ジャッジ ドレッド。 カール・アーバン、『デッドプール』観て『ジャッジ・ドレッド』に似ていると感じていた ─ 「特にオープニング」

ドレッド ジャッジ

ある日、ドレッドは身に覚えのない殺人罪で逮捕されるが、それはその後に明かされる陰謀の序章に過ぎなかった。

16
ドレッド ジャッジ

2012年9月21日時点のよりアーカイブ。 それに反発するグリフィンの策略で、犯罪者に仕立てられたドレッドを死刑にさせないため引退し、ロングウォークに出る(引退するジャッジは特権として最後の命令を下すことが出来るため)。 ストーリー [ ] 核戦争により、国土の大半が荒廃した未来のアメリカ。

12
ドレッド ジャッジ

最も恐れられているジャッジで法を冒した人間には容赦なく裁きを下す。 (版権が『』から『』に移行したためである) その他 [ ]• 「Judge, Jury and Executioner」 () () 2:18 19. ドレッドとカサンドラは遂に最上階のママの部屋に辿り着きますが、ママは部下に命じてカサンドラを狙撃します。

6
ドレッド ジャッジ

遺伝子工学を利用し、完璧なジャッジを作る目的で行われた。 ファーゴ長官(ジャッジ・ファーゴ) 演 - ジャッジ評議会の長官。

13
ドレッド ジャッジ

犯人は人質を取ってショッピングモールに立てこもりますが、ドレッドは容赦なく犯人の顔面に銃弾を浴びせます。 『ジャッジ・ドレッド』 映画 1995年 『ジャッジ・ドレッド』について イギリスの同名コミックの映画化作品。

7
ドレッド ジャッジ

メガシティで暴動が絶えないため、制度を強化して、極刑の適用範囲を広げるべきと主張するも、ファーゴ長官がそれに消極的であったため、ファーゴを失脚させて自らが長官になる。 ジャッジシステムに批判的な考えを持っていたニュースレポーターのハモンドを殺害しドレッドに殺人罪をかぶせ、メガシティで反乱を起こし、町を恐怖に陥れる計画を実行する。 ドレッドを乗せた飛行機をロケットランチャーで撃墜し、ドレッドとファージーを拉致する。

17
ドレッド ジャッジ

ママはこのピーチツリーを拠点としてスローモーの製造と密売を一手に担っていたのです。 登場人物 [ ] ジャッジ・ジョゼフ・ドレッド 演 - 本作の主人公のジャッジ。 ジャッジ・ドレッドの結末 離れ離れになったドレッドとカサンドラは悪党どもを倒しながら上階へと進みますが、カサンドラはケイに拘束されてしまいます。

19
ドレッド ジャッジ

秩序のためにヤヌスプロジェクトを再開し、ジャッジを増員しようとするが、リコに裏切られ、殺されてしまう。 ジャッジ・ハーシー 演 - ドレッドの同僚のジャッジ。 2506劇場で封切られ、公開初日には220万ドル 、週末全体で630万ドルを売り上げて6位となった。

9
ドレッド ジャッジ

2012年9月14日閲覧。 製作総指揮:、• タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. そんな彼らの中でもドレッド(カール・アーバン)はジャッジとして特に優れた腕を持ち、法を犯した者には決して容赦をしない事で犯罪者達から恐れられていた。

11