麒麟 が くる ユースケ。 ユースケ「麒麟がくる」撮影裏話、古武術マスターのあの共演者に感謝「すごい方、だから僕は自由にできる」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

<麒麟がくる>ユースケ・サンタマリア「裏表のない人物を見せられたら」“頭にはサザエ”義景の個性的な甲冑姿も紹介!

ハイブランドで全身固めて戦に行くみたいなものですよ。 僕は『てんとう虫』って呼んでいるんですけど、一目見て戦をしようとは微塵も思ってないんだろうなと思いましたね(笑)。 やがて信長が上洛し、義昭が将軍となると義景は上洛を命じられる。 義景の衣装はピンクで斬新。 本当に、ちょっとしたきっかけでせりふが飛んでしまうので、撮影の日は一日誰ともコミュニケーションがとれないでいます(笑)」。 朝倉・浅井連合軍は姉川で迎え撃つことになったが、義景は総大将を朝倉景健に任せていた。

>

【麒麟がくる】ユースケ・サンタマリア、“つかみどころのない”朝倉義景にやりがい

演じるときはなるべくニュートラルでいたいなと思っていて、監督とその場で相談しながら人物像を作っています。 「僕は戦国時代に生きたことがないので、今自分が生きている現代の考え方に照らし合わせ、自分のフィルターを通して『こうじゃないかな』と考えながら、演じるようにしています。 「衣装もセットも本格的なので、撮影のたびに異空間に連れて行かれたような感覚になっています。 長谷川は大河初出演となる4人にアドバイスを求められ、「僕はできない」と恐縮しつつも、「遠慮なく存分にやってほしい。 つかみどころのない人物像は衣装にも表れている。 しかし、やりがいは十分に感じている。

>

麒麟がくる|朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)光秀を惑わせる天下の凡将は戦国時代の被害者ともいえる存在

信長軍がピンチに陥ります。 そして信長は「 殿中御掟」を義昭に対して発令し、義昭もこれを承認しています。 ユースケ演じる朝倉義景は、光秀(長谷川)が斎藤高政(伊藤英明)の手を逃れて入った越前を支配する戦国大名。 個人的には、春風亭小朝さんが演じる覚恕は楽しみです。 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で、越前を支配する戦国大名・朝倉義景役を演じている。

>

「麒麟がくる」ユースケ 朝倉義景“怪演”の裏側「かなり含み」もニュートラルに 斬新ピンク衣装も効果― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ハイブランドで全身固めて戦に行くみたいなものですよ」と、つかみどころのない義景の人物像に思いを巡せた。 我は二度と望み無し」 という書状を送っています。 会見に出席した新キャスト4人は皆、大河ドラマ初出演。 第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生を描く。 とされています。 個人的には、春風亭小朝さんが演じる覚恕は楽しみです。 1555年、 義景の補佐の宗滴(祖父)が亡くなり、これを機に自身で政務を執り行うようになります。

>

#麒麟がくる X ユースケ・サンタマリア

第18回以降は、越前を舞台に、光秀は麒麟がくる世の中を求めて孤軍奮闘する。 威厳のある姿や重厚な雰囲気は家臣の山崎吉家(榎木孝明)にお任せして、『大名とはいえ人間なんだ』という裏表のない人物を見せられたらいいなと思っています」と。 しかし、足利義昭 滝藤賢一 が織田信長 染谷将太 と上洛を果たしたことにより、義景は激怒。 ハイブランドで全身固めて戦に行くみたいなものですよ」と、つかみどころのない義景の人物像に思いを巡せた。 義景の衣装はピンクで斬新。

>

「麒麟がくる」新キャストのユースケ・サンタマリア、間宮祥太朗ら手応え明かす|シネマトゥデイ

豊かな国の戦国大名ですから、戦にも強くてかっこいいと思いきや、戦はあまり好まずかっこいいところもありません。 本当に、ちょっとしたきっかけでせりふが飛んでしまうので、撮影の日は一日誰ともコミュニケーションがとれないでいます(笑)」。 と、後になって思うことになるのです。 「やはり、義景と信長(染谷将太)との確執はますます高まってくるので、そこは見てほしいですね。 少しだけお姿を拝見しましたが、想像の何倍も怪しさをまとっているんです。

>

麒麟がくる|朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)光秀を惑わせる天下の凡将は戦国時代の被害者ともいえる存在

スポンサーリンク 滅亡へ 元亀3年(1572)、信長が浅井氏の本城・小谷城を包囲。 その後、10年余り、光秀は越前で浪人生活を送っていたが、室町幕府13代将軍足利義輝が暗殺されたことをきっかけに、状況は一変。 義景の衣装はピンクで斬新。 斎藤道三・義龍親子の争いによって美濃を追われた光秀が頼ったのが義景だった。 しかし、浅井長政(妹婿)の裏切りによって、朝倉軍が織田軍を撃退させます。 義輝の弟・義昭を将軍に擁立しようとする勢力は義景を頼ろうとしたが、結局、光秀の橋渡しで信長を頼り、助力を得て上洛を果たす。 そして越前へ撤退するところ、織田軍の猛追撃を受けて壊滅的な被害を受けてしまった。

>