ブラック サバス。 ブラック・サバス

サバス ブラック

しかしディオも1982年には脱退。

サバス ブラック

聴いてみたいんだけどたくさんあってどのアルバムから聴いたらいいか分からない。 今回他のアルバムは途中で曲を飛ばしながらチェックしましたが、このアルバムだけは通しで聞いてしまいました。 「終わったんだ」とオジー・オズボーンは語っている。

3
サバス ブラック

5曲目は Crow というバンドのカヴァーで、7曲目は Aynsley Dunbar's Retaliation というバンドのカヴァーとなっている。 4曲目も有名なのだが、今の時代の人にしたらヘンテコな曲と思うだろう。

16
サバス ブラック

1973年3月のイギリス・ツアーの模様を収録したこの音源は、もともとライヴ・アルバムとして発売する予定があったのだが、最終的にお蔵入りとなってしまった、こちらも非常に貴重な音源だ。 「A National Acrobat」は1曲目の流れから生まれたような曲だが、これもなかなか素晴らしい。

19
サバス ブラック

単純なルールやプログラムに従って動くだけなので、善悪などの判断が付きません。 トニーマーティン期なら多分他のファンならあげない「cross purposes」がおススメですね。 アルバムの中で出すんだったら、まだ分かるよ。

20
サバス ブラック

ブラック・サバスも勝手に働いてくれるので、そういう意味では、 地味に収入をもたらしてくれる役立つスタンドと言えなくも無いです。

サバス ブラック

「Paranoid」とは「誇大妄想的な」という意味です。

10