の態勢が盤石とはいえない状況だからこそ、六代目山口組は今度は西の勢力である岡山の陥落を狙っているのではないか。 権太会は、4次団体でありながらもその影響力はプラチナ(直参=二次団体)級といわれ、ここのところ爆発的な勢いで勢力を拡大させているといわれている。 「すべては、神戸山口組を率いる井上邦雄組長次第でしょう。

5
最新 神戸 情報 山口組

他の首謀者にしても、山口組を支えた直系組織の出身者ばかりや。 その方針に変わりはないはずで、存続のため戦い続ける覚悟なのではないか」 同 山健組では中田組長の不在が続くが、6月4日には執行部メンバーである山之内健三若頭補佐が出所した。

3
最新 神戸 情報 山口組

最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』(サイゾー)。

13
最新 神戸 情報 山口組

司興業には古川組から幹部が移籍していた。 こうなると、六代目人事は続くし、神戸若しくは任侠からも続いて願い出る者もいるのではないかと思われる。

最新 神戸 情報 山口組

極粋会々長・山下昇(森尾昇)、六代目早野会々長・鈴川驗二(鈴川憲司)、二代目中島組々長・里照仁、以上の直参三人がまとめて大阪府警捜査4課が逮捕と報道が出ている。 高橋会長の心中を察すると、そうしたことも、今回の引退に関係しているのではないか」 もちろん、これは捜査関係者の推測であり、引退の真相がどこにあるのかはわからない。

9
最新 神戸 情報 山口組

そんななかでの神戸山口組幹部の引退は唐突感が拭えないものだったが、ある捜査関係者はこう分析する。 玉田容疑者らは2017年12月ごろ、玉田容疑者が実質的に管理・経営を行う会社の40代男性役員に対し、同じ会社の従業員の男と共謀し、「逃げたりしたら普通に生活できると思うなよ」などと脅迫、現金あわせて2千万円を脅し取った疑いがもたれている。