並木 伸一郎。 戦慄!超常現象の謎 ほんとうにあった!?世界の超ミステリー : 並木伸一郎

眠れないほど面白い死後の世界 前世、臨死体験、輪廻転生…の謎に迫る! 王様文庫 : 並木伸一郎

日本の超怪奇ミステリー(1993年2月、廣済堂出版)• こうしてサンプル中の鉄、鉛、ルビジウムなどが、放射線であるアルファ線、重陽子線、陽子線、中性子線などの重粒子線を浴びて生じる放射線に似ているという事実が判明した。 ヒストリーチャンネル「スキンウォーカー牧場の超常現象」 2020年10月5日(月)~14日(水)にかけて全8話放送。 ムー的世界の新七不思議(2017年5月、学研プラス)• この不可思議な放射能の発見者であり、放射線取扱技師資格を持つ高校教諭の前田進氏は、放射線源を特定すべく、茨城県那珂郡東海村のとある放射線研究所に、サンプルを持ち込んだ。 その研究テーマは、考古学や歴史学など学術的なものから、怪事件・未確認現象の解明まで多ジャンルに及び、国内・外に持つ充実したネットワークから導き出される斬新な理論展開は他の追随を許さない。 (1997年10月、)• 自室のベッドに荷物を置いて牧場見学に出かけたところ、誰も入室していないはずなのに、荷物が部屋にばらまかれ散乱していた。 早稲田大学卒業。

>

並木伸一郎 おすすめランキング (305作品)

9 異常な鼻の形をしたカエルを目撃。 「Gimbal」と名づけられた映像。 事件はなぜ起こるのか? はたして現在はどうなっているのか? 不可思議な事件の数々に、超常現象研究家、並木伸一郎が鋭く切り込む。 決定版 超古代文明の遺産オーパーツ図鑑(2019年3月、学研プラス)• その研究テーマは、考古学や歴史学など学術的なものから、怪事件・未確認現象の解明まで多ジャンルに及び、国内・外に持つ充実したネットワークから導き出される斬新な理論展開は他の追随を許さない。 音が聞こえた方角にはダイナマイトの貯蔵庫があったため、さらなる事件の発生を危惧したザモラは、すぐに現場へ向かった。

>

眠れないほど面白い都市伝説 あなたの隣りで「それ」は起きている!? 王様文庫 : 並木伸一郎

1964年4月24日の午後5時45分ごろ、ソコロの町を北から南へ猛スピードで走る車があった。 事件のさらに奥を探ると、着陸したUFOに秘された恐るべき陰謀が見えてくるのだ。 町はずれに出たところで、ふいに耳をつんざくような爆音が響いてきた。 だが、やはり映像が途切れるため、その後の詳細は不明である。 (2014年6月7日 - 8月17日、)• 世界の超人・怪人・奇人(2014年12月、学研パブリッシング)• 1 牧場での最初の日から異変が起きた。 空軍パイロットが語る恐怖のUAP遭遇体験 TTSAASが接触に成功したのは、現役の女性パイロット「ウイングマン(匿名)」と元上官のデビッド・フレーバーだ。 ところが、超常現象を捉え、記録しようとした瞬間に、監視機器の誤作動は生じ、記録することはできなかった。

>

並木伸一郎 おすすめランキング (305作品)

2019年9月10日、UFO史に新たな1ページが刻まれた。 超ムーの世界 第二章(2015年2月2日 - 4月20日 、エンタメ~テレ)• 第6の密約 - 米政府とエイリアンが仕組む大陰謀(1990年10月、学習研究社)• ザモラは慌てて車に飛び乗り、無線で目の前の信じられない光景を警察署のオペレーターに無我夢中で伝えた。 (2014年6月、三笠書房)• 最強の都市伝説3(2009年5月、経済界)• TTSAASは、エリゾンドを始め、オバマ前大統領の秘書官など元政府関係者を中心に構成されている。 世にも不思議な未確認動物の謎(1997年5月、二見書房)• 並木伸一郎(なみき・しんいちろう) 一九四七年、東京都生まれ。 ふたりは好奇心から接近、UFOを間近で観察したのである。 JSPSとOUCの合同研修会で、現場の残留放射能について説明する雲英(きら)恒夫氏。 次に彼らが得た事件の詳細を紹介しよう。

>

眠れないほど面白い死後の世界 前世、臨死体験、輪廻転生…の謎に迫る! 王様文庫 : 並木伸一郎

元ペンタゴンの職員ルイス・エリゾンド。 。 その後、車を降りて荒地を進んでいると、ふいにドアを開閉するような音が2〜3度聞こえ、再び轟音が鳴り響いた。 大江戸怪奇事件ファイル(2009年12月、経済界)• 2004年に撮影された。 わ〜いウワサ話と都市伝説(2015年3月、学研教育出版)• 周囲には腐った肉のような悪臭が漂った。 表面はなめらかで、楕円形の白く巨大な物体だ。

>

異星人接近遭遇「甲府事件」から紐解くナチスUFOの謎/並木伸一郎・総力特集|ムーPLUS

封印怪談2(2009年6月、経済界)• これらを踏まえて考えると、少なくとも今回UAPと称された物体は、実際にはUFOであり、さらにいえばエイリアンクラフトである可能性が高いと考えるのは筆者だけではあるまい。 それは生命維持に不可欠な元素だが、自然界では放射能をまったくもたないリン31として存在する。 本件について国防総省・ペンタゴンも追認した。 後に「甲府事件」と称されることとなったこの出来事が、最近の驚愕発見によって、新たな展開を見せようとしている。 遭遇したUAPについて語った元米海軍パイロット、デビッド・フレーバー。

>