山田 長政。 山田長政 ・・・徳川二代将軍秀忠の時代、シャムで老中並み地位に

長政 山田

チャオプラヤー川東岸の地に位置した日本人町は、最盛期には1,500人もの日本人が居住していたと言われています。 《第10景の絵》: 白馬にまたがり、武具を身につけた山田長政が、シャムの庶民たちに迎えられ、凱旋する場面 第 11 景 《第11景の台詞》 その後、ルソン(今のフィリピン -原注)の軍艦が隊を組んでシャム湾へ押し寄せ、方々を荒らし廻ったことがありました。 小説としてはとても面白くお勧めですが、史実と照らすと異なる部分もあるようです。

1
長政 山田

このまま彼の武名と業績、栄誉が拡大し、その名が天下に鳴り響けば、自分の地位は安泰ではいられない。

長政 山田

私もいつか海外に移住することがあれば、先人の知恵を参考にしたいと思います。 その後13世紀くらいまで、この地で様々な王朝が興亡を繰り返している。 シャムの英雄と呼ばれる山田長政。

12
長政 山田

『メナム川の日本人』遠藤周作() 脚注 [編集 ] [] 出典は列挙するだけでなく、などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。

15
長政 山田

止むなく六昆に赴いたカムヘーンは、長政に新しいポルトガルのワインだと称して毒酒をすすめ、自分もこれを仰ごうとしたが、長政は毒と知りつつこれを飲み乾すと同時に、カムヘーンのグラスをたたき落し「あなたはシャムロ国に必要な人です。 そして東のクメール人の侵攻を受けて衰えた。

2
長政 山田

一人ひとりの武力がすぐれていたというだけではなく、その戦略にしても戦術一つをとってみても、そのころの東南アジア諸国よりも数段上をいっていたことはいうまでもない。 日本の朱印船貿易が盛んになる一方で、豊臣残党の浪人や、すでに弾圧が始まりつつあったキリシタンたちも、密かに国外へと脱出していた。 その人物が 「山田長政」です。

5