キー センテンス。 入試現代文のための要約(下)ー キーワード・キーセンテンス

センテンス キー

簡潔とは、文字通り、ダラダラと書かれておらず、必要十分な内容が短くまとまっている、という意味です。 それは「学問なき実務」は、「砂上の楼閣」となります。 4.要約マニュアルの覚え方 4.1.ルーズリーフにまとめる 以上のようなマニュアルを提示されても、多くの人はこれを覚えず、使いこなせません。

10
センテンス キー

多くの場合は意味を変えたことに気づいていないので、やっかいです。 お仕事は何ですか? 7 How do you get to work? 英語授業研究学会理事。 キー・センテンス以外の文章は、キー・センテンスの補足説明という位置づけになります。

センテンス キー

すると、自動的に重要な部分を見抜くことが可能になるのです。 逆接と、前述の「Aではなく、Bである」構文が組み合わされて、「しかし、Aではなく、Bである」という形を取る場合、とても重要な主張であることは、ほぼ間違いありません。 たとえば、「今日は、晴れです。

10
センテンス キー

例えば、「A、しかしB」「もちろんAだが、しかしB」とあったら、AよりBの方が重要。

6
センテンス キー

論文を書く筆が進まない理由は、研究計画が事前に十分に固められていなかったことに尽きるでしょう。 板金箱の変形例を上記1~5で設計できること 本連載の次回以降で解説します。 表をトイレのドアに貼って、毎日見られる環境をつくっている人もいます。

センテンス キー

であるのでその文をキーセンテンスとして 考えましょう。

14
センテンス キー

1つの主張には射程もあれば背景もあります。 ただ、独力では限界がありますから、要約が書かれている問題集で練習し、できれば実力ある塾の講師などに添削してもらいましょう。 【終わりに】 本稿を参考に、どんどん要約トレーニングをしていって下さい。