るぅと 嫌われ 小説。 嫌われ者の本音【第五人格】

嫌われ 小説 るぅと

「悟空が常に正しい!」とは決してなっていない。

8
嫌われ 小説 るぅと

彼はある日、リーダーに呼び出されてパーティーのメンバーに取り囲まれた。 奴隷制もあるし娼館もある、これはノクターン一直線のハーレムだろとうきうきしてたのもつかの間。

13
嫌われ 小説 るぅと

特にジャンルに多く見られる。 これは、そんな彼の地球での三年の物語。

1
嫌われ 小説 るぅと

その価値観の押し付けがましさが嫌われる原因なんだよ。

1
嫌われ 小説 るぅと

人材育成のエキスパート。 めちゃくちゃいいお話しでした。 最初に吸収したカブトムシや他の魔物達とも協力して魔王討伐を頭の片隅においておきながら異世界ライフを楽しむ物語です。

14
嫌われ 小説 るぅと

それならいっそ婚約者に選ばれなければいいんじゃない? そしてルイーゼ(改)は嫌われる努力を始める。 ズレていくシナリオ、ヒロインとの真実の愛に辿り着いてくれない義弟……それどころか、ますます彼はヴィヴィアンに甘くなってきて……? 溺愛しているつもりが溺愛されていた、というドタバタラブストーリー。 だからなろうは嫌われる。

17
嫌われ 小説 るぅと

しかし その嫌われ展開(など)までの経緯や内容、また嫌われているキャラの救済や弔い合戦を名目とした復讐・などの度合いによっては嫌われている側では無く、 加害者役にされた既存キャラに対して 「身体的暴力・精神的暴力」「引き立て役化・引き立て役の調達」「スペック改悪・スペック強奪」 「悪事・落ち度の捏造/悪事・落ち度の誇張」「問題の矮小化・問題の陳腐化 」「一方的な説教」 「好きなキャラクターの立場を相対的に向上させるため」「悲劇のヒロイン演出」「流行の模倣」 「書き手・読み手がスカッとするため」「無自覚のヘイト」「キャラいじりのエスカレート」…などが 続々と該当してしまう可能性が非常に大きい。

5
嫌われ 小説 るぅと

結婚当時、夫のアレンディオは15歳の伯爵令息。 これは法律上やむを得ない手続き上必須の帰国でしたが、誰にも告げずに帰り、誰にも告げずに戻りました。

14